ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区別がつかない

大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする(APFS労働組合)

ところが、本2009年5月末に出社したところ「店に置いていたつり銭の15万円がない。お前のせいではないか」などと中村長一店長に濡れ衣を着せられ、 6月20日付で解雇されてしまいました。同じように「つり銭泥棒」を疑われたベトナム人労働者も同様に解雇されたといいます。とんでもない不当解雇です。また、給料明細などから時間外割増、深夜割増の賃金が未払いであること、強制加入である社会保険にも未加入であったことなどが発覚しました。相談を受けた APFS労組では、7月15日に代表取締役の大島啓二社長と団体交渉を持ちましたが、その席で大島社長は信じられないような暴言を吐き散らしました。  「泥棒かもしれないから解雇した。一ヶ月前に解雇予告したから問題ない」 「残業代や深夜割増賃金は労働基準監督署から指導されたら払う」 「外国人だから保険には入れないのがうちの決まり」 「金を払えというのか。警察にとどけるぞ」  信じられない法令違反、外国人差別、開き直りです。

順法精神が薄い日本の企業の中でもとりわけ外食産業はブラックがデフォルトなので、これが差別によるものなのか、それともどこにでもあるブラック企業一般の問題なのかの区別がつかない。


参考:すき家ゼンショー、告発した店員を告訴「飯5杯盗んだ」(asahi.com)

 店のご飯を無断で食べたなどとして、牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショー(本社・東京都港区)が、残業代不払いで同社を刑事告訴した仙台市の女性店員(41)を、窃盗などの疑いで仙台地検に刑事告訴していたことが分かった。地検はすでに店員を不起訴としており、店員側は「こんな手段で威嚇、報復するのは許されない」と反発している。

国の衰退の原因として「官の腐敗」という要因が取りざたされることは多い。しかし民の側もまたこんなものである以上、「官僚支配」とやらを脱却したところで、それで様々な問題が一気に解消されるなんてことは先ずありえない。むしろ問題とされるべきは「民と官の違い」などではなく、文化や風土(常識)の在り方の方なんじゃないのか。いや、もはや「問題とされるべきだった」と言った方がしっくりくるような気もするが…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/310-ef274644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。