ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウシさん、ニワトリさん、ニンゲンさん

前々から違和感を感じていたんだけど、
アルバイト情報誌なんかのコマーシャルを見ていたら、
その中に登場する、彼ら彼女らは、
やたらと楽しそうに働いていたりするんだよね。
そんで「はたらくを楽しもう」
なんてキャッチフレーズが流されたりする。

そりゃまあ楽しくバイトしている人もいるだろうし、
学生が小遣い稼ぎでやっているのならいいんだけど、
バイト先で虐められたり、
それで生計を立てている人達にとっては、
すごく辛いことの筈なんだよね。

そういう状態から抜け出したくても抜け出せない人。
将来の生活の見通しが立たない人。
いつ奈落の底に落ちてもおかしくない、
体力と精神のチキンレースを続けている人。
実際そういう人達がどんどん増えてきている。

だけど、コマーシャルの中でアルバイトをしている彼らは、
まるで楽園にでもいるかの様に清々しい顔をしている。
この上ない充実感を得ているかの様に見える。

それを見てふと思った。
ああ、彼らは「ウシさん」「ニワトリさん」なんだと。

 ***

「ウシさん」「ニワトリさん」が何を指すかと言えば、よく牛肉や玉子等の商品にキャラクターとして用いられている、自分達が殺害され人間の餌にされているのにも拘らず、何故か微笑んでいたり、舌なめずりして人間に愛想を振りまいているアレです。

例えば、正社員として働いている人は、決して一方的な関係ではなく、お互いが利害を分け合い、持続可能な道筋を探したり、それを維持したり、蓄えたりして、未来の生活に備えている。
しかし、アルバイトの場合、お互いの利害のバランスは偏っていて相互性は乏しく、一方的に資本家から搾取され、使い捨てにされているだけに過ぎない。
お先真っ暗である(ひきこもりよりましだけど…)。

当然、本当なら牛や鶏が自ら望んで人間に殺されている筈がないのと同じで、多くのアルバイト従業員も、本当に望んでそこで働いている訳ではない。
何か特殊な理由がある人意外は、出来ることなら、企業と利害を分け合うような状態を手に入れ、先が見えない現状からオサラバしたいと思っているに違いない。
しかしながら、一旦そこに落ち込むと抜け出すのは容易ではない。
そんな現状を楽しんでいる人間が一体どれ位居るだろう。
あんまり居ないと思う。

ところが、そんな現実に反して、コマーシャルに登場する彼らは、「ニワトリさん」のように微笑み、「ウシさん」の様に舌なめずりする。キャッチフレーズにしてみても、もう少し現実に即したものにしようとすれば、

「搾取されるのを楽しもう」 とか、
「使い捨てにされるのを嫌がってはいけない(by小泉純一郎)」

とかにするべきなんだけど、それがキャッチフレーズであるが故に、そうはならない。

つまり、キャッチフレーズが現実を表すものではないのと同じ様に、「ウシさん」や「ニワトリさん」が牛や鶏ではないのと同じく、あの手のアルバイト情報誌のコマーシャルに出てくる彼らは、人間ではなく、あくまで「ニンゲンさん」なのだ。

なんて、どうでもいいことが思い浮かんだりした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/10-a022403b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。