ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の命は軽い

重いのは、その命が生み出す苦痛だけだ。
スポンサーサイト

REAPERのフォルダ機能

<追記(2010/2/23)>この記事には一部誤った情報が含まれています。この記事では「midi受信用トラック/子トラック」を作成することがあたかも必須条件であるかのように書かれていますが、実際は態々「受信用トラック/子トラック」を作成せずとも、「RecIn」(トラックのスピーカー・マークの部分)をオンにするだけでVSTを読み込んだトラックにmidi情報は読み込まれ、問題なく演奏されます。この情報の誤りは、「「REAPERに関する覚書」の補足」のコメント欄でのTR氏のご指摘によって判明いたしました。「受信用トラック/子トラック」の作成は、一つのVST(特にsfzに読み込ませたセット物のフォントなど)に複数の任意のチャンネルからデータを送って演奏させる場合(その分だけ「受信用トラック/子トラック」を作成する)や、sfz複数起動による爆音の回避にのみ力を発揮します。以前にこの記事をご覧になられた方には、誤った情報で余計な混乱を招かせる結果となってしまったことを、謹んでお詫び申し上げます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

久しぶりにREAPER関連。
-------------

このブログではもう何度も言っている通り、
フリー版のREAPERにはMIDIチャンネルフィルターが付いていない。
そしてREAPERでは、シーケンサ側から情報を送って演奏させる場合、
一旦MIDI受信用トラックでMIDI情報を受信し、その情報を其々の
演奏用トラックにSendsで送って音源を鳴らすという仕様になっている。

その為、例えばシーケンサから8つのチャンネルを持つMIDI情報を送り、
チャンネルごとに其々違う音源を割り当てて鳴らそうとすれば、
REAPER側ではMIDI受信用トラック8つと音源演奏用トラック8つの
合わせて16のトラックが必要となる。

ただこの方法だと、トラックがすぐに増えてやたらと煩雑になるので、
その代替法として「MIDI Channel Filter」を使う方法
「energyXT」のデモを使う方法などがあるという記事を以前に書いた。

しかしながら、これらのVSTはどちらも設定の保存が出来ないため、
REAPERを立ち上げる度に再度その設定をし直さなければならないという
大きな欠点があり、やはりこれもイマイチの策と言わざるを得なかった。

ところが最近になって、最初に書いた方法の「トラックが増えて煩雑になる」
という欠点が、フォルダ機能を使えば簡単に解消されるということに気づいた。

まあ気づいている人はもうとっくの昔にこのことに気づいていただろうし、
「何を今更…」と思う人もいるかもしれないが、このまま放置しておくのは
なんだか収まりが悪いので、一応それを利用した方法についても
書いておこうと思う。

 ***

仮に、4つのチャンネルを持つMIDIの1、2チャンネルはセット物の
サウンドフォントで、残りの3、4チャンネルは其々別のVSTiで鳴らす
という場合を想定してその方法の手順を書いていく。

 (1)<トラックの作成>
まず「Ctrl+T」を7回押して7つのトラックを用意する。
(「受信チャンネル数」4+「音源数」3=7)

 (2)<「親トラック」「子トラック」指定>
Tr(トラック)1のフォルダボタンを押してボタンを黄色に変化させ、
そのトラックを「親トラック」※1に指定。更に、Tr3のフォルダボタンを
押して×マークに変化させ、Tr2とTr3をTr1の「子トラック」に指定する。
同じ様に、Tr4の「親トラック」に対しTr5を「子トラック」に、
Tr6の「親トラック」に対しTr7を「子トラック」に指定する
(これによって、「子トラック」の受信情報が自動的に
「親トラック」に送られるようになる)。



 (3)<受信チャンネルの設定>
Tr2の赤丸ボタンを押して点灯させ、その上で右クリックして
「MIDI Input」から「Channel1」を選択。同じ様に、「子トラック」に
指定したTr3、5、7に関しても其々意中のチャンネルのMIDI情報が
受信出来るような状態にしておく。



この時に、どのトラックが何チャンネルの情報を受信しているのか、
ということをちゃんとトラックネームとして明記しておくと、
後でややこしいことにならずに済む。

 (4)<フォルダを折り畳む>
フォルダの折り畳みボタンを二回押して「子トラック」を隠す。
これだけだとミキサー・コントロール・パネル(MCP)の「子トラック」は
表示されたままなので、そちらも隠したい場合はMCP上で右クリックし、
「フォルダ内のトラックを表示」のチェックを外しておく。





 (5)<音源をセット>
Tr1のfxボタンを押してsfzを追加し、セット物のフォントを開く。
同じ様に、其々の「親トラック」に意中のVSTiをセットする。

 (6)<シーケンサから情報を送る>
あとはシーケンサ側から情報を送って演奏させるだけ。

 ***
 
やっぱりこの方法が一番スマートかな。



※1 「親トラック」「子トラック」という表現は、その方が分り易いだろうということで
便宜上使っている言葉であって、正規の表現ではありませんのであしからず。

いつの間にか自転車のタイヤが破裂

していた。

しかし、自転車が使えなくなるとマジで表に出られなくなるなあ。
近所を徒歩でウロウロするなんてまずあり得ないし。
自分の自転車依存度が如何に高いかということを改めて思い知らされた。

まあだからといって、今更そのことを「何て脆弱な状態なんだ」
と嘆いたり不安に思ってみたりしたところで何も始まりはしない。

そもそももう何年もの間、薄氷の張った真冬の湖の真ん中で、
そこから動くことも出来ず、かといって何か拠る術もなく、仕方がないから
ただそこに立ち尽くしているような状態がずっと続いているんだから。

後は何時この氷が解けて、その冷え切った湖の中にこの身を落とす
ことになるのか、という結末をひたすら待ち続けるだけ。

自分にとってのこの時間は、元々それ程の価値しか持たない時間なんだ。

相変わらず橋下劇場はイベント発生率が高いなあ

橋下知事を「あんた」呼ばわり 大阪府庁に女性職員批判殺到(J-CASTニュース)

「どれだけサービス残業やってると思ってるんですか!」「あなたのすることは逆のことばっかりや!」。橋下徹大阪府知事(38)に朝礼の場で噛み付いた女性職員に対して、橋下知事就任以来最高の数となる意見が大阪府に寄せられていたことが分かった。「民間なら当たり前や」といった女性職員に対して批判的なものがほとんどだった。(強調は引用者による)

さて今回のお話は、

サービス残業を誇りとする正義の味方「民間マン」の異常発生に伴い、
(労働)環境問題がより一層の深刻さを増す、
の巻き。

しかし、幾ら橋下知事が遵法精神の欠片も
持ち合わせていないからといって、「あんた」呼ばわりはいかんなあ。

せめて知事を見習って「チンカス」、もしくは「カルト」呼ばわりしないと。

以下に、橋下名人本人による理想的な批判の仕方を
お手本として例示しておきますので、府職員の皆様方は
是非ともここから正しい批判の仕方のなんたるかを学び取り、
名人の腕前に一歩でも近づけるように日々精進して下さい。

この集会はカルト集団の自慰(オナニー)集会だね。
しかも長いこと世間の風に晒されていないカビカビの状態。あの空気は気持ち悪かった。
カルト集団のメンバーは、自分たちが正義だと思っているから、
あの気持ち悪さ感を全く感じないんだろうね。
そして、やっぱりと思ったけど、いましたよ、チンカス弁護士が。

橋下徹のLawyer’s EYE
光市母子殺害事件弁護団緊急報告集会出席報告(1)

本当は怖いAmazon

密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?

Amazon.co.jpに「ほしい物リスト」という機能がある(3月8日よりウィッシュリストから名称変更)。自分の欲しいAmazon.co.jpの商品を登録し、友人などに知らせることができるというものだが、この機能を利用するにあたっては注意が必要だ。

というのも、ほしい物リストは作成時に非公開設定にしない限りウェブに公開される仕様となっており、さらにAmazon.co.jpのサイト上から名前またはEメールアドレスで検索できるため、不特定多数のインターネットユーザーに自分の欲しい商品が見えてしまうからだ。

これは怖い。

つまり、例えばネット上に公開しているアドレスでAmazonのアカウントを
作り、尚且つウィッシュリスト(欲しい物リスト)をデフォルトの設定
のまま使用していた場合、そのアドレスでリスト検索するとそのリストの
中身は勿論のこと、氏名や登録していた場合は住所までもが特定され、
それが不特定多数の目に晒されてしまうということ(このリストに偽名を使って
いてもアカウントで本名を使っているとやはり本名を知られてしまうとのこと)。

実際この機能を使って匿名で活動していた人達の氏名が暴かれたりして
所謂「祭り」状態になっているらしい。

リストは名前からも検索出来るので、(この機能をデフォルトのまま
使用していた場合)これで知人や有名人のリストの中身も覗き放題。
うっかりリストにエロい物なんかを入れていた日にはえらいことになります。
さらには一時期ワイルドカードによる検索(例えば「*hotmail* 」で検索
すればhotmailで登録している人が全てリストアップされる)までもが
可能だったようで、「恥いリスト」を作成していた無名人達の情報も
晒され放題という始末。

世界でも有数のバッシングジャンキー大国日本に於いては、この程度の
個人情報漏洩でも命取りになりかねない。「ウィッシュリスト」を使っていた
人は即刻使用を停止した方が良いでしょう(設定を変えるよりもその方が無難)。

それにしても、この手の情報漏洩は回復不能という点で本当に恐ろしい。
精神的に弱っている人なんかは、ほんとにこういう事件がきっかけで自殺
しかねないよ。何しろこれから一生それに付きまとわれることになるのだから。
でも、そういうことがあったとしても誰も罪には問われないんだよな。
積極的に情報暴きをした人間も、その情報を使って嫌がらせをした人間も。

こういった事件(?)に便乗し、嬉々として情報暴きや嫌がらせをする様な
人間がいるからこそ、「ネットへの規制をより強化しなければならない」
という主張が益々説得力を持つようになるんだけどね。
そういうことからしても、この手の情報暴きは二重の意味で罪深い。

 ***

ただ自分も今回の騒動で初めて知ったのだが、この「ウィッシュリスト」
というのは予め自分が欲しいものをリストアップしておくことで、
家族や知人などに自分へのプレゼント時の参考にしてもらうというもの
だったらしい。つまり「おねだりリスト」な訳だ。自分はてっきり
自分の気になる商品をブックマークしておくための機能かと思っていた。

Amazonからすれば、「ウィッシュリスト」というのは人に見てもらって
ナンボなので、公開して当たり前でしょ?ということなのだろう。
だからデフォルトで全世界に絶賛公開中の選択が為されている。
これは今回の騒動の以前からそうだったらしい。

誕生日や記念日などのためにほしい物リストを作成しましょう。なお、作成したリストは、ご家族やお友だちに知らせることができます。このリストの初期設定は公開になります。設定は、「設定内容を変更する」のリンクより変更できます。

確かにAmazonには上記のように「初期設定は公開になります」と
しっかり表記されている。しかし、日本の常識からしてまさかその「公開」
というのがネット上で誰もが見ることが出来る状態を指しているとは殆どの
人間が思わなかったことだろう。しかもデフォルト設定でそんなことになるとは。
でなきゃ誰もリストに恥かしい物をリストアップしたり、
偽名で活動している人が態々本名でそれに登録したりはしなかっただろう。

だいたい、それが「おねだりリスト」であると知っていたとしても、
そのリストを赤の他人に公開する必要は全くないはずだ。
仮に赤の他人からそのリストの商品が送られてきたとしても、
それはそれで気味が悪いだろう。やはりこんなもの日本にはいらない。

一方で、「個人情報が漏れている!」と言う人に対して
「何を今更」「ウィッシュリストなんてそんなもんだろ」などと
したり顔で言ってみせる人もいるようだが、問題は殆どの人間が
「ウィッシュリスト」というものがどういうものなのかということや、
デフォルトでウェブ上に公開され誰もが閲覧可能な状態になる
ということを知らずにそれを使っていたということなのだ。
つまり、しっかりとした情報開示が行われていなかったということ。

以前からそうだったのに今頃になって祭りが起こったということも、
殆どの人間がそのことを知らなかったであろうことを証明している。
それはつまり、情報開示が不十分だったということだろう。
徹底した情報開示と選択の自由が自己責任成立の大前提
でもあるので、そのことからしても今回の件では自己責任と
簡単に切って捨てることは出来ないはずだ。

 ***

しかし話はまだこれでは終わらない。
「でもウィッシュリスト使ってなかった俺は関係ねーなー」と思った人。

甘いよ!!マサルさん。

余りにも実力差が有り過ぎる強敵を前にして、もはや立ち上がる力すら
失う程の窮地にまで追い詰められた主人公が、「戦うべき理由」を
思い出した途端に急遽不思議なパワーが湧いてきて、一気に形成を
逆転してしまう少年漫画と同じくらい甘いよ。現実はもっと残酷なのだ。

面倒くさいので詳しくは書かないが、
「友だちにほしい物リストについて知らせる」機能を悪用すれば、
ある特定のコードをホームページやブログに埋め込んでおくと、
Amazonにサインインした状態で(欲しい物リストを作成していなくても)
そのページを訪れた人のメールアドレスや氏名などの情報を、
それを仕掛けた人にAmazonがせっせと運んでくれるという悪夢のような
極悪サービスさえも可能になってしまうのだ。そして現在2ちゃんねる
などにはこのトラップが多数仕掛けられている模様。

「でもログアウトさえしていれば大丈夫なんでしょ?」と思った人。
君は忘れていないか、Amazonが親切だったことなんてただの一度も
なかったということを。

恐ろしいことに、Amazonにはログアウトのリンクがないのだ。
ではどうやってログアウトするのか?それは…

Amazon.co.jpからサインアウトするには、Amazon.co.jpホームの「もしあなたがXXXXXさんでない場合、サインインしてください」のリンクをクリックしてください。

なんじゃそら。

なんでログアウトするのにサインインのリンクをクリック
しなきゃならんのだ。多分この妙な仕様のせいで多くの人間が
ログアウトしないままネットを徘徊していたと考えた方がいいだろう。

勿論こういった穴は他のショッピングサイトにもあるかもしれないし、
危ないのはAmazonだけではないのだろうけど、
こういった個人情報に対して余りにも杜撰すぎる態度を
取り続けてきたAmazonは当分使わない方がいいかもしれない。

人間がそう簡単には変われないように、
企業もまた簡単には変われないだろうから。

今のままのAmazonを使うなら
「Amazon止めますか?それとも個人情報漏らしますか?」
位の覚悟でそれを利用した方がいいということだろう。

とにかくネット上にアドレスを公開していなくて良かった。
「ウィッシュリスト」も使用していなかったし。



文章として違和感がある箇所が幾つかあったので修正した。
ついでに細かい部分を色々と付け加えた。

私がお答えしましょう

(リンクも含めて三度同じ文章が続くのはなんか変なのでタイトルを変更した)

「Yahoo!知恵袋」の解決済み質問に勝手に回答するコーナー。

どうして自殺してはいけないんですか? - Yahoo!知恵袋

質問日時: 2007/9/29 10:18:16 解決日時: 2007/10/14 03:12:32

解決済み どうして自殺してはいけないんですか?

回答数: 9   質問した人: aqua5862さん


並べ替え: 回答日時の 古い順 | 新しい順

回答日時: 2008/3/7 10:51:16

人間は他者を「生かさず殺さず」利用することが自身にとって
最も好都合であるということを本能的に知っているからです。
だから大前提としてそういう規範を設けておく。

しかし、この規範はあくまで「他者をより効率よく利用したい」
という人間の欲望が生み出した緩い基本原則でしかありません。

それが証拠に、大抵の人間はその者が自分にとって利用価値が無いと
判断するや否や、いとも簡単にその原則を覆し「死ね」などと言い始めます。
そして他人に迷惑を掛けなければ生きてはいけないこの世界に於いて、
「他人に迷惑を掛けてはいけない」などといった生存にとって競合する
道徳感を他者に植えつけ、その偽のルールによって騙くらかすという
迷惑を己が散々掛けておきながら、誰かがその迷惑により獲得した
束縛や苦痛、消耗などの結果、自らの命を放棄せざる得ない状況に
陥ると、「迷惑をかけないような自殺をしてくださいね」などといった
一方的な要求を平気な顔をして突きつけてくることでしょう。

つまり「自殺してはいけない」というのは、他者を生かさず殺さず出来るだけ
効率よく利用したいという人間の欲望が生み出した只の方便でしかないのです。
ですからここでは、そもそもこの「どうして自殺してはいけないんですか?」
という貴方の質問自体が誤りであるという事実を告げなければなりません。

何故ならその質問は、「西から登ったお日様が東へ沈むのは何故ですか?」
といった類の質問と何ら変わりがないからです。
確かに、それをまるで決して揺ぎ無い真理でもあるかのように喧伝して回る
人達が沢山いることは事実ですが、それは単にその人達の欲望が生み出した
虚言でしかないというのもまた事実なのです。

つまり、元々「自殺してはいけない」なんて道理はこの世には存在しない。

だから其々の個人は、自殺という選択をすることが自身にとって
良いことなのか、そうでないのかということを、己自身の判断によって
決定しなければなりません。

同じ様に、他者もまた他人の生死を己の都合や趣向によって
好き勝手に判断し、「生きろ」だの「死ね」だの言ってくることでしょう。
ですが、それが身近な人間や特別重要な人間でもない限り、
その者にとって他人の生死はせいぜいゲームや小説に登場する
仮想のキャラクターの生死程の重要性しか持ち合わせていないのです。

そしてまた同じ様に、貴方にとってもそういった赤の他人の
生死や発言は、その程度の重要性しか獲得し得ないのです。
---------------------------------------------------------------
                           回答した人:positiveallergyさん

六重奏曲

木管五重奏のホルンをチューバに変えて、
それにピアノ伴奏を足した変則的な編成。

ガラクタの邂逅(4分51秒)

使用音源:SGM-V2beta、Equinox Grand Pianos
(今配布サイトを見ると、SGM-V2.01がアップされていた)
----------
この編成で実際に演奏すると音量バランス的に
無理があるような気もするが、でもDTMだからそんなの関係ねえ!

ギター侍やテツandトモが小島よしおを手招きしている
ような気がするが、そんなの知ったこっちゃねえ!

同じく、俺が幾ら苦しもうが生きようが死のうが
世間はそんなの知ったこっちゃねえ!

だから俺も世間というバケモノが生み出す
何の一貫性もない論理や要求なんて知ったこっちゃねえ!

…と思えるようにならないといけないんだろうな。
いや、そう思って生きてこなければならなかった、と言うべきか。
何しろもう既に終わってしまったことなのだから。

因みに、これで過去に作った曲のネタが尽きた。

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。