ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われない伝統

何と言えばいいのだろう、
この抑えきれない感情は。

ありとあらゆる言葉を含んでいるようでいて、
どの言葉もこの感情を表すのに相応しくない。

ただ確実に何かを消費している。
それだけは確かだ。

問題はこれを全て消費し尽くすまでに
その成果を外に放出すべきなのか、
それとも内に留め続けるべきなのか。

恩返しすべきなのかそうでないのか。

全てが嘘だと知っているのに
まだその嘘に従い続けるのか否か。

自分は檻の外にいる人間だ。

今まで檻の中に収まることだけに
力を尽くしてきた。

そのためには自分の感覚を
否定することすら厭わなかった。

しかしそれでも檻の中に入ることを
許されなかったそういう人間だ。

故に、自由極まりない。

何故なら檻の中のルールに拘束
される必然性が全くないのだから。

しかし自分は自由を求めていない。
だからその檻にしがみ続けている。

だが、いい加減それも疲れてきた。

もう手を離した方がいいのだろうか。
そして人間という檻の中で自由になるべきなのか。

そんな思いが頭をよぎる。

ああ、この人間という忌まわしい檻から
出ることが出来れば全てが万事解決するのに。

内側から壊すことが出来ないこの檻を
誰かが外から破壊してくれればいいのに。

人類が誕生した時から誰かが既に抱いていた想い。

それを今自分が継承している。

そしてこの想いは、この先もまた
どこかの誰かに継承され続けていくのだろう。

それが決して叶わぬものであると分かっていながら。

他のどんな伝統が滅びようとも、
この伝統だけは決して失われることはない。

人類が存続し続ける限り。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/116-ec6fc86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。