ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPER:FXのエンベロープを素早く追加する

【9/4】記事の内容を大幅に変更しました。理由はここ

Studio Oneはドラッグ&ドロップで様々な操作ができることを一つのウリにしているが、D&DによるFXの挿入やコピー、トラック間におけるセンド/レシーブ関係の構築は、REAPERでも普通に可能だったりする。しかし残念ながら、現在(v4.25)のところREAPERではStudio OneのようにD&DでFXエンベロープを追加したりすることまではできない。
-------------------------------------------------

REAPERでエンベロープを追加したい場合は、通常、トラックのエンベロープ・ボタンでエンベロープ・ウィンドウを開き、そこで必要な項目にチェックを入れる、という手順を取ることになる。

envelop_touch9.png

だがこれだと、パラメータが非常に多いFXを沢山挿している場合など、意中の項目を探し当てるだけでも一苦労することになる。しかし幸いなことに、REAPERにもちゃんともっと迅速にそれを行うための機能が用意されている。

――まずFXを開き、エンベロープを追加したいパラメータをクリックする。そして「Param」ボタンを押すと、一番上に今触ったパラメータの名前が表示される(ここでは「3-Gain(Band)」がそれ)。

envelop_touch16.png

表示されているパラメータが意中のものであることを確認したら、「Show track envelope」をクリック。これだけでFXのエンベロープを追加できる。ただしごく稀に、この方法では追加できないプラグインもある。その場合は通常の方法で追加するしかない。

envelop_touch6.png

また同じようにして「Parameter modulation」をクリックすれば、該当パラメータのパラメータ・モジュレーションを追加することができる。
envelop_touch7.png


▼「Param」のその他の項目について

「Show in track controls」は、該当パラメータに関するノブをトラックに追加するためのもの。
envelop_touch20.png

「Learn」はクリックするとMidiラーンを設定するための画面が開く。
envelop_touch18.png

「Alias parameter」はエンベロープ・トラックの名前を変更する(パラメータに別名を与える)ための画面が開く。
envelop_touch19.png

元の名前に戻したい時は、「New name」欄を空白にしてOKを押す。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。