ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的力関係によって決定付けられる自由意志

物理的制限という観点から見ると、自由意志が存在するためには、それから解き放たれた魂というものの存在が大前提となる。しかし仮に魂が存在するとしても、それ自体が自由意志で生まれてきたのでなければ、やはり自由意志はないことになるわけで、だとしたら自分の意志で生まれてきた、というのは一体どういう状態なのか。
------------------------------------------

そこまで遡らなくとも、もしかしたら現世の魂は、あの世でどこかの偉いオッサンに「今すぐ窓から飛び降りろ!さもなくば生誕せよ」と恫喝された末に現世にやってきたのかもしれない。それでも、いや、そうだからこそ、それが自由意志と呼ばれている、という面がある。というのも、社会的正当性はその嘘の上にしか成り立たないからだ。

もしそれが自由意志によるものでなければ、その行為から生じた問題の責任を「窓から飛び降りろ」のオッサンが負わねばならないことになる。だが責任とは結局政治的に決定されるものでしかない。故にその行為は、政治力がないが故に責任を取らされる者の自由意志だったということになる。そもそも自由であることが明白なら、態々「これは自由なんです」と言う必要はないだろう。

  ***

「意識が状態の原因」なのではなく、「状態が意識の原因」なのだが、その状態が「意識が状態の原因」であるという意識を生み出しているという現象。

とはいえ、「状態が意識の原因」であると(知識ではなく)感覚的に認識してしまうような状態は、その者にとっては決して好ましい状態ではない。その上において、つまり意識に状態を一致させることの重要性という点において、「自由意志による自己決定」という嘘は、(環境整備のために)便宜上必要になってくる。

問題はそれが――自由意志による自己決定は正しい。よって、どんなに意識と状態が不一致でもそれはあなたが選んだ結果なのだ、というように解釈されてしまうことだ。「自由意志による自己決定」は、そういう現行の政治的力関係の正しさを担保するための道具として使用されるのが常になってしまっている。

つまり、それは嘘であるから問題なのではなく、そのような使われ方をするからこそ問題なのではないかと。
スポンサーサイト

言論のバリアフリーとしての誹謗中傷、レッテル貼り、属性批判

「マスゴミ」や「アスペ」、「お花畑」「○○ガー」などを投げつけたり、評価ボタンを押したりするだけの簡単なお仕事です。
-----------------------------------------

実のところ、誹謗中傷やレッテル貼り、属性批判というのは、言論のバリアフリーとしての役割を担っている部分がある。

何かを批判する時、それの何処に問題があるのか、ということをそれらに依存ぜず、ちゃんと筋道立てて説明することができる人間はむしろ少数派だろう。つまり、そこでハードルを設けると多くの人間は何も喋れなくなってしまう。

ハードルを下げないとどうしてもやって来る者は限られる。だが、できるだけ多くの者が声を上げることこそが民主主義の必要条件であるわけで、誹謗中傷やレッテル貼り、属性批判は、その条件を満たすために敢えて許容されているという面がある。要するにそういったものの蔓延は、民主主義が抱える持病であると言えるのではないか。



冒頭の「簡単なお仕事」はハードルを下げるためのものだが、その逆バージョンとして、年齢が○歳以下で、明るく元気とやる気さえあれば誰でも出来る仕事です!というものがある。実はめちゃハードルが高いという。

REAPER4用テーマCloudySky_v1.51

REAPER4用テーマCloudySkyをアップデート。

CloudySky_v1.51

テーマ・エディタでタイム・セレクションの色を変更。
他にも、MIDIエディタの背景色やタイム・セレクションの色を変更。

REAPER4用テーマCloudySky_v1.5

REAPER4用テーマCloudySkyをアップデート。
CloudySky_v1.5
-----------------------------------------------

変更点は以下の通り。

▼Default_4.0-kai以外

  • マーカーの色を緑から赤へ変更

  • (初期設定以外の)ツールバーのボタンを変更
    ↓変更前
    toolbar_color_c1.png
    ↓変更後
    toolbar_color_c2.png

  • 初期設定ツールバー・ボタンの一部をデフォルト・テーマから借用
    default_syakuyou.png

  • グリッド・ラインの色の濃さを少し変更。

  • REAPERv4.25から追加された「WALTER font」に幾つかのパートを割り当て

    WALTER_font0.png

    TCP/MCPラベル→font1
    TCP/MCP_FXリスト/FXparm→font2
    MCPセンド・リスト→font2
    TCP/MCPヴォリューム・ラベル→font3
    トランスポート(セレクション/BPM/レート/拍子)→font4

    これによって、上記表示パートが「Volume/pan label font」や「Track title font」から切り離されることによって、例えば以下のような変更が可能になった。

    「WALTER font4」を「Arial/太字/8」に変更してみたところ
    (初期設定は「Arial/太字/7」)
    transport_font1.png

    ↓「Track title font」を太字に変更してみたところ
    Track_title_font1.png

    fontは8まで用意されているのでもっと詳細に割り当ててもよかったが、どうもfont5以降が上手く機能しないので諦めた。記述に問題があるのかもしれないが、数字を変えるだけで機能したりしなかったりするので、バグじゃないかと思う。

▼Default_4.0-kai

  • マスターMCPのボトム部分の数値の色をデフォルトに合わせて変更
    ↓この部分
    default_kai115.png

順応努力による人生破壊の可能性という留意事項

あらゆる場所に合致する一般的感覚を持ち合わせている人間などいないだろう。そうである以上、ある社会において適応者となるためには、その場所で支配的な風習や様式に振る舞いを合わせるために、ある程度己の持つ感覚的傾向を曲げて押し隠さねばならない。そしてその場の趨勢からより大きく外れた感覚を持ち合わせている人間ほど、より優れた演技力が必要とされることになる。
-------------------------------------------

そういう演技能力の才能を潜在的に持っている人間は、ひたすらそれを伸ばしていけばよい。だが、元々それが不得手な者もいれば、演技では乗り切ることができないほど大きな感覚的差異を持っている者もいるだろう。その場合、己の感覚を否定することでしか適応者になることができない、という状況が生じる。

しかし注意しなければならないのは、生への欲求(動機)や人生の価値、存在意義もまたそこから生み出されている、ということだ(――自分という存在が他人よりも重要なのは、唯一無二の感覚を共有しているから。そしてその感覚から個人的な動機や価値は生まれる)。つまりそれを否定してしまうと、そもそも生きること自体の価値や意義、欲求もまた同時に否定してしまうことになる。

人生の価値や意義、生きようとする欲求を守ろうとすれば社会に適応できなくなり、社会に適応しようと努力すればそれを否定しなければならない。個体と社会形態の組み合わせにもよるが、順応努力はこういった危険性を潜在的に持っている。

では実際にこの二択が現出した時、人はどちらを選ぶべきか。それはもう明白に前者ではないか。

何故なら、人生自体に価値が無くなれば、その適応自体にも価値はなくなってしまい、元も子もないからだ。それに、社会は様々な形に変容する。そのたびに自分殺しをするわけにはいかないし、積極的に自分を売り込まなければならないような環境――それは決して珍しいものではないだろう――にやってきた時、自己否定で乗り切ってきた人間にはどうすることもできなくなる。要するに後者は完全に詰みルートなのだ。

一方前者は、その環境では適応できなくとも、別の環境では上手く行くかもしれない、という望みがある。もちろんそんな環境は無いかもしれないが、まだ可能性はあるわけだ。それに、どうせ世間の鼻つまみ者のまま適応できずに死ぬにしても、その人生を肯定して死ぬのと否定して死ぬのでは、前者の方がいいに決まっている。少なくともその者にとっては。

 ***

だが自分の場合は後者を選んだ。もちろん選んだと言っても、実際にはそうなっていた、と言う方が適切だが(状況が選択するのであって、意思が選択するのではない)。しかしそれでも適応することはできなかった。いや、学校には適応できた、と言うべきか。ロクでもない学校生活だったが、一応卒業はできたわけだから。しかし、環境が切り替わった時点で詰んでしまった。

生きようとする欲求も自身に対する誇りも持たない者には、他人に自身を(労働力として)売り込む能力もなければ、そんなことをしてまでわざわざ苦しみを味わいに行く――自己否定による順応努力に心血を注いできた人間は、そのようにしか想像できなくなる――動機もない。

そして自分自身の感覚を否定し、その価値が失われてしまえば、その価値の無い感覚が認識するこの世の全てもまた同様に価値はなくなる。そういう者にとってかろうじて価値を獲得し得るのは、苦痛を和らげてくれるものだけだろう。しかし生まれてこなければ苦痛を誤魔化す必要などないわけで、それは決して苦労を乗り越えてまで手に入れたいものにはなり得ないし、生きる動機や目的にもなり得ない。結果、生まれてこないことがその人間にとっての最善になる。一度そうなってしまったら、その後にどんな奇跡が起きても、もうそれがひっくり返ることはないだろう。これが後者のルートを選んだ者の末路だ。

 ***

順応努力には、それを重んじすぎると人生の価値や意義自体を取り返しの付かないレベルで破壊してしまうという罠がある。それに陥ると、適応のために生きること自体を否定してしまうという本末転倒な状況が生じる。故に順応努力について考える際には、こういった人生破壊の危険性について細心の注意を払わねばならない。だが、実際にはそれが留意事項として顧みられることは殆どないのではないか。

そういったことに留意することもなく、ただ順応努力の大切さを説く人間は多い。そういう人は、他人よりもより大きな順応努力をしてきた、という自負があり、それが適応の原因だと認識しているのだろう。だから集団に上手く馴染めない人間がいれば、順応努力が足りない、でかたづけてしまう。

だが順応努力への無邪気な信奉は、その者の努力量の大きさを証明したりはしない。むしろその者が、人生を否定するか社会への適応を取るか、という差し迫った状況に追い込まれたこともなければ、自分殺しに手を染めてしまうほどの努力をする必要性もなかった、ということを証明するだけなのだ。

REAPER(有料版)のショートカット一覧【キーボード編】

v4.25のショートカット・リストを元に作成。

目次

↓マウス編へ移動
*************
      【マウス編】
*************


マウスホイール
アイテムを左クリック
アイテムを左ドラッグ
アイテムをダブル・クリック
アイテムの縁を左ドラッグ
アイテムのフェード/クロスフェードを左クリック
アイテムのフェード/クロスフェードを左ドラッグ
エンベロープ・レーンを左クリック
エンベロープ・ポイントを左ドラッグ
エンベロープ・ポイントをダブル・クリック
エンベロープ・セグメント(区域)を左ドラッグ
エンベロープ・セグメントをダブル・クリック
アレンジエリア上で左クリック
アレンジエリア上で左ドラッグ
トラック・コントロール・パネル(TCP)をダブルクリック
ミキサー・コントロール・パネル(MCP)をダブルクリック
エンベロープ・コントロール・パネルをダブルクリック
ルーラーを左クリック
ルーラーを左ドラッグ
ルーラーをダブル・クリック
アレンジ・ビュー上でミドル・クリック
アレンジ・ビュー上でミドル・ドラッグ
カーソルをつかんで左ドラッグ
MIDIノートを左クリック
MIDIノートを左ドラッグ
MIDIノートをダブル・クリック
MIDIノートの縁を左ドラッグ
MIDI CCイベントを左クリック/ドラッグ
CCイベントをダブルクリック
MIDI CCレーンを左ドラッグ
MIDI CCレーンをダブル・クリック
MIDIルーラーを左クリック
MIDIルーラーを左ドラッグ
MIDIルーラーをダブル・クリック
MIDIピアノロールを左クリック
MIDIピアノロールを左ドラッグ
MIDIピアノロールをダブル・クリック
MIDIエディタを右ドラッグ


*************
    【キーボード編】
*************

※このページ

-+-+-+-メイン-+-+-+-
未分類
ドッカー
編集
ファイル
ヘルプ
アイテム編集
アイテム・グルーピング
アイテム・ナビゲーション
アイテム・プロパティ
アイテム
ループ・ポイント
マーカー
メディア・エクスプローラー
オプション
波形
リージョン
スクリーンセット
テイク
タイム・セレクション
ツール・バー
トラック
トランスポート
ビデオ
外観


-+-+-+-メイン(alt recording)-+-+-+-
未記述

-+-+-+-メディア・エクスプローラー-+-+-+-
ブラウザ
プレビュー


-+-+-+-MIDIエディタ-+-+-+-
未分類
編集
ファイル
チャンネル
トランスポート
モード
外観


-+-+-+-MIDIイベント・リスト・エディタ+-+-+-
未分類
編集
ファイル
トランスポート
モード
外観


-+-+-+-MIDIインライン・エディタ+-+-+-
未分類
編集
外観


*************************************************

続きを読む »

REAPER(有料版)のショートカット一覧【マウス編】

v4.25のショートカット・リストを元に作成。

目次

*************
      【マウス編】
*************

※このページ

マウスホイール
アイテムを左クリック
アイテムを左ドラッグ
アイテムをダブル・クリック
アイテムの縁を左ドラッグ
アイテムのフェード/クロスフェードを左クリック
アイテムのフェード/クロスフェードを左ドラッグ
エンベロープ・レーンを左クリック
エンベロープ・ポイントを左ドラッグ
エンベロープ・ポイントをダブル・クリック
エンベロープ・セグメント(区域)を左ドラッグ
エンベロープ・セグメントをダブル・クリック
アレンジエリア上で左クリック
アレンジエリア上で左ドラッグ
トラック・コントロール・パネル(TCP)をダブルクリック
ミキサー・コントロール・パネル(MCP)をダブルクリック
エンベロープ・コントロール・パネルをダブルクリック
ルーラーを左クリック
ルーラーを左ドラッグ
ルーラーをダブル・クリック
アレンジ・ビュー上でミドル・クリック
アレンジ・ビュー上でミドル・ドラッグ
カーソルをつかんで左ドラッグ
MIDIノートを左クリック
MIDIノートを左ドラッグ
MIDIノートをダブル・クリック
MIDIノートの縁を左ドラッグ
MIDI CCイベントを左クリック/ドラッグ
CCイベントをダブルクリック
MIDI CCレーンを左ドラッグ
MIDI CCレーンをダブル・クリック
MIDIルーラーを左クリック
MIDIルーラーを左ドラッグ
MIDIルーラーをダブル・クリック
MIDIピアノロールを左クリック
MIDIピアノロールを左ドラッグ
MIDIピアノロールをダブル・クリック
MIDIエディタを右ドラッグ


↓キーボード編へ移動
*************
    【キーボード編】
*************


-+-+-+-メイン-+-+-+-
未分類
ドッカー
編集
ファイル
ヘルプ
アイテム編集
アイテム・グルーピング
アイテム・ナビゲーション
アイテム・プロパティ
アイテム
ループ・ポイント
マーカー
メディア・エクスプローラー
オプション
波形
リージョン
スクリーンセット
テイク
タイム・セレクション
ツール・バー
トラック
トランスポート
ビデオ
外観


-+-+-+-メイン(alt recording)-+-+-+-
未記述

-+-+-+-メディア・エクスプローラー-+-+-+-
ブラウザ
プレビュー


-+-+-+-MIDIエディタ-+-+-+-
未分類
編集
ファイル
チャンネル
トランスポート
モード
外観


-+-+-+-MIDIイベント・リスト・エディタ+-+-+-
未分類
編集
ファイル
トランスポート
モード
外観


-+-+-+-MIDIインライン・エディタ+-+-+-
未分類
編集
外観


*************************************************

続きを読む »

Minimoog-V OriginalとDensity MkIIIで試し切り

この前一日限定で無償公開されていたArturiaのMinimoog-Vをインストールしてみたが、流石に元々2万くらいするソフトだけあって凄く出来が良い。プリセットの充実ぶりも目を見張るものがある。ということでちょっと試しに鳴らしてみた。まあ基本試し切りしかしないんだけど。
-------------------------------------------

ドラムがBFD Ecoで他のパートはMinimoog-V。







せっかくだから、最近アップデートされたDensity MkIIIの具合を確かめるために、バスコンプに其々Density MkIII、IK670、TDR Feedback compを使用した3つのバージョンを用意してみた。ただ、作っておいて言うのもなんだが、直挿しでないということも相まって、この素材だとぱっと聴いただけではそれ程違いは分からないかもしれない。とはいえ、違いはちゃんとある。

  • MkIIIは3つの中で一番音が柔らかい。内部サイドチェインを使えば低音をかなり強調できる。下の部分をより詰め込みたい場合や、音を少し柔らかくしたい場合、隙間を埋めてサウンド全体を安定させたい場合などに役立ちそう。新しく搭載された「COLOR」項目での色づけも良好。

    マニュアルによると、「TIMING」項目で設定できる「アタック(コンプ)/アタック(リミッター)/リリース」は其々「P1:2/0.2/300ms」「P2:2/0.2/800ms」「P3:4/0.4/1000ms」「P4:4/0.4/2000ms」「P5:5/0.5/3000ms」「P6:8/0.8/5000ms」となっていて、ここではP2を選択している。

  • IK670は一番色づけが派手で、音はかなり固め。引き締まった感じの音になりやすい。できればこれにも内部サイドチェイン機能が欲しいところ。「TIME CONSTANT」は2を選択。

  • TDRは、設定にもよるが基本的に3つの中で一番クリアで素直。ここでは「6dB HP」のサイドチェイン・フィルタを用い、「LO/HI COLOR」を其々100%(上限200%)に設定している。「COLOR」での色づけはまあそこそこという感じ。新しいバージョンではリリースが二段階になり、より自由に音作りができるようになっている。ここではアタック/リリース・ファスト/リリース・スローを其々2ms/245ms/802msに設定。

――MkIIIは他の二つに比べると少しベッタリ感があるが、まるでロードローラーのようだったMkIIよりはメリハリがあって使いやすくなったんじゃないだろうか。まあどんなに音がベッタリしてもいいからとにかく音圧を上げたい、というのであれば、MkIIの方が威力を発揮すると思うが。

労働という名のポジション維持活動

【7/7】最初は時事ネタと絡めて書いていたが、この手のものはそういったものと絡めても余りよいことがないと思い、その部分を削ると同時に、他の部分にも手を加え再構築して投稿し直した。

 ▼労働を規定するのは勤勉さでも努力でも内容でもない

勤勉さや努力が労働の源であるかのように解釈されることは、よくある。だがそれは誤りだ。何故なら労働は作業ではないからだ。幾ら作業をしたところで、それだけでは労働にはならない。作業を労働にするには、まずその作業が労働とみなされる環境を手に入れなければならない。それを入手できなければ、一般的な意味としての労働は為し得ない。そして作業を労働にならしめる環境を手に入れていない状況での勤勉さは、以下のようなものになってもおかしくない。

てきとう:ネトウヨが平均3・5時間しか眠らず、1日1000回書き込みしていることが判明しネットでは騒然

これは努力についても言える。報われる可能性が極めてゼロに近いのに「絶対に諦めないストーカー」などは、ちょっと通常では考えられないほどの努力家だ。だが、作業において人並みはずれた勤勉さや努力を発揮したからといって、それだけで労働であると判断されることはないだろう。こういったことから、労働の源は勤勉さや努力ではないということが分かる。

そしてそれが労働の源ではない以上、労働に関する種々の問題を勤勉さや努力の問題に読み替えることもまた間違いということになる。もちろん、作業を労働にならしめる環境上において発揮される勤勉さや努力もあるだろう。だがそういった状況が存在することは、労働を勤勉さや努力に読み替えることの誤りを払拭するわけではない。

労働は勤勉さや努力によって生みだされるのではない。作業を労働に変える環境によってこそ、それは生み出される。それを手に入れているなら、その内容が皆から尊敬の念を抱かれるようなものであろうが、眉をひそめられるようなものであろうが、それらは全て等しく労働とみなされる。極端なことを言えば、何もしていなくとも労働しているとみなされ、給与を獲得できるポジション(環境、肩書き)だって存在するだろう。

或いは、本来規制側の仕事を請け負っていたはずの原子力安全保安院が実際にはその逆の役割を担っていたように、掲げられた看板と間逆のことを行い、それが労働であるとみなされている場合もある。これらは一見妙にも思えるが、労働は内容によって規定されるのではない、ということを押さえた上でそれらを見れば、決して不思議な出来事ではないことが分かる。

 ***

結局、労働を労働たらしめているのは、勤勉さでも努力でも内容でもなく、その状態を労働にせしめる環境であり、ポジションなのだ。よって、その環境を手に入れ守り続けなければ労働は存続できない。そうである以上、必然的にそれを獲得し、守ることこそが労働の第一使命ということになる。つまり、作業を労働にならしめる環境を手に入れた者が、それを守り続けるために行うポジション維持活動こそが労働の正体であると言えるのではないか。

だから、幾ら内容を重んじようと、それは維持活動という「主」に対する「従」の立場しか獲得し得ない。もちろん、場合によってはそのポジション維持活動において内容が重んじられることはあるだろう。だがそれは、逆に言えば看板に書かれている内容がポジション維持の邪魔になれば、それが踏みにじられることをも意味する。労働がこういった性質を持っている以上、「何をしているか」という内容よりも「仕事をしている」という体裁を取り繕うこと自体が目的化していくことになるのは避けられないだろう。

であるからして、内容を蔑ろにした労働が招く災いに対して、「しっかり労働せよ」という抑圧を掛けたところで、それは全く的外れな解決法にしかならない。何故ならそれは、実質的には「もっとしっかりポジションを維持せよ」と言っていることにしかならないからだ。それはむしろ、労働を重んじるが故により内容が軽んじられるような自体を招きかねない。

これは不労問題についても言える。そもそも作業を労働にならしめるポジションを獲得できていない者に対して幾ら「働け」と言ったところで、ポジション獲得が前提条件である労働をすることなどできるはずもない。結局のところ不労問題の多くは、労働しようとする意志云々というより、維持することが可能な社会的ポジションを獲得する能力の無さに起因している。

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。