ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーションツールとしてのいじめ(前編)

<他人の痛みが分かるからこそ>

よく「他人の痛みが分からないからいじめを行える」
なんて言うが、その言い方は必ずしも
現実に即したものだとは思えない。

むしろいじめっ子は他人の痛みに非常に敏感で、
どこをどんな風に攻めればどのくらい相手が痛みを
感じるのか、ということについて非常に
研ぎ澄まされた感覚を持っていることの方が多い。

そして、いじめられっ子(対象)が
「こういうことをされたら嫌だな」という
ポイントを見事に見透かしてそこを攻め立てる。

つまり、彼らは相手のウイークポイントを
上手く探し当ててその痛みを獲得することが
嬉しくて楽しくてしょうがないのだ。
もう少し正確に言えば、その相手の弱点を
探し当てるという過程とその苦痛を獲得した
達成感を仲間と共有することが楽しいのだ。


コミュニケーションツールとしてのいじめ
(無論バッシング等も含む)とでも言えばいいか。
(仲間と共有しないタイプのいじめもあるだろうが、
それとそうでないものはちゃんと分けて考えるべき)

だが、コミュニケーションツールとしてなら
架空の人物や生物をいじめていても良いように思える。
それなら誰も苦しまなくても済む。
しかし、最初はそれで満足していても
きっとその内それでは満足しなくなるだろう。

それは相手が痛まないことを知っているからだ。

そして、相手の痛みがなければそのプロジェクト
(いじめ)の目的や実感、達成感が薄まり、
コミュニケーションツールとしての機能が弱まってしまう。


だからこそ、仲間との結び付きの為に
「他者の痛み」が必要になってくる。

そして、それ故いじめっ子達は「他者の痛み」に
非常に鋭敏であり、どうすればそれを得ることが
出来るかということについても豊富な
知識と経験を持っていることが多い。

つまり、彼らは他人の痛みが分かるからこそ
それをコミュニケーションツールとして利用し続ける
ことが出来るのであって、他人の痛みが分らないから
いじめをしているのではない。

 ***

そもそも「他人の痛みが分からないから…」
という言説は、他人の痛みが分かればその人はいじめを
しないだろうという性善説的な考えに基づいている。

確かに、感覚的な乖離や自身の無思慮から
他者を知らず知らずのうちに傷つけてしまい、
相手がそれをいじめだと感じることはあるだろう。
或いは、ちょっとからかっただけのつもりが
相手に思った以上に甚大なダメージを与えている
ということもあるだろう。

そして、それに気付いてその行為を反省したり
自重したりする人がいることは確かだ。

しかし、人がそうやって自制するのは
自身の行いによって他者が苦しんでいることを知り、
そのことに罪悪感を感じるからこそだと思う。
その罪悪感で自身が苦しむ事になるからこそ人は自制する。


つまり、他者の痛みを自身のものとして
感じることが出来るからこそ歯止めが掛かる。

(他者の痛みを直接感じることは出来ない。
それ故、他者の痛みを感じるというのは
罪悪感によって他者の痛みが自身の内部に
再構築されることに他ならない)

だが、罪悪感の感じやすさには
かなり大きな個人差があるだろう。

例えば、いじめやバッシングでいつも主導的な
役割を果たす人達の多くは、罪悪感を感じにくい
体質を持っているんじゃないだろうか。
その為、相手の痛みを自身の内部で再構築することが難しい。

だとすれば、彼らは他人の痛みを分かる能力
には長けているが、それを自身のものとして
感じる能力には乏しいということになる。

或いは、その罪悪感による苦痛よりも
いじめによって得られる快楽感の方が勝る
傾向にある感覚の持ち主なのかもしれない。

そうでもなければ、いじめを行えば行うほど
自身が罪悪感で苦しむことになる訳で、
少なくとも出来得る限りそういったこと
には関わりたくないという思いを抱くはずだ。

だが、その罪悪感を感じる力も強過ぎれば
その者を自滅の道へと歩ませることになったり、
或いは、「道徳」の裏切りに対する
復讐の鬼へと変貌させる可能性が出てくる。

ともあれ、「他人の痛みを分かること」とそれを
「自身のものとして感じること」は全く別問題
であり、
そのアンバランスさにこそ焦点が当てられるべきであって、
「他人の痛みが分からないから…」という言説は
その二つをごちゃ混ぜにしてしまう危険性がある
ため余り良い言い方とは思えない。

→後編へと続く
 
スポンサーサイト

コミュニケーションツールとしてのいじめ(後編)

→前編からの続き

<孤立する恐怖から逃れるために>

ただ、実際にいじめが行われる場合は
前編で書いた「苦痛」と「快楽」以外にも
「恐怖」という要素が加わってくる※1。

そして、その恐怖の中でも取り分け
「孤立することへの恐怖」
が大きな役割を果たすことになる。

以前にも書いたように、「感覚」は決して
他者と共有することが出来ない。
ところが、「常識」とか「普通」なんて言葉が
大きな力を持っているように、多くの人々は
その本来共有出来ないはずのものをある程度
共有しているかのような幻想を抱いている。

これは「目的」についても同じことが言える。
本来なら、其々が望む理想の世界は個々人でバラバラな上、
資源が限られている以上生活水準の向上に於いても
常に競合関係が強いられることになり、場合によっては
生存自体が競合することすら珍しくない。

にも拘らず、人々は一時的、一部的、偶発的にしか
形成されないはずの「集団の利益」という大儀に
いとも簡単に絡め取られる。
その中身が極めて不明瞭なものであっても。

つまりそれは、「普通の感覚」を持つ人は同じ「目的」
を共有しているという幻想を抱いているからこそだろう。

しかし、多くの者達がそういった幻想を抱いてるが故に、
誰かがその共有感覚を抱くことが出来なくなった時、
或いは他者からそれを共有していないと認識された時、
その者は集団の中で一人孤立することになる。

そして、集団の中で孤立するということは
集団の生み出す力を上手く利用出来なくなる
ということを意味すると同時に、その力に一人で
立ち向かわなければならないということをも意味する。

だが、そういう状況に置かれた剥き出しの個人は
恐ろしく脆弱であり、その者の命は正に「集団の力」
という風の前のともし火といったところだろう。

つまり、集団で生活することを余儀なくされる
人間という種に於いて「孤立」は自身の生命をも
脅かしかねない大問題であり、それに対する
本能的な恐怖が人間の中に埋め込まれている。

いじめがコミュニケーションツールとして
利用されるのも、それによって仲間との繋がりや
共有感覚を継続し続けることでそういった本能的な恐怖
から逃れることが出来るように感じるからではないか。


勿論、いじめやバッシングを行う人達はそんなことを
意識してそれを行っている訳ではないだろうが。

そして、その手法で恐怖感から逃れることに
味をしめた人間は、その効果を持続させる為に
新たな「いじめプロジェクト」を次から次へと
立ち上げ続けなければならない。

それは一種の依存症のようなものとも言えるかもしれない。
つまり、恐怖から逃れる為のいじめ依存症だ。

 ***

前編では、いじめやバッシングでいつも
主導的な役割を果たす人間は罪悪感を感じる力に
欠けているんじゃないか、ということを書いた。

しかし、ここに「恐怖」という要素が加わってくる
ことでまた新たな可能性が浮かび上がってくる。

それは、深い罪悪感で自身がボロボロになりながらも
止め処なくいじめを行い続ける人間が存在する可能性だ。

罪悪感によっていじめを抑制するのは
その罪悪感によって生み出される苦痛から
逃避するためだという見方も出来る。

だが、その苦痛よりも孤立することの恐怖心の方が
勝っていれば、当然苦痛からの逃避よりも恐怖心からの逃避
の方を(当人に選択の余地があるならばだが)選ぶだろう。

そしてその手段としていじめがある。

どうも、いじめの根源的な動機には
そういった人間が持つ本能的な恐怖が
大きく関わっているように思えてならない。

だとすれば、「孤立することが即自身の生存を
脅かすことになる」というような認識を人々に
抱かせる環境を改善し、その本能的恐怖を不必要に
刺激しないような状況を作り出すことこそが
いじめ問題の抜本的対策だと言えるんじゃないだろうか。

そして、逆にそれが実現されない限り
いじめやバッシングの嵐が世に吹き荒れ続ける
ことは避けられず、人々も「他者の痛み」を
求めて彷徨い続けることになるのだと思う。

※1 本当はさらに、周りからそのいじめに対する
賛同を得やすいような雰囲気作りや正当性を
演出する「技術」という要素も加わってくる。

(追記7/22) 最後の部分を少し変更しました。

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。