ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントロセールでSpitfire AudioのMural Ensemblesを入手

Muralはとても手を出せる値段じゃないがこれなら何とか、ということで入手してみた。ベルリンと編成も被らないし、ベルリンのメイン・ライブラリには含まれていないバルトーク・ピッチカートやハーモニクスが含まれているというのにも魅力を感じた。



とにかく音の広がりや奥行き感が素晴らしい。ベルリンのWholeパッチを鳴らしながらこれに切り替えると、空間がサッと広がる。

そして上下の(トーン)バランスが凄く良い。ベルリンだとかなり上手くやらないと直ぐに頭でっかちになってしまうが、このライブラリはそういったバランスの取り方で苦労することはない。これは低音がしっかりしているからかもしれない。このどっしりした低音はこのライブラリの魅力の一つだろう。

ただ予めデモを聴いて分かっていたことだが、高音はちょっとシンセ臭い音になる。そこら辺はベルリンの方が勝っているように思う。ストリングスの高音はサンプル音源ではなく生録であってもギジギジしたシンセ臭い音になってしまうことがあるが、ベルリン・ストリングスはその点非常に上手く採れている(ベルリンのそれはツルツルしている感じ)。

好みの問題もあるだろうが、自分としては高音の美しさという点では今のところそれにかなうものはないと思っている。中低音は微妙な感じだが。しかし同じベルリンでも拡張のチェロやコントラバスはわりと評判が良かったりするわけで、どこでそのような違いが出ているのやら。奏法の違いによるものなのか、それともマイクセッティングによるものなのか。

距離に関してはMural Ensemblesはベルリンと比べてかなり遠め。デモなどを聴く限り、元のMuralよりEnsemblesはさらに音が遠くなっているように聞こえる。また編成も元のものよりさらに大きく聞こえる。それから速いフレーズはちょっと苦手かもしれない。

また、これは当たり前のことだが、Wholeパッチなので定位をパートごとに分離させることはできない。例えばヴァイオリンの一番下の方の音を想定して鳴らしても右側の方から音が聞こえてきたりする。しかしその分音の隙間はできにくく、一体感のある音になりやすいように思う。

このライブラリの入手を考えている人はこういったことを予め念頭に入れておいた方がよいだろう。


さて、せっかくなのでこの前紹介したストリングスの聴き比べスレに外野から勝手に参戦してみた。



使用したのはCloseマイクとTreeマイクだけ。EQやリバーブ、コンプといったエフェクトは一切なし。これは例の聞き比べスレに投稿する際の必須条件だが、実際のところこのライブラリの場合そのような条件でも一切困ることはない。むしろこの音源にリバーブをかけるのは勿体無いとさえ言える。マイクだけで十分空間表現ができるわけだから。ミックスで一番むずかしい空間処理で悩まずに済むというのは大きい。

ただしユニゾンになるパートがあるので、それに対処するためにトランスポジション・トリック(ReaPitch)は使用している。また同じパッチを使用する場合も一トラックだけで済ませるのではなく、五つのトラックを立ち上げ其々別個にパッチを鳴らしている。

コントロール・チェンジやオートメーションはさほど書き込んでいない。というのも、それらを沢山書き込まなくとも楽譜を入力しただけで結構それっぽくなったので。

このライブラリの一つの利点はこの手軽さだろう。普通ストリングス音源は楽譜通り打ち込んだだけだとどうしても不自然になりがちで、それを何とかするために鬼のようにコントロール・チェンジやオートメーションを書き込まなければならなかったりするが、このライブラリは普通に打ち込んだだけでも不自然さはそれ程目立たない。もちろんまだコレ一つを打ち込んだだけなので、曲調によってはそうでない場合もあるかもしれないが。

てなわけで、個人的にはこのライブラリは当たりだったと思う。もうちょっと頑張ればCineStringsやCINEMATIC STRINGS 2が買えてしまうし、他にもHollywood Stringsなんかがあるので積極的にはお勧めはしないが、この音色が欲しいけど普通のMuralを買うのは厳しい、アーティキュレーションもそんなに沢山いらない、と言う人には悪くない選択だと思う。空間表現では上に挙げたものよりも上だし。


最後に参考として以前投稿したベルリン・ストリングスを使ったオリジナル曲も上げておく。
 
こちらもリバーブは一切使用していない。ただマイクはCloseとTreeだけではなく全てのものを使用している。

因みにここで使用しているのはver1だが、このバージョンのレガート・パッチはノートの頭と尻を重ねると前の音がサステインして鳴りっぱなしになるという酷いバグがあったため、それらは使用していない。
スポンサーサイト

ストリングスの聴き比べスレ

がvi-controlフォーラムに立っているので紹介。

Harry Potter Strings Expo 2015!

今現在投稿されているラインナップは以下の通り。

LASS
GPO
Dimension Strings
Kirk Hunter concert strings II
QLSO Gold
HOLLYWOOD STRINGS
リアル・ストリングス

【追記 4/25】
Berlin Stringsによるものを投稿すると言っている人もいるので、そのうちそれもラインナップに加わるだろう。
さらに

Mural
Cinematic Strings 2
Berlin Strings
Cinestring
Concert strings 2(Kirk Hunter)
8dio(これは前から投稿されていたが書き忘れていた)

が追加されている。コメント欄からも分かる通り、Muralはオヤジ氏による投稿。【了】

このスレとは関係ないがDimension Stringsとリアル・ストリングス・オーケストラを比較しているものがあり、それがまた中々良いものだったのでせっかくだからそちらも紹介しておく。

Dimension Strings
Writing for strings with Sibelius & Vienna Dimension Strings (Lament by Tormod Tvete Vik)

リアル・ストリングス・オーケストラ
https://soundcloud.com/tormodtv/lament-demo-for-string-orchestra-by-tormod-tvete-vik

流石にリアル・オーケストラと比べると聴き劣ってしまうが、こと音の輪郭のハッキリ度合いに関してはやはりViennaが一番。ソロ・ストリングスに関してはembertoneも負けていないが。とにかく音の輪郭がハッキリしている音源が中々ないのが残念。ただDSは定位がはっきりしている分音に広がりがないのが弱点と言えば弱点か。あとDSはBSTよりも重いという書き込みを見たことがある。

 ***

ところで前から思っていたのだが、BSTに関してはデモを聴く限りメイン・ライブラリよりExpantionA&Bの方が明らかに音が良いように聞こえる。

[BST] EXPansion A: Special Bows I - YouTube




以下のスレに拡張のみを作った音源が投稿されているが、これがまた凄く良い。

Just picked up OT Berlin Strings Exp B - Wow

特にExp Bは評判が良く、チェロ・アンサンブルの音源で初めて納得のいく音に出会った(意訳)、みたいなことを言う人もいれば、コントラバスのスル・タストは大抵の場合においてメイン・ライブラリのパッチよりも役に立つ、という言う人もいる。

実際、メイン・ライブラリは中低音が結構微妙。何故か低音になるほど音がぼやけ、強奏するとブラスみたいな音になってしまったりすることもある(確か以前BSTだけを使用した曲が投稿された際、それを聴いた人が、ブラスは何使ってるの?みたいな質問を投げかけているのを見たような…)。

また、BSTの拡張は他のライブラリと組み合わせて使う場合にも力を発揮するという声もあり、結局のところExp A&Bだけを買ってそれを他のものと組み合わせて使うという選択こそがベストだったのでは、と思ってしまう(ただし、Exp A&Bは早いフレーズには向かないらしいが)。

ただ、Orchestral toolsライブラリは共通して持っている問題が一つある。その問題とは、Treeマイクの音像が横にばかりベッタリ広く、奥行きが余り感じられないところ(逆にストリングスのCloseは遠すぎる)。デモを聴く限り、これは既にリリースされているブラスの拡張(ホルン)に関しても同じだった。

つまりマルチマイク方式でありながらより奥行き感を演出したい場合はリバーブやディレイを使わざるを得ない(もしくは何か奥行きが感じられる他の音源を被せるか)。これがOTライブラリの一つの大きな弱点になっている。奥行きを表現できるマイクがもう一つあったらだいぶ変わってくると思うのだが(サラウンド・マイクは奥行きがあるが、それだけで奥行きを表現するのは少し心もとない。またサラウンド・マイクはストリングスにしか用意されていない)。

そこら辺でSpitfireと差がついてしまっているように思う。まあOTに限らず空間表現という面では今のところSpitfireのものに適うものはないが。

逆にSpitfireはドライ音源としてみると物足りない一方、OTのTeldex Solo Boothで取られたものはそういうものを求めている人もある程度納得できるような渇き具合になっているように思うので、もうちょっとそちらの方に力を入れてもいいのでは、と勝手に思ったりする。

DDMF IIEQ Proがv3.1にアップデート

アップデート内容は以下の通り。

- new Bessel and Legendre filters
- better handling of the controls
- improved internal accuracy
- some minor bug fixing

v3の既存ユーザーは無料でアップデートできる。尚、今回から「license.txt」をUIにドロップしてオーソライズする方式に切り替わった。

今回の目玉はベッセルとルジャンドルという二種のフィルタ(共にHP/LP/BP/BStop)が追加されたことだろう。

最新アナログ基礎用語集 - アクティブ・フィルタ - TI

上記ページによるとIIEQ Proに搭載されている其々のフィルタの特性は

▼バターワース・フィルタ
長所「通過帯域にリップルがない」
短所「ロールオフ特性が緩やか」

▼ベッセル・フィルタ
長所「グループ・ディレイの周波数応答が広帯域に渡って平坦」
短所「ロールオフ特性が緩やか」

▼ルジャンドル・フィルタ
長所「ロールオフ特性が極めて急峻」
短所「通過帯域内の減衰量が大きくなる」

とのこと。

以下、新しく追加されたフィルタや他のEQとの比較について。
------------------------------------------------------

続きを読む »

ジュバルの不吉な予感

前にリミッターのテスト用に作ったもの。実際にテスト用として相応しいかものかどうかは?だが。ここではフリーのLimiter №6をリミッターとして使用。

ジュバルの不吉な予感(1分24秒)

ラウドネス値は-13.7LUFS。編成は以下の通り。

フルート---Jubal Flute(embertone)
ドラム----BFD eco
シンセ----Bazille
ベース----Kontakt付属

以下、音源やミックス、リミッターなどについて
-------------------------------------------------

続きを読む »

Fable Soundsの製品が三日だけ60%オフ

Fable Soundsが珍しくセールをやっている。「Friday - sunday」ということなので4月5日までか。
Fable Sounds is not fooling around. - 60% off EVERYTHING!

Broadway Lites $499.99 $199
Broadway Big Band $2495 $998
Upgrade from Broadway Lites to Broadway Big Band $1995.01 $798
Cross-grade from Broadway Big Band - HALion to Broadway Big Band - Kontakt Edition $299 $119

これ程安くなることは当分ないだろうとのこと。Broadway Litesが$199というのはつい手を出してしまいそうな価格。

因みにLitesは上位バージョンがマイクポジション4つなのに対し1つ。そして上位バージョンに含まれている以下のパートが含まれていない。

Alto Saxophone #2
Tenor Saxophone #2
Trumpet #1 w/ cup
Trumpet #2
Trumpet #2 w/ harmon
Trombone w/ bucket
Trombone w/ straight
Banjo
Ukulele
Upright bass
Xylophone
Drum kit (Sticks)
Drum kit (Brushes)
Bongos
Congas
Timbalitos
Percussion Toys

要するにセカンド・パートとトランペットのカップ・ミュート、その他パーカッションなどが省かれているということか(※ハーマン・ミュートはLitesにも含まれている)。これだとビッグバンドは無理そうだが、2管以上の編成を組むつもりのない人にはありかも…と思ったが、それに加えアーティキュレーションもそこそこ省かれているようなので、そういう視点から見てもやはりLitesは微妙か。

そういえばProjectSAMも近々ビッグバンド系の音源を出すとか。
Upcoming Library from ProjectSAM: First Teaser Video - YouTube

このデモだといまいちどういう音源なのか分かりづらいが、この系統は未だにコレといった音源が出ていないので期待したいところ。

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。