ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増殖する「弱者の報い」の伝道師

自分は弱いからこうなって苦しんでいるそして世間はその苦しみを、弱さを克服しなかった人間が受ける当然の報いなのだと言う。それは「正しい」ことなのだと言うその状況に対して異を唱える者も結局はそれを変えることが出来ず、全く無力である力を持たない「正しさ」に一体何の意味があるのか?「正しさ」とは、実際に起こってくるこの状況そのものなのではないかそう、弱さを克服しなかった人間に報いとして苦痛がもたらされるのは、そういう状況が成立している以上「正しい」ことなんだ。私がこうやって苦しみ続けているのも「正しい」ことなんだ。だから私はこの「正しさ」を伝道する。

暴力が立場の弱い者、力なき者に向けられるのは、必ずしも物理的要件だけではなく、こういったある種の道徳(∈宗教)観を熱心に伝道して回る者が沢山いるから、ということもあるのではないか。そしてその伝道師達によって報いを受けた者が、さらに新たな伝道師となってまたその教えを他の者に伝道していく。そうやって鼠算式に伝道師が増殖していった結果生み出されたのが、この自己責任社会なんじゃないかと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/396-15de5d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。