ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そういう規則になっています」は伊達じゃない

BS1で放送されていたドイツZDFで、警察が暴走族のリーダーの家に踏み込もうとしたら警官がドア越しに射殺されたが、その容疑者の発砲は抗争相手の暴走族に襲撃されたと勘違いしてのものだったため、正当防衛で無罪になった、というニュースをやっていた。なんでも、踏み込む際に警察であることをちゃんと当人に分かるように伝えるのを怠ったのが仇になったとか(これが本場西洋の自己責任か)。

これはちょっと日本では考えられない判決だろう(そもそも、身を守るために発砲という状況が想定されていないということもあるが)。恐らく法律に書かれている通り忠実に判断した結果そういう判決になったのだろうが、ドイツの「そういう規則になっています」は本当に伊達じゃない。

エスニックジョーク - Wikipedia

様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。
それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?

・ロシア人には、海の方をさして「あっちにウォッカが流れていきました」と伝える。
・イタリア人には、「海で美女が泳いでます」と伝える。
・フランス人には、「決して海には飛び込まないで下さい」と伝える。
・イギリス人には、「こういうときにこそ紳士は海に飛び込むものです」と伝える。
・ドイツ人には、「規則ですので飛び込んでください」と伝える。
・アメリカ人には、「今飛び込めば貴方はヒーローになれるでしょう」と伝える。
・中国人には、「おいしい食材が泳いでますよ」と伝える。
・日本人には、「みなさん飛び込んでますよ」と伝える。
・韓国人には、「日本人はもう飛び込みましたよ」と伝える。


逆に日本は形式(判例)・感覚原理主義で、法律に書かれていることが単なるお飾りになってしまっているところもあるわけだが、その逆は逆でまた色々問題がありそうだという。

因みに、NY警察では身内の交通違反をもみ消すのは当たり前のことなのだそうだ。これは差し詰め仲間第一主義といったところか。

ニューヨーク | 情報プレゼンター とくダネ! | TVでた蔵

マイアミ警察のパトカーが、高速道路で時速190キロのスピードで逮捕された。時速190キロも出していた理由は、アルバイトに遅刻しそうだったため。アメリカでは警察のアルバイトが認められている。これに対し、警察官は不当逮捕を訴えた。
また先日ニューヨークの本部長が、警官16人が交通違反をもみ消したと発表。16人は先週全員裁判所に出廷。ところが、裁判所の前には大勢の警察官たちが集まり「NYの交通ルール違反のもみ消しは文化だ」とデモに集まった。スタジオではこのようなアメリカの文化について「面白い」とコメント。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。