ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入力条件が変われば吐き出し結果が変わるのは当然

佐村河内問題で、曲そのものは変わらないのに、曲に付随する情報の嘘が発覚したからといってその評価が変わるのはおかしい、というような主張をよく見かける。だがそれは何もおかしなことではなく、むしろ当たり前のことであると言えるだろう。
--------------------------------------------

例えば、数値の羅列を入力するとそれを受けて何らかの結果を吐き出すプログラムがあるとしよう。そこに例の「HIROSHIMA」を数値化して入力する。生演奏だったならともかく、それがCDなどのデジタル録音だった場合、それは基本的に同じ数値に変換され、それを受け取ったプログラムは同じ結果を返すだろう。

「曲そのものは変わらないのにそれに対する評価が変わるのはおかしい」に代表される、作品が作られた背景やそれを作った者の人格といった作品にまつわる情報と作品そのものは分けて考えるべきだ、という主張は、このような状況を目指すべきだと言っているわけだ。

だが問題は、「人間」という「プログラム」は音楽だけを独立して取り込むことができない、というところにある。人間は生まれた時から、外部から様々な分野の情報を一緒にまとめて取り込み続けている。人間の内部に特定の分野専用の部屋があり、そこにその分野に関する情報だけを独立して取り込み、閉じ込めているわけではない。其々の分野の情報はどんどん混ざり合い、お互いに影響を及ぼし合い、そしてそれらがまた「プログラム」自体をどんどん書き換えていく。それが人間というものだろう。

つまり、曲に付随する情報が変わるということは、入力情報そのものが変更されることを意味する。そしてその変更はプログラム本体の状態にまで影響を及ぼす可能性がある。だからそれらが変更されれば、曲の感想や感じ方、評価といった吐き出し結果が変わるのは当然のことと言える。

そしてそれは何も、佐村河内氏の嘘がばれた後と前で曲への評価を変えた者だけに起こっているわけではない。全ての人間に起こっていることである。よってそれを嗤うならば、それは己自身を嗤っているにも等しい。

例えば、幾ら作品そのものとそれ以外の事柄は分けて考えるべきだと言ったところで、それを作ったのが自分を散々苦しめたストーカーや虐めっ子だと知ってしまったら、その作品はもうその者にとって二度と前とは同じものには戻らないだろう。

吹奏楽部だが佐村河内の大ファンだった部長死ぬほどからかった結果w

実際の例を挙げてみれば、こんな嫌がらせをされて尚、嘘の発覚前と後で曲に対して同じ感情を抱けるはずもない、ということは、誰にでも直ぐ想像が付くのではないか。そして「同じ感情を抱けるはずもない」とは即ち、曲に付随する情報の嘘が発覚したことによって曲の評価が変わらないはずがない、ということを意味する。要するに「おかしい」どころか、むしろ当たり前なのだ。

今回の騒動では、「音楽よりも物語を聴いていた」というようなことが盛んに言われた。だが物語などなくとも、曲に関する理論的解説を聞いただけで、或いは体調が変わっただけで、その曲の聴き方や聞こえ方は変わってしまうだろう。DTMをやっている人なら、DAWやVSTにおいてGUI(装飾)が如何に重要かということ、そしてそれが道具自体の評価さえ変えてしまう程の力を持っていることを知っているだろう。人間の感じ方や評価の仕方は、元々それほど脆く危ういものなのだ。

こういったことは、社会的観点から見ても言える。例えば書籍におけるベストセラーなどは、大抵は数年経てばブックオフの百円コーナー行きだ。あれだけ皆がこぞって買い求め、熱中したはずのものが、数年後には誰も見向きもしなくなる。作品の中身は何も変わっていないのにもかかわらずだ。この例一つ取っても、中身が変わらないのに評価が変わるのはおかしい、という考えがどれほど現実離れしたものであるかが分かるだろう。

 ***

もちろん、作品への独立的評価の困難性を理解した上で、それでも尚、それをしようとするのは別に悪いことではない。

しかし、音楽はそれが非常に困難な部類に入ると言える。というのも、幾ら曲を緻密に解析し、その構造の絶妙さや稚拙さを見出してみても、それはあくまで構造の絶妙さや稚拙さでしかなく、それイコール良い曲/悪い曲ということにはならないからだ。幾ら構造が絶妙でも下らなく聞こえるものもあれば、幾ら稚拙な手法で成り立っていても多くの者が良いと感じるものもあるだろう。

よって曲の良し悪しという評価に関しては、結局その者がその時それを聴いてどう感じるか、という部分に委ねられてしまう。そしてその感じ方は、曲以外の要素(体調や気分、知識、経験など)に常に左右される。

逆に言えば、構造部分に関しては作品そのものの独立した評価を下しやすいと言えるが、それも大抵はエポックメイキングという概念に阻害される(作品の構造そのものを絶対評価するなら、手法や技法の先駆性はむしろ無視されるべき)。

その点、ロジックそのものが「作品」に相当する言論は、音楽などにくらべ独立した評価が下しやすいジャンルであると言えるだろう。しかしながらそのようなジャンルにおいてでさえ、大抵は何を言ったかより誰が言ったか(属性)が議論の焦点になってしまう。作品そのものとそれにまつわる情報を切り分けて評価を行うというのは、それほど困難なことなのだ。
スポンサーサイト

Berlin Woodwinds Exp Bのバグを自分で修正

Berlin Stringsの記事でも書いたが、Orchestral ToolsのBerlin Woodwinds ExpBの「Solo_Flute_Sus」パッチにはバグがある。
ExpB_FL_leg_09.png

おかしいのはA4とA#4のノート(この二つのノートは同じサンプルを使用している)。






こんな風に、最初にリップノイズのようなものが入る。尚且つキーを押しても直ぐに音が鳴り始めない。はっきり言って、これでは全く使えない。まあ今のところ使う予定はないが、せっかく買ったものが使えないというのはどうも納得がいかない。バグ報告をしようかとも思ったが、いちいちアカウントを取る必要があったり、英語で変な文章を書くのも面倒なので、もう自分で直すことにした。以下はその直し方について。
---------------------------------------------

続きを読む »

お手軽でないのは「ペットを飼うこと」だけではない×犬に関しての個人的所感

【画像】この漫画は図書館に置くべき : 2chコピペ保存道場

よく出来た漫画ではあると思う。しかし、これを皆に読ませればきっと今より状況が良くなるはずなのでそうすべき、とか、安易にペットを欲しがる馬鹿な奴を義憤にかられて罵倒、は「愛と勇気を呼びさま」されて直ぐにペットにしようとする人の心性と大して変わらないのではないか。

この漫画が多くの人々からそういう傾向を引き出す力を持っているということは、逆に「愛と勇気を呼びさま」されてペットにしてしまう人の行動を止めるのは難しいということを証明しているように思えてならない。ちゃんとペットを飼い続けることがお手軽ではないように、人間的軋轢から生まれる問題の解消もまた、漫画を読ませたり罵倒したりするだけでどうにかなるほどお手軽ではない。だが、実際にはそういう方向に流されてしまうのが普通の人なわけで。

 ***

因みに犬に関してだが、自分は「今よけてなかったら間違いなく噛まれてただろ」みたいな経験を何度かしたので、犬という存在に余りいい印象を持っていない。最近も通勤途中に二度ほど同じ犬に襲いかかられた。飼い主が手綱を引っ張って抑止したので身体面における実害はないが、朝から気分が悪い。あと、力の弱そうな高齢者が大型犬を二匹引き連れて歩くのも怖いから止めてほしい。

そもそも犬というのは縦社会的意識が強く、自分より上だと認識した者にはやたら下手にでる一方、下だと認識した者にはとことん高飛車に出る性質を持っているときく。実際子供の頃、何人かの友人と一緒にいる時、いつも自分にだけものすごい勢いで吠えて襲い掛かってくる犬がいた。その犬は、自分がこの中で一番下っ端だと瞬時に判断し、そのような態度を取ったのだろう(その経験が自分に犬への苦手意識を植えつけたように思う)。

しかしだとすれば、犬とは牙を持った横山やすしのような存在、ということになるではないか。もちろん犬にも其々性格というのはあるだろう。が、そういう性質が根本にあるのだとすれば、幾ら犬が主人に忠実な振る舞いをしたところで、それは単に立場的に上の者に媚びへつらっているだけにすぎないことになるわけで、そんな腰ぎんちゃく的態度を取られて何が嬉しいんだ、と自分は思ってしまう。まあ可愛いと思うのは理屈ではないのだろうが。

迷い道

かれこれ5、6年くらい前に作り始めたピアノ・ソロ曲。

迷い道(Alicia's Keys)(3分57秒)

最初の7割くらいは直ぐにできたものの、そのあと気力が切れ、1、2年経ってはちょっと続きを作り、また気力が切れ、そのあとまた1、2年後に続きを作り…ということを繰り返し、ようやく完成に漕ぎ着けた。

別に完成させる義務も意義もないのだが、何となく仕事をやり残したようなモヤモヤ感があってずっと引っかかっていたので、作り終えて少しスッキリした。
--------------------------------

使用音源は「ALICIA'S KEYS」。去年の年末セール中に5千円で買ったものだが、値段の安さに反して中々出来がいい。とにかく音抜けがいいのが嬉しい。音抜けというのは「ちょっと足りない」とかならともかく、元々いまいちなものはいくら優秀なプラグインを使ってもどうにもならないことが多いので。

ただし、この音源には幾つかの弱点もある。音の距離が凄く近いので他のパートと混ぜる時は一工夫する必要がある(――この曲では、音の近さによる圧迫感を軽減化させるため、S成分にだけアタック早め、リリース遅め設定のコンプを掛けている)。ヤマハのピアノ音源にありがちな、高ベロシティで急に嫌味な音になる特性がある。大げさなくらいに抑揚をつけないとものすごく無表情なものが出来上がってしまう、など。とはいえ、この値段でこの出来なら、まず買って損はない。

因みに、全く同じ設定で「Vintage D」を鳴らしてみるとこんな感じになる。

迷い道(Vintage D)

「Vintage D」も凄く良い音源だが、低音と高音のバランスがいまいちだったり、ベロシティ・レイヤーの音のばらつきなどがあって、多少ガタついてしまう感がある。あと、打鍵音が「ALICIA'S KEYS」よりも目立つように思う。さらに、どちらかと言えば大味で、余り繊細な表現には向いていない、という弱点もある。まあそれは「ALICIA'S KEYS」も同じだが。というか、音ヌケが良くて繊細さがあってさらに全体の音のバランスがいい音源なんて中々なさそう。

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。