ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPER:クロスフェードでアーティキュレーションを切り替える

6/11、内容を少し修正

前回、キースイッチを持たないKontaktのライブラリなどを使用する際において、REAPER側でキースイッチを設定してアーティキュレーションを切り替える方法を紹介した。今回はキースイッチを持たないライブラリのアーティキュレーションをクロスフェードで切り替える方法についての話(TransMIDIfierで出来るようなことを何とかREAPER内部でできないものかと色々試しているうちにそれが可能だと分かった)。

この方法は前回の方法と組み合わせて利用することができる。例えば、ノートC1を押すと(ストリングスの)レガートとトレモロのクロスフェード・パッチに切り替わり、ノートC#1を押すとサステインのアクセントありとなしを切り替えるクロスフェード・パッチに切り替わる、というようなことが可能になる。

以下は実際にこの方法を使って録音してみたもの(音源はBerlin Strings)。前半がレガートとトレモロのクロスフェード、後半がサステイン(アクセントなしorあり)のクロスフェード。






原理自体は簡単で、コントロール・チェンジを使って其々のボリュームを上げたり下げたり、ノート情報を無効化したり有効k化したりすることによってそれを可能にするわけだが、実際にそれを行うとなるとわりとややこしいので、上記したケースを例に取り、どのようにしてそれを成し遂げるのか、まずその流れを簡単にまとめておく。

    ◆◆◆

(1)必要なプラグインをダウンロード&インストールし、REAPER上に立ち上げる。

(2) Kontaktにレガート、トレモロ、アクセントなし/ありサステインのパッチを立ち上げ、其々のMIDI入力チャンネルを1/2/3/4に設定。次に立ち上げたパッチの其々のボリュームを「Host Automation」としてアサインし、さらに適当なCC#(この例ではCC#20を使用)を選んで「MIDI Automation」としてもアサインしておく。

(3) プラグインを使い、MIDI Ch1に入力された情報がCh2に、Ch3に入力された情報がCh4にコピーされるようにする。

(4) プラグインを使ってCh1のCC#20をマッピングし、入力されたCC#20の値が小さければ小さいほど大きい値に、大きければ大きいほど小さい値を返すようにセッティングする。Ch2もそれとある程度対照的な形になるようにマッピングする。Ch3と4のCC#20もCh1と2でしたのと同じようなマッピングを施す。

(5) Ch1/2/3/4の其々に入力されたノート情報をチャンネルごとに個別に無効化するプラグインを立ち上げ、パラメータ・モジュレーションでそのプラグインの其々のバイパスとKontaktの其々のパッチのボリュームをリンクさせる。

(6) 「Multi Channel MIDI Keyswitch」でキースイッチの設定(ノートC1を押すとCh1に、C1#を押すとCh3に切り替わるよう設定)。

次に、具体的にどのようにしてそれを行うかについて。
--------------------------------------------------------------

続きを読む »

スポンサーサイト

REAPER:キースイッチを設定してアーティキュレーションを切り替える

Kontaktのライブラリなどにおいて、複数のアーティキュレーションを持ちながらキースイッチに対応していないものがたまにある。そういう場合、普通ならアーティキュレーションを其々のMIDIチャンネルに割り振り、入力するノートのチャンネル変更によって音色を切り替えることになる(因みに自分はこういう方法でそれを行っている)。また、一度入力したノートのチャンネルを変更する際は、以下の画像のように、ノートを選択して「右クリック -> note channel」から行う。

MIDI_keyswitch_02.gif

――だがキースイッチ未対応のライブラリにおいても、やはりやり慣れたキースイッチ方式で打ち込みをしたい、という人もいるだろう。そういう場合は、reddiesel41264氏が作成したJSプラグイン「Multi Channel MIDI Keyswitch」を利用する(この方法は、KontaktだけでなくSFZ+やSampltank2シリーズなど、チャンネルごとに別の音色を割り振ることができるプラグインならどんなものにでも通用する)。

ダウンロードは以下から
Multi Channel MIDI Keyswitch v1.3.2 - REAPER | Resources
関連スレ
Multi Channel MIDI Keyswitch - Cockos Confederated Forums

MIDI_keysitch_01.png

使い方は簡単。

Kontaktなどでチャンネルごとにアーティキュレーションを割り振る。
MIDI_keysitch_02.png

どのノートでどのアーティキュレーション(チャンネル)に切り替えるかを設定。
MIDI_keysitch_03.png

MIDIエディタの鍵盤を右ダブルクリックし、分かり易いように名前を付ける。
MIDI_keyswitch_01.gif

後は「File -> Project templates -> Save Project as template」「トラックを右クリック -> Save track as track template」でプロジェクト・テンプレートやトラック・テンプレートとしてそれを保存しておけば、いつでも簡単に設定が呼び出せる。

REAPER:loopMIDIで外部アプリケーションとMIDI信号のやり取りをする

REAPERと外部アプリケーションとの間でMIDI信号をやり取りするには仮想MIDIケーブルが必要となる。XPを使用していた時は仮想MIDIケーブルとしてMIDI Yokeを使用していたが、Win7_64bitには未対応らしい。なので今の環境になってからはずっとloopMIDIを使用しているが、今のところこれといったトラブルにも遭遇していない。しかもloopMIDIは無料で利用できる上にポート数まで自由に増減できるので、(環境さえ合えば)MIDI Yoke以上にお勧めできる。ダウンロードは以下のページから。

loopMIDI | Tobias Erichsen

下の方にある「+」をクリックするとポートが増加、「-」をクリックするとポートが減少する。
loopmidi_01.png

デフォルト設定のままだとパソコンを起動時は無効になっていて、一度上のウィンドウを立ち上げなければ機能が有効にならない。なので設定で「Autostart loopMIDI(自動起動)」と「Start minimized(タスクトレイ内に収納)」にチェックを入れておくのがお勧め。
loopmidi_02.png

仮想 MIDI ケーブル - 初心者になるための耳コピMIDI講座
尚、loopMIDIを終了(Stop loopMIDI)させずにシャットダウンすると何らかの問題が生じる場合があるらしいが、自分の環境(使用バージョンは「v1.0.5 (15)」)では今のところ大した不具合は起こっていない。

仮想MIDIケーブルはインストールしただけではREAPERで使用することはできない。使用するためには以下のような設定が必要になる。 
-----------------------------------------------

 

続きを読む »

SpitfireのSableに犬の鳴き声が収録されていると話題に

v.i. control forum • View topic - Waiter, there's a dog in my Sable.

Not really, but it sure sounded like a small dog bark at first: Sable, Vol. 4 - CB Long Flautando. F1-F#1. notes. It's at the end of the release tail (pun intended).

Soloing the close mics, it's apparently a bow noise, but with the Tree mics only, it almost had me convinced it was canine. It's even a slightly larger dog using the A mics, lol. Am I going mad?

All in good fun, of course.

Greg


挙句の果てに、その犬の鳴き声を使った曲を投稿する者まで現れたりする始末。他にも、Kirk HuntersのConcert Stringsには鳥の鳴き声が収録されているとか。Orchestral ToolsのBerlin stringsにも様々な雑音が収録されていたが、やはりホールでの録音は色々と難しいんだろうなあ。

CockosがSWSのJeffOS氏と雇用関係を結ぶ

Cockos Incorporated -- announcements

Justin氏のコメント

Two things of note happened today:

Cockos has hired (indirectly but that is a long story) JeffOS, increasing both our median height and percentage of French contributors.
I am now retiring to go raise llamas, which has been my lifelong dream. Thank you.


Jeffos氏のコメント

I'm VERY happy to confirm that 1 of those 2 sentences is true!

SWSエクステンションを製作しているJeffOS氏をCockos側が雇ったらしい。これはエイプリル・フール時の投稿だが、一つ目のトピックは事実のようだ。

↓実際、クレジットにも追加されている。
JeffOS_b.png

ということは、これはv5.00辺りでSWSエクステンションの機能がネイティブ化されたりするのではないか。そういう期待が膨らむ。これまでは、本来本体が持っていて当然であるはずの機能をSWSで補うような形になっていて、どうも中途半端な感じもあったので、もし本当に統合されるのなら良いことだ(――因みに、JeffOS氏はMIDItoReaControlPathやSendReaControlといったユーティリティー系のプラグインも作成している)。

あと、JeffOS氏にはSWSのネイティブ化だけでなく、それ以外の部分でも貢献を期待したいところ。Cockosのディベロッパーは働き者だけど、3人だけだとどうしても物理制限が厳しく、できることが限られてくるだろうし。VST3対応が遅れているのもそういう事情があるからだろう。

REAPER:ReaEQをダイナミックEQとして使用するためのFXチェイン

この前の記事でPro-QをダイナミックEQとして使用するためのFXチェインを紹介したが、その記事を投稿し終わった後にREAPERのフォーラムを見ていたら、ちょうどReaEQをダイナミックEQ化するFXチェインが紹介されているのを見つけた。

4年も前の投稿だが、これは知らなかった。ということで、気になる人はダウンロードしてみてはどうだろう。
ReaDynamicEq - Cockos Confederated Forums

使い方はPro-QをダイナミックEQとして使用するを参照。

REAPER:Pro-QをダイナミックEQとして使用する

この前のFabfilter創立10周年記念セールでPro-LとPro-Qを買った。Pro-Lは前々からずっと欲しかったもので、大満足。これの何が良いかと言えば、音割れに非常に強いと同時に、比較的味付けがなく、どんなソースにも合うこと。

Pro-DyQ_19.png

例えばInvisible Limiterなどは、全体の印象として音の輪郭をはっきりさせるのに非常に強く、音との距離の取り方も鉄壁で、その面においてはPro-Lより上だ。しかしながら、このリミッターは逆にセンターの音だけは何故かぼやけてしまい、そのためにヴォーカルものなど、センターにメインとなる音が鎮座しているソースには向かない。さらに音がやたら硬くなる特徴を持っているので、マスターで使用する場合は非常にソースが限られる(なのでこのリミッターは売り文句に反し、むしろ個別トラックで使用するのに向いている)。

このように、大抵のリミッターは其々得意分野と苦手分野があるものだが、Pro-Lはその点非常に中庸でソースを選ばず、尚且つリミッターとしての基本性能が高いのがよい。縦のラインを整理するのも非常に上手い。音は多少面になってしまう嫌いがあるが、これは恐らくラインの整理とトレードオフだろうから仕方がない。

そんなわけで、ドッグイヤーなプラグイン界においてはもはや古参の印象もあるPro-Lだが、それでも何か一つだけリミッターを買うとするなら、未だにこれが一番無難な選択と言えるだろう。

しかしそれとは逆に、Pro-Qの方は少々時代遅れな感が否めない。

Pro-DyQ_17.png

これまで標準的に使用していたのはMdynamicEQだが、それよりも機能的に勝っていると感じたのはリニアフェイズ機能だけ。高い金出して買ったのに、フィルターの種類も少ないし、ソノグラム表示、アナライザの一時停止機能、オート・ゲイン補正機能、ABCDEFG比較、オーバー・サンプリング機能、インプット・ゲイン調節機能、ゲインの反転機能、ダイナミックEQ機能など、MdynamicEQでは当たり前だったことが出来なくなるのはなんとも微妙な感じだ。

一番重要な音の質自体はMdynamicEQよりも良くて、だからこそ買ったわけだが、それもEpureなどに比べるとワンランク劣ってしまうし、一昔前は最高峰とまで言われたPro-Qも今では妥協の産物選択になってしまった感がある。
---------------------------------------------

雑談が長くなったが、文句ばかり言っていても仕方がない。ソノグラム表示が無いのは残念だが、MeldaもV8になってからアナライザが見難くなったりGUIも前よりかさばるようになって使いにくくなってしまったことだし、やはりここはせっかく買ったPro-Qに乗り換えるべきだろう。それに、取り敢えずダイナミックEQ機能さえ使えればその他の機能は何とか我慢もできる。ということで、REAPERの力を借りてPro-QをダイナミックEQとして変身させるためのFXチェインを作ってみた。

・Pro-DyQ.RfxChain

↓実際に使用してみたところ
pro-DyQ_01.gif

チェインの内容は以下のようになっている。
Pro-DyQ_14.png

やっていることは単純明快。Pro-B1~B5が音声信号検知用。そしてそれらのバンドをソロ状態にすると同時に、其々をダイナミックEQとして使用するPro-DyQのバンドとリンクさせる。後はパラメータ・モジュレーションを使い、Pro-B1~B5から送られてきた音声信号を元にPro-DyQのゲインを動かすという寸法。

 ▼使い方

まず、FXチェイン・ウィンドウを右クリックして「FX chains -> load FX chain」でFX chainsフォルダを開き、そこに「Pro-DyQ.RfxChain」をコピーして開く。

Pro-DyQの画面を開き、ダイナミックEQとして使用するバンドを選択したら適当な帯域にセットし、そのバンドのゲイン・ボタンをクリック(若い番号のバンドから使用していった方がよい。というのも、Pro-Qの仕様上の問題から、削除する時は常に一番数が大きいバンドから削除していかないとややこしいことになるため。例えば3バンドしか使用しない場合、Pro-B4~5を削除し、Pro-DyQのバンド4~5を削除する)

※<追記>当初、Pro-Q_B1はBand1、B2はBand2というように使用するバンド名を合わせていたが、そうするとバンドの数が増えて煩雑になるだけなので其々必要な一つのバンドを除いて全て削除する設定にした。それに伴って記事の内容も変更した。<了>

「Param」ボタンの「Last Touched」が「Gain」になったことを確認して「Parameter Modulation」をクリック。
Pro-DyQ_11.png

後は以下のパラメータをソースに合わせて適切にセッティングするだけ。
Pro-DyQ_18b.png

音を削りたければ「Negative」、ブーストしたければ「Positive」を選ぶ。「Min volume」はスレッショルドに相当。「Strenght」は削ったりブーストしたりする強さの設定。「Max volume」はヴォリュームのスケール設定。dBを小さくすればするほどより俊敏に、より大きくバンドが動く。dBを大きくすればその逆になる。これらの項目の調整だけで納得のいかない場合は「Signal Shaping」を触ってみるのもいいだろう。

横軸が入力信号の大きさで、縦軸が効き目の強さを表している。
pro-DyQ_03.gif

以下はこのFXチェインをどのようにして作成したかの解説。こういうことを知っていれば色々と応用も利くだろう。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

続きを読む »

REAPER:MIDI Velocity/CC tool

ベロシティやコントロール・チェンジの値を変更するのに役立つ「MIDI Velocity/CC tool」の紹介。ダウンロードは以下のスレから。
EEL script: MIDI vel/cc tool (draw ramps - maintain relative velocities etc.)

MIDI_VT01.gif

使い方は上の画像の通り。コントロールしたいベロシティや#CCを選択し、其々のパラメータを動かすだけ。一番上の「Velocity」をクリックすると「CC」に切り替わり、もう一度クリックすると「Velocity」に切り替わるので、それでベロシティをコントロールするか#CCをコントロールするかを決定する。また、#CCレーンが複数開いている時は、意中の#CCレーンの左端(鍵盤の下)辺りをクリックすることで、ターゲットとなる#CCナンバーを変更することができる(0:36)。

「<-Expand ○ Compress->」は、「Compress」方向に「○」を動かすと、その下の「○」で設定されたターゲット値に向けて其々の値が近づいていく。「○」が一番左側に位置し、「avg.」と表示されている時は、其々のデータの値から導き出された平均値に向けて其々の値が近づいていく。「Expand」方向に「○」を動かすと、其々の値は「Compress」の時と逆に動く。

一番下にある「○」は「Weight」パラメータ。ベロシティ/#CCレーン上にある左側と右側、どちらのデータに比重を置いて値を変更するかの設定をここで出来る。

↓右側のデータに比重を置いているため、左側のデータの値は余り変化しない。
MIDI_VT02.gif

また、其々の「○」パラメータは、マウスポインタを合わせて「Ctrl+クリック」で標準値に戻すことができる。

このツールは非常に便利だが、MIDIエディタをドックに収納せず、フローティングにしていると直ぐに後に隠れてしまうのがちょっと不便。後に隠れてしまった場合は、もう一度このツールを開き、以下の画面が表示されたら「はい」を選択し、さらにもう一度ツールを開きなおす必要がある(「いいえ」を選択してツールを開くと、前に開いたツールが閉じられずに残ったままになる)。
MIDI_VT08.png

尚、このツールはEEL script(?)で作成されたものなので、プラグインフォルダに放り込むだけではインストールできない。以下はこのツールのインストールの仕方について。
------------------------------------------

続きを読む »

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。