ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mid/Side分離ルーティング

<訂正:2010/10/11>

見事間違ってました。すみません(元には戻っていたけど、よく理解しないままをトラックを節約しようとした結果、「Mid」で鳴っている音声がただの「L◇R」になっていた)。今更だけど、訂正したプロジェクトファイル(REAPERv0.999用)を上げておきます。


プロジェクトファイルの使い方は、 Tr1 に意中の 2mix ファイルを読み込ませ、「Mid/Side」もしくは「Left Channel/Right Channel」に EQ やコンプなど、好きなプラグインを立ち上げて調整するだけ。個別に音を確認したい場合は、そのトラックのソロボタンを点灯させ、I/O でマスターへのセンドにチェックを入れる(確認し終わったらそのチェックを外す)。尚、ここでは一旦復元トラックを噛ませ、そこからマスターに送っているが、「Mid/Side」もしくは「Left Channel/Right Channel」から直接マスターに音声を送る場合、復元トラック「Re-L/R」は必要ありません。「左チャンネル◇右チャンネル」は「L◇R」 で表現。さらに詳しい内容はここに書きました。

▼タイプ1(「S◇S」)MidSide2_v1.RPP

MidSide2v1.png

Tr1→2mix(←ステレオファイル「L◇R」を読み込ませる。L抜き出し用)
Tr2→2mix(Tr1≫「L◇R」 R抜き出し用)
Tr3→Mid(「L◇R」をモノラルmixで受け取り→M)
Tr4→Side(「L◇L」-「R◇R」=2S→-6dBでSに)
Tr5→Left Channel(M+S=L→パンを左に振って「L◇0」 Tr7 へ)
Tr6→Right Channel(M-S=R→パンを右に振って「0◇R」 Tr7 へ)
Tr7→復元(Tr5&6≫「L◇R」→マスターへ)

▼タイプ2(「S◇-S」)MidSide2_v2.RPP

MidSide2v2.png

Tr1→2mix(←ステレオファイル「L◇R」を読み込ませる)
Tr2→2mix(Tr1≫「L◇R」 モノラルmix抜き出し用)
Tr3→Mid(「L◇R」をモノラルmixで受け取り→M)
Tr4→Side(「L◇R」-「M◇M」=「S◇-S」)
Tr5→復元(Tr3&4≫「M◇M」+「S◇-S」=「L◇R」→マスターへ)

===================↑訂正ここまで==================== 

現実逃避も兼ねて、再びREAPERの話題。

マスタリングの際に、Mid/Side其々の
成分を分けて別個にコンプやEQを掛ける
手法があるらしいことを知った。

それでネット上の情報を参考にして
一旦Mid/Sideの成分を別々に分離し、
それから其々を混ぜ合わせて元に戻す
ルーティングのプロジェクトを作ってみた。

以下そのルーティングの手順。
midside20071112.jpg

1. tr1の元音源にtr2からRを逆相に
したものをぶつけてR成分を相殺し、
それをモノラルにしてtr4の「Side」に送る。

2. tr5の「Left」に、tr3の元音源を
モノラルにした「Mid」とtr4の「Side」
を送って混ぜ合わせ、パンを左に振る。

3. 同じくtr6の「Right」にtr3から
「Mid」とtr4の「Side」を逆相にしたもの
を送って混ぜ合わせ、パンを右に振る。

※予めtr1-3にミックスダウンしたファイル
をセットし、tr5とtr6だけをマスターに
送るセッティングをして置く。
------------

これで一応元通りの音に戻っている
様な気がするんだけど、どうだろう。
このルーティングで合っているのかどうか
自信は全くないが、一応参考として
プロジェクトファイルを置いておくことにする。

MidSide.RPP

使い方は、先ずトラック1~3にミックスダウン
した同一ファイルをセットし、後は「Mid」と
「Side」にそれぞれコンプやEQを仕込んだり、
必要に応じて音量を調節したりするだけ。

VSTで其々の成分を別々に調節することが出来る
ものもあるが、こうやって一旦其々を分離すると
より自由にそれを弄ることが可能になる。

まあルーティングが正しければの話だが。
間違ってたらごめん。

 ***

因みに、このルーティングを使って其々
別個にコンプを入れ、さらにマスターにも
リミッターを入れて音圧を上げてみた。

曲を作る気力がないのでファイルは以前に
使ったものの使い回し。音源はMSGS。
batta20070220.mp3(処理前)
batta_ms.mp3(処理後)

この方法を使うと簡単に音圧を稼げる。
その是非はともかくとして。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/129-ab0f20a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。