ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺が本気を出せば…」は国民的フレーズ

主将宮本、ショック大〔五輪・野球〕(時事通信)

 アテネに続き、2大会連続で主将の大役を担った宮本。選手としてだけでなく、一塁ベースコーチに入るなど首脳陣とのパイプ役も務めて悲願の金メダルを目指したが、その願いはかなわなかった。
 「今年は五輪を考えながらのシーズン」と、年明けから話していた宮本。前回金メダルを逃した教訓から、「(勝利への)思いが強いところが金メダルを取ると思ってやってきた」。それだけに、最終打者となった阿部の打球が相手右翼手のグラブに収まった瞬間、「思いの強さの差を感じた」とがっくり。3位決定戦についても「いまは何も考えられない」とショックは大きいようだった。

日本が野球でメダルを取ることが出来なかったことは別になんとも思わないが、こういった精神論的な発言に関してはどうしても疑問を抱かずにはいられない。
---------------

もし宮本選手のこの発言を額面通りに受け取ったならば、選手達は試合で本気を出すこともなくそのまま敗れ去ったということになるわけだが、本当にそうなのか?いや、そりゃ其々の選手達がどういった気持で試合に臨んでいたかなんて本人にしか知りようがないので実際の所は分からないが、選手達は其々自分なりに精一杯力を尽くしたものの、それでも負けたんじゃないのか?

幾ら勝ちたいという思いが強くとも、どうしてもモチベーションが上手く上がらないということもあるし、気持が空回りすることもあれば、その思いの強さ故に逆に萎縮してしまって力が発揮できないということもある。まあ負けた理由はそういった精神的なこと以外に幾らでもあると思うし、実力差を「思い」だけで埋め合わせることなんて出来るはずもないが、もし精神的なことを惨敗の理由として挙げるのならば、「選手達が中々上手く精神的にベストなコンディションを作り上げることが出来なかった」と言うべきだろう。でないと「思いの強さの差を感じた」なんて言ってしまったら、「私達は彼ら程には本気でプレーしていませんでした」と言っているのと同じことになってしまうわけで。まあもし仮に彼らが本気でプレーしていなくとも、この国にはそういう本気でプレーしない者達しか代表の座を勝ち取ることが出来る者がいなかったのだから、そしてもし彼らにメンタル面での弱さがあったとしても、そういった弱さを持った者しかその座を勝ち取ることは出来なかったのだから、誰もそれに関して文句を言うことなんて出来ないと思うけど(勿論、監督選考の不透明さなどシステム自体の在り方を批判することは出来るが)。いや、正確には文句を言うことは出来るが、それを言えばただの無いものネダリになるので。結局、手持ちの人材をどう上手く生かすかしかないわけだから。

それはともかく、「思いの強さの差を感じた」ことを惨敗の理由として第一に挙げるということは、「もし思いさえ強ければ自分達は勝てた」ということでもあるだろう。

星野監督「勝った者が強い」=野球代表が帰国〔五輪・野球〕(時事通信)

 空港近くのホテルで記者会見した星野監督は「五輪は難しい。強い者が勝つのではなく、勝った者が強いと実感した」と、考えた言い回しの中に実力では負けていないとの主張を忍ばせた。 

「実力では負けていないとの主張を忍ばせた」とあるように、どうやら星野監督も宮本選手と同じ様に、「実力を発揮していれば勝てた」といった類のことを言いたかったようだ。

だが宮本選手が言っていることは、「思いさえ強く持てば(本気を出せば)、俺達はメダルを取れた」ということだし、星野監督が言っていることは「俺達が本領を発揮すれば(本気を出せば)勝てた」ということだろう。つまりこの一連の発言は、俗に言う「“俺が本気を出せば”発言」に他ならない。

 ***

渡辺会長がWBC指揮官に星野監督後押し(スポーツニッポン)

 渡辺会長はメダルを逃した今回の五輪については「やっぱり韓国とかキューバはハングリー。日本の選手が飽食暖衣とは言わんが、甘ったれているから良い勉強になったと思う」

今回の星野ジャパンの惨敗に於いて「“俺が本気を出せば”発言」をしているのは何も宮本選手や星野監督だけではない。

例えば渡辺氏は、ハングリー精神の足りなさや甘え云々といった、選手個人の精神の持ち方にこそ日本チーム惨敗の大きな原因があったかのような発言を匂わせている。こういった類の論調は、ネット上でちょっと検索を掛けただけでもゾロゾロと出てきたが、結局こういった論調を唱える人達は、今回の日本チームの惨敗に関して、「お前らが本気を出せば(精神的努力を怠らなければ)もっと良い結果が出せたはずなのに、それをしなかったからこんなことになったんだ」と言いたいわけだろう。だがこの「お前ら」という主語を「俺」に入れ替えてみるとどうなるか。すると、「俺が本気を出せばもっと良い結果を出せたはずだが、それをしなかったからこの程度の結果に収まっているんだ」ということになるわけで、正にこの手の論調もまた、「“俺が本気を出せば”発言」と同じ考え方に基づいた内容のものであるということが分かる。

で、今回の件について、こういった選手個人の精神の持ち方にこそ惨敗の最大の原因があるかのような発言をした人達が一体どれくらい居たのかということだが、決してそれは少ない数ではないだろう。つまり、それだけ多くの人々が今回の件で、(主語の違いはあれど)「“俺が本気を出せば”発言」と同内容の発言をしたわけだ。

そもそも、何らかの失敗の原因を第一に個人の努力の程度に求めようとする精神論というのは、元々「“俺が(お前が)本気を出せば(出していないから)”思想」でもあるわけで、そういった精神論的な発言を行うことは、基本的にその都度「“俺が本気を出せば”発言」と同内容の発言をしていることになる。そしてそういった精神論がこの国に於いて如何に多くの者達に支持されているかは言うまでもないだろう。つまり「俺が本気を出せば」というのは、日本という精神論の国の人々にとっての国民的フレーズなのだ。

 ***

「今は駄目な状況にあるが(今回は駄目だったが)、俺が本気を出しさえすれば凄いことができるんだからっ!」※1

こういった「“俺が本気を出せば”発言」は、それを本気で信じているかただの負け惜しみで言っているかはともかく、一般的には「普通」未満の社会的地位しか獲得することが出来なかった社会的失敗者が発する特有の妄言として知られており、その発言は「普通」以上の社会的地位を獲得した者達の間で嘲笑のネタとしてしばしば用いられる。そしてその社会的失敗者達は、そういった「馬鹿げた考え方」を持っていたからこそ、社会的失敗をしたかのように言われる。

だが、例えば今回の勝負では負けはしたものの、その人生に於いて今までずっと勝ち続け、これからもその社会的成功を抱えていくであろう宮本選手や星野監督が「“俺が本気を出せば”発言」をしていたように、そしてその勝負を見ていた渡辺氏やその他多くの社会的成功者がそれと同内容の発言をしていたように、そういった発言は決して社会的失敗者特有のものではないし、そういう「馬鹿げた考え方」を持っているが故に社会的失敗をするのでもない。

ただ同じ様な内容の発言をしていても、社会的弱者はより何らかの事柄に於いて成功することが難しい状況に置かれているが故に、そして社会という集団内で政治的に弱い立場に置かれ、より嘲笑され易い立場にいるが故に、その発言のバカバカしさが際立っているだけなのだ。実際は、精神論的思想が支配的な風潮を持つこの社会では、その常識にコミットしている多くの者達が、社会的に成功したか失敗したか如何に拘らず、その手の発言をしている。それが目立つか目立たないかの違いはあるが。

そして今日もまたこの国では、朝も昼も夜も、社会的成功者が行う取り立てて注目されることもない「“俺が本気を出せば”発言」と、そのポジション故にバカバカしさが際立つ社会的失敗者の「“俺が本気を出せば”発言」が至る所で交錯し合い、こだまし続ける。

それが途切れそうな気配は、今の所ない。



※1 そういや、先の戦争では「俺達が本気を出せば、アメリカだって倒しちゃうんだからっ!」って言ってたな。ほんと、あれだけ痛い目に遭ってもそういった根本的な考え方自体は固持し続けるんだから、ある意味凄いよ。個別の事柄に於いて、そういった考え方を一つ一つしらみつぶしに完膚なきまでに叩き潰されでもしないと変わらないんだろうな、この国の精神論的常識は。

コメント

脳みそ筋肉

> 精神論的な発言に関してはどうしても疑問を抱かずにはいられない

その手の精神論に意味があるのかはともかく,アスリートは最後の勝負で気力が大きく関わってくる事を徹底して教えられるものなのだ.走り高跳びのように,跳躍力だけでなく集中力または運でも結果が大きく変わってくる競技もあるからね.

実際に精神的トレーニングというのは最近重要な要素になっています.アメリカの水泳選手のように実力を殆ど出せないまま終わってしまう人もいますし,しかもそれは多くの人がそういう状態に陥るわけでして・・・.「買ったものが強い」というのはオリンピックで良く使われる(誰のだったっけ)言葉の引用.今までにも幾度となくそういう話はあったのさ.

まあ東条英機なみの「脳みそ筋肉」という見方もできるが,どちらかというと意図的にそう言い聞かせているともいえるわけ.前者で犠牲になるのは一兵士だが,後者では自分自身だ.事情は少々異なる.

まあこれは,どうしても勝たなければならないという特別な人たちの話.これまでも幾度となく精神状態で涙を見てきた人たちの話.私なら,「自分とは違って大変だなぁ」で済ませるし,受け取り方は人によって違うことだろう.ネット上の意見はともかく,アスリートにはそうした事情があるのだ.大目に見てやってくれ.

いや、特定の誰かを批判したいわけじゃなくて…

以下、長文になりますがどうぞご寛容を。

>アスリートにはそうした事情があるのだ.大目に見てやってくれ.

以前の記事のコメントで、Chiariさんは「引用元を明確にする」ことの重要さを説かれていましたが、ここにその難しさがあります。例えば、誰かが新聞の記事に書かれた何らかの言説を批判した場合、その者はその言説に代表されるある考え方自体を批判したくてそれを行っていても、周りからはその者がその新聞社自体やその記事を書いた記者自身を批判しているかのように見えてしまうといったことがよくあります。そしてそれ故に、自らが意図しない対立軸の様なものが出来上がってしまい、その渦中に巻き込まれていってしまう。そういった可能性から完全に免れることが出来るような文章を書くのは中々難しい(少なくとも私にとっては)。今回もそういったケースに当て嵌まると言えるかもしれません。

 ***

私は別に宮本選手や星野監督個人を批判したいわけではないのです(だから、その批判が特定の個人に向けられたものではないというサインとして、そういった考え方は「国民的」なものであるという表現を用いました)。彼らがああいった精神論的な考えを持つようになり、そういった発言をするようになったのは、彼らが外的な圧力に順応し、その要求に応じた結果であるということを想像するのは難しくありません。私が批判したいのはそういった圧力や要求の源となっている、この社会に支配的な風潮や考え方そのものなのです。

彼らが手を抜いてプレーしていたわけではないことは誰もが知っているはずです。そしてそのことは当然彼ら自身もまた分かっているでしょう(勿論、本文に書いたように彼らがふざけてプレーしていても別に構わないと思いますが)。
なのに何故、宮本選手は「私達の思いが足りなかったせいでこんなことになってしまい申し訳ありませんでした」みたいな国民に対する謝罪の弁の様なものを述べなければならなかったのでしょうか。

本来ならば、「確かに惨敗しましたが、それが何か?」「いや~、一生懸命やったんですけどねえ。それでも負けちゃいました、てへっ(;* ̄ー ̄)>」ってな感じのコメントが許されても良いはずです。ですが、そういったコメントをすれば彼らは今以上に叩かれることになったでしょう。ですから彼はああいった謝罪をしなければならなかったし、自分達の精神的な在り方が誤っていたかのように言わなければならなかった。いや、実際彼は自分達の精神的な在り方が誤っていたからこそ結果が出せなかったのだ、と思ったのかもしれませんが、彼がその様に思ったとすれば、それは精神論というこの社会に支配的な風潮や考え方へ彼が順応してきた結果としてでしょう。

何らかの競技に携わる選手に限らず、其々の個人は皆、其々の事柄に於いて芳しい結果が出せなかった時には、その上手く行かなかった結果だけを背負っていけばそれで充分なはずなのです。ところが、精神論的な風潮がその背景に成立している社会では、良い結果を出せた者には大きな賛美と自己肯定が送られる一方、それが出せなかった、ただでさえその芳しくない結果から導き出される負の遺産を背負っていかなければならないその者には、内と外の両面からその者の人格(精神)までもが否定されかねない様な状況が突きつけられることになるのです。

ですから私は、そういった凶悪性を孕んだ精神論というものは、実は普段皆が馬鹿にしている「“俺が(お前が)本気を出せば(出していないから)”思想」そのものであるということを提示することによって、個々人ではなくその考え方自体を批判しようとしたのです。何故、普段は馬鹿にされ勝ちなその言説と同じ内容を持った思想をこういった時だけは肯定しようとするのか、と(ただし、普段からそういった言説を肯定し、それを他者に押し付けるのではなく自分自身に向けるだけであるのならば、それは批判されるべきではないと思いますが)。

 ***

>意図的にそう言い聞かせているともいえるわけ.前者で犠牲になるのは一兵士だが,後者では自分自身だ.事情は少々異なる.

このことに関しては少々異論があります。確かに今回の大会に限って言えば、彼らはただの一兵士でした。ですが、彼らも大会の外では必ずしも一兵士であるとは限りませんし、もし今回の大会で良い結果を出せていれば、彼らは間違いなくその思想(犠牲)を強いる側へと回ったことでしょう。

特に星野監督などは、元々精神論の権化のような人物であると同時に、長年人の上に立つ立場に身置いてきた人間でもあります。彼はその立場で、様々な者達にその思想を押し付けてきたことでしょう。それは今回の大会に於けるメンバー選考にも表れています。例えば彼が選んだメンバーの内の二人は、元々怪我で試合に出場することすら難しい体でした。ですが彼はその二人を選びました。彼からすれば、その怪我を精神力で埋め合わせることが出来るように思ったのでしょう。ですが、その結果彼らは怪我を悪化させ、二人とも疲労骨折するハメになりました。

今回の大会ではその結果が思わしいものではなかったが為に、彼のその選択は誤りであったと認識されるかもしれません。しかし、もし今回の大会で良い結果が出ていればどうだったでしょうか。きっとそれが美談として祭り上げられ、それを根拠にして様々な場所でそういった状況が肯定され、再生産されていたことでしょう。

いや、だからといって冒頭で言ったように、彼自身を批判したいわけじゃありません。何故なら、彼は彼一人で今の彼になったわけではないですし、彼が人の上に立つ立場を獲得したのもまた、彼の力だけではなく、多くの者達の力添えがあったこそそれを得ることが出来たわけですから。

つまり何が言いたいのかと言えば、彼らは決して一方的に何かを背負わせられるだけの者ではなかったということです。そもそも、現実の一部だけを限定的に囲い込んでみれば、そこに於いては何かを強いる側と強いられる側という区別をハッキリと付けることは可能ですが、実際には誰が何を強い、誰に何を強いられているのかという明確な区別が出来ない場合も多いということです。

例えば、今回の大会は普段は何かを要求する性質の強い星野監督も、何かを要求される性質を大きく帯びていました。そして彼にそれを要求するのは「国民」という名の実態のない化け物です。そこには具体的な責任者などいません。幾ら文句を言ってみたところでぬかに釘です。それはただ一方的に影響力だけを及ぼしてくる存在です。勿論細かくそれを観察してみれば、そこには小さな力を持った具体的な個々人が多数いるわけですが、そういった個人は世間という集団を形成しているが故に匿名化されています。そして、その一人一人は小さな力しか持っていませんが、それらが一斉にある一方向へとそのベクトルを向けることで、より大きな力を作り出し、それによって彼に何らかの要求を突きつけるわけです。しかしその一方で、星野監督のような著名人は、そういった世間という群れに対して大きな影響力を行使し、その在り方に介入してきた者でもあるわけです。そしてそうやって形成されたベクトルによる力は、当然ただの一般人にも影響力を及ぼすことにもなるのです。

ですから、そういった複雑な構造を持った力関係に於いて、いちいち其々の個人を批判していてもきりが無いという考えが私にはあるのです。例えば私は橋下徹氏が大嫌いですが、もし彼が何らかの醜聞で失脚しても、今のこの風潮自体が変わらなければ、どうせ次に出てくるのも第二、第三の橋下氏であるのは目に見えているのです。だから特定の個人よりも、世間という群れの在り方を決定付けているであろう考え方こそを批判すべきなのではないかと。私が何かを批判する時は、そういった動機が少なからずあるわけです。いや、そりゃ実際には個人憎しという動機で何かを批判することもよくありますが。

 ***

それともう一つ誤解があるようですが、私は決して精神的なことを軽んじているわけではありません。ですがそれ故に、精神論は否定されなければならないと思っているのです。

その理由の一つは既に書きましたが、例えばスポーツなどに於いては、ストレスの度合いを上手くコントロールすることが重要になってくることでしょう。しかし精神論というのは技術的に言えば、ただひたすら外部や内部から精神的なプレシャーを掛け続けるだけのものであったり、或いはそのストレスの度合いを単純に意思の力によってコントロールしようとするだけのものです。ですがそういった手法を取ることは、過度なストレスを抱くことになって返って本来持つ能力を発揮できなくしてしまったり、上手く結果が出せないことで自分を責め、どんどんネガティブな方向へと意識が向かってしまったり、或いは、ストレスを意思でコントロールしようとすることによって、返って情報がフィードバックしてより大きなストレスを抱かせることになってしまったりするのです(自意識過剰な人間に自意識過剰だと指摘するのと同じ理屈。それを意識することで益々自意識過剰になる)。また、精神論はその手段が目的化することも多く、四六時中ストレスを抱き続けることになったりして、実際に試合を行う時にはもう既に完全に消耗し切っていたということにもなりかねません。

メンタルトレーニングというのは、主にそういったストレスを上手くコントロールする事を目的としたものでしょう。いや詳しくは知りませんが、どちらにせよそれは精神論とはまったく別のものであるはずです。むしろ、メンタルトレーニングは精神論を駆逐、払拭するものであるというのが私の考えです。

メンタルトレーニング

精神論とメンタルは別か.似た言葉だが確かにそうかも・・・.というより,日本のな間と精神論というのは「医療事故がおきるのは気がたるんでいるからだ」レベルで使われる事もありますからね.そういう社会的な(文化的な)相対性が確かにありそうです.

イタリア人やギリジャ人だと精神論も違ったものになりそう・・・.やつらに日本の常識は通用しない・・・.

付記

新井、骨折は「自分の責任。星野さんのせいじゃない」
http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/baseball/npb/news/20080828-OHO1T00111.htm(スポーツ報知)

<以下引用>腰椎の疲労骨折で離脱している阪神・新井貴浩内野手(31)が27日、兵庫・西宮市の鳴尾浜球場でリハビリを開始した。骨折が判明した前日(26日)に北京五輪日本代表・星野監督が、新井のけがについて謝罪したが「すべて自分の責任。星野さんのせいじゃない」と、声高に訴えた。(中略)「6月中旬から折れていたと思う。痛みは変わらない。トレーナーに『もう限界を超えているから休んでくれ』と言われていたのに出ていたので。自分自身が一番悪い」と説明した。<引用ここまで>

疲労骨折した内の一人である新井選手が言うには、北京入りする以前から既に骨折していたそうです。ただ「6月中旬から折れていたと思う。」とあるように、実際には骨折の診断は受けていなかったようで、星野監督を庇う意味合いでの発言といった要素が強いようにも思いますが。

まあどちらにせよ、自分が批判しているのは星野監督ではなく精神論(の押し付け)そのものなので、この情報が論旨に変更をもたらすものではありませんが、一応付け加えておきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/216-5339d072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。