ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立と依存は対立する概念ではない

 ▼「自立」の中身は持続可能な依存

他人や環境に依存せずに生きていくことが出来る人間はない。それは「自立」というブランドを獲得した人間にも言える。その「自立」という状態は、運や資源、社会システム、文化、宗教、慣習、道具、情報、思想、コミュニケーション様式、社会的趨勢/情勢、肩書き、集団/組織、コネ/人脈、マッチング/タイミング、欺瞞など、様々なものに上手く依存することができて初めて成立する。
-----------------------------------------------

「自立」とは、生活環境を将来に渡っても持続させることが可能であるような良好な依存状態のことを意味し、一般的に言われる「依存」とは、将来にはその生活が破綻することが確実視されるような持続性のない依存のことを意味する。

即ち、人間生活における自立/依存とは、それがより良好であるか否かの違いはあれど、どちらも内容的には依存には違いなく、決して対立する概念ではない。従って自立問題の核心は、持続性に問題がある不都合な依存状態を持つ者が、如何にして持続可能でより良好な依存状態を獲得するか、というところにある。

そして依存は一人だけでは為しえない以上、その問題は決して「個人の問題」には収まらない。さらに言えば、もし自立を獲得した者がそれについて語るならば、私はどのような形でどのようなものに、どうやって依存してきたか、ということを語らねばならない。

 ***

だが実際には、自立と依存は恰も対立する概念であるかのような前提でもって話が進められることが多い。そしてそこでは、前者が善で後者が悪であるかのようにして取り扱われる。だがその時そこで行われている自立議論は、もはや内容を度外視したただのブランド論議であり、各々が獲得した概念上のシンボルの見せ合いっこでしかない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/468-640ec920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。