ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手軽でないのは「ペットを飼うこと」だけではない×犬に関しての個人的所感

【画像】この漫画は図書館に置くべき : 2chコピペ保存道場

よく出来た漫画ではあると思う。しかし、これを皆に読ませればきっと今より状況が良くなるはずなのでそうすべき、とか、安易にペットを欲しがる馬鹿な奴を義憤にかられて罵倒、は「愛と勇気を呼びさま」されて直ぐにペットにしようとする人の心性と大して変わらないのではないか。

この漫画が多くの人々からそういう傾向を引き出す力を持っているということは、逆に「愛と勇気を呼びさま」されてペットにしてしまう人の行動を止めるのは難しいということを証明しているように思えてならない。ちゃんとペットを飼い続けることがお手軽ではないように、人間的軋轢から生まれる問題の解消もまた、漫画を読ませたり罵倒したりするだけでどうにかなるほどお手軽ではない。だが、実際にはそういう方向に流されてしまうのが普通の人なわけで。

 ***

因みに犬に関してだが、自分は「今よけてなかったら間違いなく噛まれてただろ」みたいな経験を何度かしたので、犬という存在に余りいい印象を持っていない。最近も通勤途中に二度ほど同じ犬に襲いかかられた。飼い主が手綱を引っ張って抑止したので身体面における実害はないが、朝から気分が悪い。あと、力の弱そうな高齢者が大型犬を二匹引き連れて歩くのも怖いから止めてほしい。

そもそも犬というのは縦社会的意識が強く、自分より上だと認識した者にはやたら下手にでる一方、下だと認識した者にはとことん高飛車に出る性質を持っているときく。実際子供の頃、何人かの友人と一緒にいる時、いつも自分にだけものすごい勢いで吠えて襲い掛かってくる犬がいた。その犬は、自分がこの中で一番下っ端だと瞬時に判断し、そのような態度を取ったのだろう(その経験が自分に犬への苦手意識を植えつけたように思う)。

しかしだとすれば、犬とは牙を持った横山やすしのような存在、ということになるではないか。もちろん犬にも其々性格というのはあるだろう。が、そういう性質が根本にあるのだとすれば、幾ら犬が主人に忠実な振る舞いをしたところで、それは単に立場的に上の者に媚びへつらっているだけにすぎないことになるわけで、そんな腰ぎんちゃく的態度を取られて何が嬉しいんだ、と自分は思ってしまう。まあ可愛いと思うのは理屈ではないのだろうが。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。