ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番怖いのは

これだけ暑いと思考能力が働かなくなる。

今日も温度計の針がもはや「当たり前だ」と
でも言わんばかりに40度の所を指し示している。

書きたいことが山ほどあったはずなんだけど、
この所の暑さでそれが全て吹き飛んでしまった。

少し前に「今年はクーラーを存分に活用するぞ」
と自分に言い聞かす記事を書いてみたものの、
クーラーをつけてもそれ自体が廊下の役割も
兼ねているという部屋の構造上、室温を下げる
のには余り効果がないみたいなので、結局
一時的にクーラーの前にへばり付いて体を冷やす
という程度の使い方しかしていないし。

でも、一日中その前にへばり付いていても
しょうがないので、今はただこの暑さが通り過ぎる
のを我慢して待つだけの時間を過ごしている。

しかし、この暑さが去るとまた直ぐに寒さが
やって来て、今度はまたそれが通り過ぎるのを
待つだけの時間を過ごさなければならなくなる訳で。

もはや自分には、死が一歩一歩着実にこちらに
近づいて来るのを感じながらも、それを回避する
術も無ければそれから遠ざかる力も残っていない。
ただひたすらそれがこちらに到着するのを
待ち続けるだけの時間しか許されていない。

しかし、それは恐怖であると共に、
その恐怖と人生の苦痛から解放してくれる
唯一の希望でもある、と昔は思っていた。

だが、実際にそれが近づいてくるにつれて
その希望は見る見るうちに萎んでしまい、
逆に恐ろしさの方がどんどん膨らんできた。
そして、今までとは違ったまた新たな種類の
恐怖を感じとるようになってきた。

それは、このままこの一度きりの人生を何の
意義も感じることなく終えてしまうことへの恐怖。

最近になってその事実がより一層明確に
なってきたことで、それに対する恐怖もまた
明確に感じ取ることが出来るようになった訳だ。

 ***

死は誰にでも訪れる。

だが、自分の人生に全く何の意味も価値も
見出すことが出来ないままそれを終える
という意味での死は誰もが体験する訳ではない。

恐らく、それを体験する人間は日本中※1でも
極限られた僅かな人数しかいないだろう。
(貧困と自身の存在に意味や価値を感じないことは
必ずしも比例しない。貧困で死んでいくにしても、
自身の存在に意味や価値を感じながら死んでいく
人間の方が多いと思うので)


その希少性が益々その恐怖に拍車をかける。

もし、その人生に何らかの意味を見出すことが
出来たのなら、価値を見出すことが出来たのなら、
死への恐怖は半減するのではないか、
という気が今はしている。

自身が本当に価値を感じるものの為に
死ぬのならその恐怖が吹き飛んでしまう
ということだってあるだろうし。

だから、自殺した松岡元大臣は遺書で「日本国万歳」
なんて荒唐無稽な発言を残したのだろう。
つまり、その自殺に「国の為」という意味を強引に付加
することで意味の無い死への恐怖を誤魔化そうとした訳だ。

戦時中、明らかに犬死としか言えない様な死に方を
迫られた人達が必死でその死に意味を見出そうとした
のもまたそれが理由だろう。

結局、自分の人生に何一つ意味や価値を見出す
ことが出来ずそれを終えることが一番怖い。

それは死よりもずっと恐ろしいことなんだと思う。

※1(追記8/18) 最初「世界中」と書いて投稿したものの、
それはちょっと大げさかもしれないと思って「日本中」に
変更しました。結局、自分の知っている「世界」なんて
日本だけだもんなあ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/105-4ec8c0ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。