FC2ブログ

ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

迷い道

かれこれ5、6年くらい前に作り始めたピアノ・ソロ曲。

迷い道(Alicia's Keys)(3分57秒)

最初の7割くらいは直ぐにできたものの、そのあと気力が切れ、1、2年経ってはちょっと続きを作り、また気力が切れ、そのあとまた1、2年後に続きを作り…ということを繰り返し、ようやく完成に漕ぎ着けた。

別に完成させる義務も意義もないのだが、何となく仕事をやり残したようなモヤモヤ感があってずっと引っかかっていたので、作り終えて少しスッキリした。
--------------------------------

使用音源は「ALICIA'S KEYS」。去年の年末セール中に5千円で買ったものだが、値段の安さに反して中々出来がいい。とにかく音抜けがいいのが嬉しい。音抜けというのは「ちょっと足りない」とかならともかく、元々いまいちなものはいくら優秀なプラグインを使ってもどうにもならないことが多いので。

ただし、この音源には幾つかの弱点もある。音の距離が凄く近いので他のパートと混ぜる時は一工夫する必要がある(――この曲では、音の近さによる圧迫感を軽減化させるため、S成分にだけアタック早め、リリース遅め設定のコンプを掛けている)。ヤマハのピアノ音源にありがちな、高ベロシティで急に嫌味な音になる特性がある。大げさなくらいに抑揚をつけないとものすごく無表情なものが出来上がってしまう、など。とはいえ、この値段でこの出来なら、まず買って損はない。

因みに、全く同じ設定で「Vintage D」を鳴らしてみるとこんな感じになる。

迷い道(Vintage D)

「Vintage D」も凄く良い音源だが、低音と高音のバランスがいまいちだったり、ベロシティ・レイヤーの音のばらつきなどがあって、多少ガタついてしまう感がある。あと、打鍵音が「ALICIA'S KEYS」よりも目立つように思う。さらに、どちらかと言えば大味で、余り繊細な表現には向いていない、という弱点もある。まあそれは「ALICIA'S KEYS」も同じだが。というか、音ヌケが良くて繊細さがあってさらに全体の音のバランスがいい音源なんて中々なさそう。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター