ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「絆を重んじる社会」より「絆が無くても生きていける社会」

「プロジェクト2030」見えないホームレス

ホームレスと言えば、今職場で一緒に働いている自分と同い年の人も、ここに来る前に2度ホームレスになったと言っていた。ここが決まらなければ原発の作業員になっていたのだそうだ。

その人の今の住居は職場からかなり遠い。なので通勤に時間がかかり、交通費も馬鹿にならないため、前々からもっと職場に近い借家を探しているそうだ。だが両親はずっと前に他界していて保証人になる人がいないため、いいところがあっても審査で跳ねられたりして、中々引越し先を見つけられないらしい。

これは自分にとっても他人事ではない。自分の場合、元々一人暮らしをする生活力もないが、そうでなくとも、今の日本のシステム上、結局親が死ねばそれでそれでアウトになる可能性が高い。そもそも、今の低賃金で一人で生計を立て、それを持続させるのは難しいし(同じ職場の彼は最近連日12時間くらい働かされているが、自分にはそれは無理)。

結局、社会的なポジション争いに敗れ、尚且つ親族との絆を失った人々は自殺するかホームレスになる他ないだろう。そして後者になった者は善良な市民らから蔑まれたり、チンピラに襲撃されたりすることになる。だからリンク先の記事のように、ステルス化してそれらから逃れようとするわけだ(――実際、同じ職場の彼はステルス化できなかったために、市民から通報されたり、チンピラから襲撃されたりしたそうだ)。

 ***

一方、親族との絆故に酷い目に遭う人達もいる。例えば尼崎の連続変死事件では、何度も何度も通報があったにもかかわらず、親族の問題だからという理由でその異常な状況は放置され続けた。つまりあの事件がより大きなものへと発展したのは、親族との絆を重んじ過ぎたが故とも言えるだろう。絆とはしがらみの別名でもあるわけだ。

まああれはかなり特殊な例かもしれないが、親族のありようによって、その人の人生が大きく左右されることになるは間違いないだろう。

改正生活保護法における「親族の扶養義務強化」に象徴されるように、このような構造は「絆」というブランドが牽引役となり、さらに推し進められつつある。そして親族との絆が切れたらそれで終わりになってしまうような状況があるからこそ、それを代替する会社や何らかの組織、集団との絆もまたその分だけ重んじられ、人々はその絆を守るために多くの犠牲を払わなければならなくなる。

要するに、この国は絆を重んじすぎるために、それを失った者にとって極めて過酷な状況が形成されるようになっているんじゃないか。国家運営を絆に依存しすぎているんじゃないか。

そして絆によって人生を滅茶苦茶にされたり、それを失って路頭に迷う人がいる一方、絆のおかげで政治家になったり、高い社会的地位を獲得する人達もいる。そうやって絆による力を獲得した人達は、その力を、絆への依存度をより高めた社会を構築するために使うだろう。そうやって状況がどんどん硬直化し、身分が固定化する方向へと動いているのが現状なんじゃないか。

結局、絆を重んじる社会とはこういうものなのではないか。そう考えると、この国が現在抱えている課題は「絆を重んじる社会」などではなく、むしろ「絆が無くても生きていける社会」であるように思う。実際、「絆がないと死ぬからとにかく無理にでも絆の構築と保護を」は余りよい結果は生まないだろう。
スポンサーサイト

蠱毒の森(ノン・リバーブ・バージョン)

この前投稿した、Berlin Strings使用のコレのノン・リバーブ・バージョン。

・蠱毒の森(ノン・リバーブ・バージョン)

前回のものはTree&Closeマイクにリバーブをかけたものだったが、今回は5つのマイク全てを使用し、それだけに残響を任せ、リバーブは未使用。即ち、Orchestral Toolsが言うところの「Out Of The Box Sound」って奴です。



ただ、メモリ的に一度に5つのマイクを使うのは無理なので、其々のマイクごとに5回レンダリングし、それをミックスするという手順を踏んだ。当然と言えば当然だが、2マイクでモニタリングしていた時とはかなり音のバランスは変わってしまう。今回の方が自然で音もクリアだが、その分前回よりかなり地味な印象になった。

メモリが少なくともこういった力技を使えば全てのマイクを使用することは可能なわけだが、この手法は一つ一つパッチのマイクを変更していかなければならないので滅茶苦茶面倒くさい上に、5マイクを使った時の音を想像して打ち込みしなければならないという難点がある。

しかしこうやって改めて素の音を聴いてみると、Berlin Stringsは結構硬くて冷たい音色なんだなと思った。

蠱毒の森(Berlin Strings)

Orchestral ToolsのBerlin Stringsを買った。もはや曲を作る気力も時間もないので、基本的に使用するためではなく物欲を満たすためだけに音源を買っている(それぐらいしか生きがいがない)が、せっかくだから何かストリングスを使ったものはなかったかなと探していると、DTMを始めて1、2年くらいの頃に作った古いMIDIファイルが見つかったので、せっかくだからあててみた。

・蠱毒の森(1:31秒)
※(1/8微調整)

【追記】上記リンクのものはTree&Closeマイクにリバーブをかけたものだが、5マイク全てを使用し、リバーブ未使用のノン・リバーブ・バージョンも作成したので参考までに。【了】

所々でセクションの人数が倍になっていたりするが、まあいいかと。どうせDTMだし。元々フルートが入っていたのだが、どうもバランスが悪いので、それならいっそのこと全部弦だけにしてしまえ、とした結果こういうことになってしまった。セクション内の別のアーティキュレーションを同時に使えば、どんどん人数を増やせてしまうのがこの手の音源の面白いところ。

それにしても歪な曲だなあ。もっと洗練された曲を作れるようになりたい…が、もう人間としての燃料が残ってないので無理か。

以下は音源についての話。
----------------------------------

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。