ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPERがv4.5にアップデート~MIDIトラック・リストなどが追加

もう既にv4.51も出てるけど。

フォーラムの関連スレッド
4.5 Woot! - Cockos Confederated Forums

 ▼MIDIトラック・リスト

今回はかなり大規模なアップデートとなったが、その中でも目玉は何と言ってもMIDIトラック・リストの追加だろう。これによって、複数のMIDIアイテムを一つのエディタで統括してより簡単に扱うことができるようになった。
v45_17.gif

トラックリスト画面の左から順に説明していくと――左端のひし形マークは、クリックして展開すると、同一トラック上に複数のMIDIアイテムがある場合、それらを別個に表示させて扱うことができるというもの。その横はトラックネーム。名前が付けられていない場合はトラック番号が表示される。四角マークは、トラック・カラーを設定するためのもの。矢印(&ノート)マークは、該当トラックをアクティブ化するためのもの。これがオンになっているトラックのみ、ノートの挿入が可能となる(オンに出来るのは一度に一つのトラックのみ)。その横の南京錠マークは、該当トラックを編集可能化(Editable)するためのもの。これがオンになっているトラックは、ピアノロール上においてノートが表示されると同時に、ノートの挿入以外の編集、即ち、ノートの長さや音程、位置、コントロールチェンジの変更などが行える。目のマークはノートを可視化するためのもの。これがオンになっていると、そのトラック上のノートが半透明で表示される。逆に、アクティブ化や編集可能化、可視化されていないトラックのノートは非表示となる。残りは言うまでもなく、TCPやMCPと同じ、録音/ミュート/ソロ・ボタン。

◎トラック・リストのメニューについて

トラック・リストを右クリックすると以下のようなメニューが現れる。其々の効用は以下の通り。
v45_12_201308311417400e5.png

「Manual selection mode」
可視化とトラック選択のオンオフの同期を無効化(デフォルトでオフ)。

「Draw and edit CC events on all tracks」
トラック・リスト上の全てのトラックに一度にコントロールチェンジを書き込んだり、またそれの編集を可能にする。

「Edit CC events on all tracks」
全てのトラックのコントロールチェンジを一度に編集可能にする。

「Choose which tracks appear in track list」
トラックリスト上に表示させるトラックを限定させる。
v45_17.png
この項目にチェックを入れると、上記画像のようにトラックの左横に×マークが付くので、リスト上から表示を消したいトラックの×マークをクリックする。効果はアレンジ・ビューなどでトラックやアイテムをクリックした時点で表われる模様。

「Show all tracks in track list」
「Choose which tracks appear in track list」の効果を解除して、すべてのトラックをリストに表示させる。

「Media item selection mirrors arrange view」
アレンジ・ビュー上でのアイテム選択と、トラック・リスト上でのアイテム選択を同期させる(デフォルトでオン)。

「Show tooltips in MIDI track list」
トラック・リスト上にマウスのポインタを置いた時に現れる説明小窓(ツール・ティップス)を表示させる(デフォルトでオン)。

 ▼MIDIアイテム・レーン

v45_01.png

これも新たに追加された機能。こちらでもMIDIトラック・リストと同じようなことができる。

MIDIトラック・リストとMIDIアイテム・レーンは、MIDIエディタのツールバー上にある以下のアイコンをクリックすることでオンオフを切り替えることができる。
v45_02.png
但し、ツールバーを自分でカスタマイズしている場合は、自力で「Contents:Show/hide track list」と「Contents:Show/hide media item larn」をツールバーに追加しなければ表示されない可能性があるので注意。


――以下、今回追加されたその他の機能の内の幾つかをピックアップして紹介。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。