ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと素敵

理不尽な要求・逆恨みの暴力…「キレる市民」が自治体職員へ(読売新聞)

 各地の自治体で近年、一部住民からの理不尽な要求や逆恨みによる暴力行為が相次いでいることが、読売新聞の調査で分かった。

この前「みのもんたの朝ズバッ!」でこの記事が取り上げられていたのだが、例によってみのもんた氏が「どうですか!コレ」と、いつもの様に怒り屋担当のコメンテーター達に怒りだしの合図を送ったら、その時のコメンテーターだった池上彰氏が、「読売新聞は今こういったモラルに関するキャンペーンを張っているんですよ」と言ってそれをサラリと受け流していたのがちょっと素敵だった。
-------------

そういや同じ日に違う話題で、また同じ様にみの氏が「どうですか、こんな大事な時期にこんな下らない話題ばかり!」と話を振ると、それを受けた池上氏が、「まあそんな話題ばかりを選んで紹介しているってのもありますけどね…」と言ってサラッと突っ込み返しをしていたのも見事だった。

NHKから独立してメディアで活躍している人にはロクなのがいないという印象があるけど、この人はもしかしたらその常識を覆す存在になるかも。前にも違う番組で、「治安がどんどん悪くなってきているかのように思うのはメディアによって作り出された印象によるものであり、実際はそうでもない」といった類のことを話し、不安を煽り過ぎることに対する警鐘を鳴らすようなこともしていたし、やたらと感情を煽り立てるような方向へ話を持って行ったりもしない様な感じだし。

とはいえ、メディアで活躍しそこで生活の糧を得続けるためには、やはりそれなりの処世術※1が必要になってくるわけで、その処世術を上手く身につけすぎて、結局は先人達が築いた道の後追いをするだけの結果に終わってしまうという可能性もあるけど。



※1 例えば、メディアでの活躍を生活の糧としている人達の多くは、多数派となるであろう潜在的期待に沿った形での情報の送り出し方をしたり、都合の悪い現実をモラルや精神の問題に収斂することで、情報の受け手に有りもしない希望(処方箋)や勧善懲悪的カタルシスを齎し、それによって人々に支持されることで仕事を獲得するといった流れが一般的になっている。個人がメディアを利用して生活の糧を得ようとすれば、単に知識の質や量、人当たりの良さという条件を持っているだけでは難しく、こういった技術を駆使しなければそれを持続するのは中々難しい。そしてメディアでの成功者は、大抵その技術を自然に身につけ、無意識に行っている。しかしそれ故、世間の趨勢と自身の感覚に大きなズレが生じるようになると、それに従ってその者のメディアでの活躍の場もまた狭まっていくことになる。

コメント

さらりとキツいことをいい

ちなみに,新聞の記事にもイチャモンつける事でも知られています.それが的ハズレどころか,かなり的確な指摘である上に,その記事を載せていた新聞にまた書かれているのですから凄いモンです.それが,「記事が酷かったので代わりに手本を書いちゃいました.ェヘ」ってな模範解答つきのイチャモンだったから担当者は大変です.あわわ・・・なんてことを・・・

なお,治安うんぬんの話ですが,学者によってもじぇんじぇん違う結論が出てくるありさまでして,まあその変化は(あるにはあるようですが),測り方次第でどうにでもなる程度のようです.海外の例とは違うようですね.

テレビでは柔和な雰囲気を漂わせていますが、やはり只者ではなかったのですね。

>担当者は大変です

これは怖い。新聞記事を書いている人間からすれば、彼は恐怖の赤ペン先生みたいな存在なのかもしれません。ただ逆に言えば、社内にちゃんとそういう指摘を出来る人がいれば、担当者もそこまで大きな恥を掻かなくて済む筈なんですが…。

>まあその変化は(あるにはあるようですが),測り方次第でどうにでもなる程度のようです.

海外に目をやると、治安悪化の方向にはまだまだ相当大きなふり幅が残っているように思うのですが、今のこの時点からこれ以上犯罪の未然予防を大儀にしてどんどん公権力を強めていけば、この先一体どんなディストピアが待っているのかと空恐ろしくなります。それこそ、無職でいるところおまわりに三回見つかったら死刑みたいな未来も遠くはないのではないかと…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/201-6516d89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。