ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰だ、橋下氏に救いの手を差し伸べる奴は!

橋下事務所に脅迫状?=白い粉入り、府警が捜査-大阪 (時事通信)

 橋下徹大阪府知事の法律事務所(大阪市)と府庁の改革プロジェクトチームあてに28日、脅迫状のような書面と白い粉が入った封筒が届いた。府警捜査1課などは脅迫容疑で捜査を始めた。

 同課によると、封筒には脅迫と受け取れる内容の文言が手書きされた便せんがあった。橋下知事を名指した文面ではなかったという。

 白い粉はポリ袋に入っており、府庁に届いた粉はでんぷんだった。消印は2通とも大阪市内の同じ郵便局で、差出人は団体名だったという。 

全くけしからん。

恐らく「橋下改革」で割を食う人の犯行なのだろうが、
こんなことしたら「正義の改革者」対「悪の抵抗勢力」という
構図がより際立ち、益々彼への支持が高まるだけだろうが。

既に様々な問題を抱え、それに悩まされている彼に対して
救いの手を差し伸べているも同然の愚行。
(こういう脅迫を受ければ受けるほど、彼自身も
自分が正しいことをしているという確信を強くするだろう)

ちょっとはもの考えて行動しろよ。
まあ幾ら考えたところでどうにもならんとは思うが。

だから、自分は考えた末「行動しないという行動」を取ることに決めた。
こんな潔い決断を下せる奴はそうそういまい。これぞ決断主義※1

(本当は単に疲弊し、一生分の精神力と錯覚力※2を使い果たしただけが…)



※1 因みに、「死」という人間にとって最大の普遍的恐怖を克服し、
自殺という決断を下すことが出来る人間は決断主義のエキスパート中の
エキスパート。まあ決断主義なんてものは、「結果」に対する因果の
主要な要因を一個人の意思に求めることが出来るという精神論的妄想
の上でしか成り立たない話なのだが。「決断主義はセカイ系に内包される」
ということに早く気づいてくれよ、21世紀の精神論者達は。
「出来るはずなのにしない」のでも「せずにいいのにする」のでもない。
始めから前提として「出来ない現実」や「せざるを得ない現実」があるんだよ。
いい加減、口先だけじゃなくその現実と目を合わしてくれ。

※2 何らかの行動を起こすことが良い結果に繋がると信じることが出来る力。
また、自分の人生に何らかの価値を見出す(感じる)ことが出来る力。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/180-fb58a82d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。