ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのための子守唄(根音ネネ)

「「utau」バージョンも作る予定だった」と言っていた『あなたのための子守唄』のUTAU版をようやく完成させることが出来た。ライブラリは以前に一度試して使えることを確認しておいた「根音ネネ」を使用。

『あなたのための子守唄(根音ネネ)』(2分56秒)

もう嫌な思い出も
もう先の気がかりも
もう邪魔な肩書きも
全て荒野に流しましょう

ゆうら ゆらり
眠りにつきましょ

もう朝の憂鬱も
もう見慣れたあの空も
もう無二のあの人も
全て忘れてしまいましょう

ゆうら ゆらり
すべて捨てましょ

茨の鎧も 諸刃の剣も
あなたを縛る 毒の矜持さえ

もう群れへの憎しみも
もう大事なこの嘘も
もう無駄な生き恥も
大地に還して眠りましょう

ゆうら ゆらり
すべて流しましょう

UTAUの使い方は未だによく分かっていないので、「波打たせる」以外のピッチや「原音の設定」、その他よく分からない機能には一切手を付けず、使ったのは「波打たせる」と音量とエンベロープ、デュレーションだけ。このソフトは、いつものように自分で色々触ってみて挙動を確かめることによって使い方を学んでいく、というやり方はちょっと厳しいかもしれない。使い方を覚えるには、解説ページでも探して読むしかないか。昔は、例えばゲームを買ったりなんかしたら、説明書を端から端まで読んで使い方を完全に把握してからゲームを始めるタイプだったのだが、歳をとってからはいつの間にか、取り敢えず動かしてみる派になっていたという。単に未来がないから行動が投げやりになっただけかもしれないけど。

しかし、UTAUの入力作業も相当面倒だったが、全ての工程で一番時間が掛かったのはやはりミキシング作業。今回は前回のようにミキシング迷子に陥るほどの混乱はなかったが、結局一週間くらい、ミックスからマスタリング、マスタリングからまたミックスへという作業を延々と繰り返し、ようやくそこそこ納得のいく形になった。多分プロだったら一時間くらいで全て済ませてしまうんだろうけど、自分はそれだけの腕が無いので、ひたすら一つずつ問題のある箇所をつぶして行くしかない。それに、基本的にミックスは出来ればある程度期間を置いて寝かしてみた方がいい。そうすると耳がリセットされ、それまで気づかなかった問題にも気づき易くなる。

まあそんなわけで今回は時間もかけたし、前回のものを手がけた後に色々学んだこともあって、ある程度納得のいく出来にはなったが、ただ一つ心残りがある。それは「根音ネネ」に対するコンプの掛け具合。これはこのライブラリ特有のものなのか、それともutau用ライブラリ一般における特徴なのかは分からないけど、そのままだと音がけっこう横に平べったく広がっていて、定位がぼやけてしまう。だから定位をハッキリさせるためにはある程度コンプを掛けなければならないのだが、コンプを掛けて定位を絞ろうとするとその分だけ音が硬くなってしまう。一般的には、(もちろん、本物とサンプルでは扱い方が異なるだろうけど)ヴォーカルにコンプを掛ける場合は極力音が変化しない掛け方をすべきだということになっていて、尚且つ今回は余り音を硬くしたくなかったということもあって結構緩め掛けたのだが、今聞くとやはりもう少しスマートにした方が良かったかなあ、という思いもある。

あと相変わらずよく分からないのは、音との距離の作り方。普通にやっていると、どうしてもスピーカーに張り付いたような音になってどうも気持ちが悪い。Omnisoneみたいなツールに頼る手もあるけど、いつまでもそういうものに頼ってばかりいるのもどうかと思い、今回はそれを使わなかった。でもどうしても上手く距離を作れないので、最初はセンド・リバーブだけで何とかしようとしていたのを、インサートも使うように変更。とはいえ、全てのパートにインサートするにはマシンスペックが足りないので、「根音ネネ」以外のパートはインサート用トラックを作って全てそこにまとめた。こうするとリバーブ後の個別パート調整が出来なくなるが、まあ仕方がない。しかし、基本的にはリバーブは特殊な効用を得る場合以外はセンドで使うべきだとされているのだが、他の人は本当にセンドだけで距離を作っているのだろうか。

まあどちらにせよ、これを刺せばある程度距離を作り、尚且つクリアでありながら適度な湿り気を帯びた音を作れる、なんて都合の良いものはないと思うので、結局EQとコンプとフェーダーとリバーブの兼ね合いでそれを作り出すしかないんだろうけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/387-ff8d48df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。