ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレを変更する際に気になった幾つかのこと

ついこの前に、「リンクされた箇所を区別する為の差異化は本来
スタイルシートで以って行うべきものだと気づいたものの、色々と面倒
なのでもうこのまま記事中のHTMLタグでなんとかして乗り切るつもりだ」
と言ったばかりなのだが、FC2の共有テンプレートで気に入ったものを
見つけることが出来たので、この際思い切ってテンプレごと変更する
という根本的な対処法を取る事にした。

以前のテンプレはデザイン自体は気に入っていたものの、有効に使える
横幅が異様に狭くてずっと窮屈さを感じていたので、この変更によって
その窮屈さから解放される運びとなったのが何より嬉しい。
過去の記事で文章中に引いていた下線も、その記事の要点を明らかに
するという目的よりも、どちらかと言えば長文になるとやたら縦長に
なって見難いため、視覚的基点を作るという目的の方が主だった。

それに、前のテンプレではただでさえ利用出来る幅が狭いのに
引用タグを使うとさらにその幅が益々狭まる上、「引用枠」が表示
されないためにそれが引用であるということが分かり難いという欠点
があったのだが、このテンプレに変更することでその問題も改善され、
引用も気軽に出来るようになった。その上カスタマイズもし易いし、
全く良いこと尽くめで正に新テンプレさまさまといったところだ。

ただちょっと気がかりなことが。

今回利用することになった共有テンプレートというのは、

弊社が作成した公式のテンプレートではなく、より自由な発想でお客様や有志の方々が作成したテンプレートの事を言います。
お客様が作成したテンプレートを登録して他のユーザーに 配布する事が可能です。(FC2ブログ Q&A)

といったもの。

従ってその性質上、ブログの管理画面から個別のテンプレに用意された
コメント欄へと移動し、それを利用させてもらう旨を作成者の方に
一言伝えるということが慣例になっている模様。

ところが、何故かそのコメント欄に書き込もうとしてもこんなマーク

error.jpg

やこんなエラーメッセージ

REPLACE INTO jb_login ( `id`,`lastdate`,`status`) VALUES ( ~省略

が管理画面に表示されるばかりで何度やってもコメントが反映されない。

そのため、現在は提供者の方への報告もないままの無断でテンプレを
利用しているといったような状況に置かれていて何とも気まずい。

ただ、かといってテンプレ作成者の方のブログへ
直接コメントするのもなんだか気が引けるしなあ。
というかそういうことを平気で出来るくらいならこんな人間になってないし。


まったく罪作りなエラーだ。
(訂正)
どうやらエラーじゃなくて、単に自分のコメントを削除出来る機能だったみたい。
ところが、勝手に訂正機能がないと思い込み、エラーで反映されていないと勘違い
して、書き込んでは×マークを押して消し、書き込んではまたエラーが出たと消し、
を一人で繰り返してたという…。なんと間抜けな。でもこれで一つ肩の荷が下りた。




 <スパムはFC2のスレッドテーマが原因?>

それともう一つ気になるのは、今回テンプレを変更するに当たって
調整の為に前回の「下線騒動」の時のようにまた過去の記事を大量に
修正しまくることになった(といっても今回は単にタグへのリンクを
外しただけ)のだが、そうすると案の定、前回と同じく今回も過去の
記事に対して幾つかのコメントスパムが飛んでくるという状況が見られた。

前回の修正時はその原因を「ping」のせいじゃないか?と推測したのだが、
その後、どうもFC2のスレッドテーマがその原因となっているのではないのか
という思いがしてきた。

というのも、前回の修正時の後暫く経ってから気づいたのだが、
過去の記事を修正した際に何故か昔テーマに投稿した記事が
新しい記事として投稿され直していたからだ。
そして、どうもスパムが飛んできたのは昔テーマに投稿した記事に集中
していたように思う(確認する前に消してしまったので断言は出来ないが)。

これはFC2側のシステムの不具合なのかバグなのか、はたまたそういう
仕様なのかどうか分からないが、それはともかく、テーマが更新される
と自動的にスパムが投稿されるような仕掛けが其々のテーマに仕掛け
られているんじゃないかと。そう考えた方が合点がいくように思う。
同じ様に、タグに関してもそういった仕掛けがなされているような気が。

まあタグに関しては、FC2ブログのトップに表示されている
「注目タグ」がスパムブログに占拠されて久しいのに、その状況が
一向に改善される見通しがないということの方が問題かもしれないけど。

 <恥を書くという旅>

それはともかくとして、今回と前回、過去の記事を修正する際に
改めて確認することになったのは、今にしてみると恥ずかしくて
直視することさえ難しい記事が如何に多いかということ。
昔の記事だけじゃなく、最近のものでさえそういうものが結構ある。
しかも、そういったものが新しい記事としてテーマに投稿され直している
のを知って何とも居たたまれない気になった。

だが、だからといって未来の自分が見ても恥ずかしくないものを書こうと
思えば今度は何も書けなくなってしまう。そもそも、このブログが何らかの
感情を文章に変換して吐き出すことを目的とし、そういった性質を持っている
以上、そこで書かれた文章は元々吐しゃ物のようなものなのだ。
その吐しゃ物に立派さを求めるだけ無駄だろう。

それに、時を経るにつれて人の気持ちや考え方はどんどん変化するし、
また過去には知りえなかった情報を知るようになることもある。
人々が足場にする社会のシステムや常識でさえ普遍ではいられない。
それ故、その時々の気持ちや思いを文章にして書いている以上、
その文章は時を経れば如何しても古びたものになってしまう。

つまり、「旅の恥は掻き捨て」などと言うが、ブログを続けるという
ことは“書いた”ものを次々と捨てていく旅の様なものなのかもしれない。
過去に書いたものを捨てて行くからこそブログを続けていられる。
もう恥をかきたく(書きたく)ないと思ったらもうその時点でブログ人生は
終わりなんじゃないかと。

勿論、未来に見ても恥ずかしくない文章を書くことが出来る人や、
そこで時間経過では劣化しない何らかのデータベースでも作っている
のなら話は別だが。


恐らく今回みたいに過去の記事を大量の修正をすることはもうない
だろう。そして最近はテーマに投稿すること自体も少なくなった。

だが、未来にも価値を失わない文章を書くことが出来ない自分
としては、一度過去という黄泉の世界に葬った「恥」を再び蘇らせる
ころになるFC2の「黄泉がえりシステム」は何とか改善して貰いたい。
でないと怖くて過去の記事を修正することさえ億劫になってしまう。

だって、過去に書いたサブい記事が新しい記事として大量に
投稿されていることほど恥ずかしいことは無いよ(経験者談)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/148-c3f14403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。