ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

併せて使うと吉

DVS Guitarと複数のVSTを組み合わせて
歪系ギターの音を再現してみた。

gtdis.mp3(音量注意)

使用したVSTは以下の通り。
◎JS:Gutar/distortion(REAPERに付属)
◎JS:Guitar/amp-model-dual(同上)
SompShop EFM
TubeBaby (右)
Ferox(テープ・サチュレーション/右)

左の音は上の三つのVSTを組み合わせたもの。
右の音は更にそれらに下二つのVSTを
加えた状態で鳴らしている。

フリーの歪系VSTはまだまだ発展途上といった
印象だったが、こうやって組み合わせて使ってみると
かなりそれっぽい音になってちょっとした感動を覚えた。

特に、「灯台下暗し」というか今までその存在に
気付きもしなかったREAPER付属の畳み込み系
アンプシミュレーションが意外に出来が良くて驚いた。
これは試してみる価値ありですよ。

ただ、一つのトラックでこれだけ多くのVSTを使用して
しまうと他のトラックに振り分けるマシンパワーが
極端に少なくなってしまうという欠点からは逃れられない。
これ以外にもEQとかコンプとか使う訳だし。

これを録音する時も最後の方は再生すら
ままならない状態で、プロジェクトファイルを
立ち上げただけでフリーズ寸前だった。

レンダリングでリアルタイムより遅くなる
ことがあるなんて今回初めて知ったし。

本当は無理して一回で済まそうとするよりも、
重くなったらその都度パートを録音していくのが
定石なんだろうけど、それはそれでまた
色々と面倒なことが生まれてくるからなあ。

 ***

因みに、最後の方のバスドラの音はここ
無料配布されていた素材を使用。

(既に配布終了)

途中で出てくるドラムパターンは、
過去の素材を一挙に放出した去年の8月号の
DTMマガジンに付属していたものを使用。
(自分がDTMマガジンを買ったのはこの一度だけ。
立ち読みをしたことも殆どなかったりする。
でも、webサイトには大変お世話になっています)

しかし、あそこに収録されているドラム以外の
素材は一体どういう使い方をすればいいのだろう。
さっぱり分からない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/106-6e637820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。