ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T-RackSのEQP-1Aについて少し調べてみた

T-RackSのEQP-1Aは増幅と減衰を同時に行うことができるのだが、これは一体どのように機能しているのか。ちょっと調べてみた。

EQP-1A.png

--------------------------------------------
mdaTestToneでピンクノイズを鳴らし、その後にEQP-1Aを挿してそれがどのように変化するかを見てみる。下の画像はEQP-1Aを挿す前のもの。

span.png
 
 <低域のブースト>

先ずはブーストについて見てみる。こんな風に、下の帯域(20Hz)から順にブーストしていく。
20bs.png

▼20Hz-boost
20bs_span.png

▼30Hz-boost
30bs_span.png

▼60Hz-boost
60bs.png

▼100Hz-boost
100bs_span.png


 <低域のアッテネート>

次にアッテネート。今度も同じように、下の帯域から順にアッテネートしていく。
20at.png

▼20Hz-atten
20at_span.png

▼30Hz-atten
30at_span.png

▼60Hz-atten
60at_span.png

▼100Hz-atten
100at_span.png


 <低域のブースト&アッテネート>

そして本題のブースト&アッテネート。これもまた下の帯域から順に行っていく。
20bs-at.png

▼20Hz-boost&atten
20bs-at_span.png

▼30Hz-boost&atten
30bs-at_span.png

▼60Hz-boost&atten
60bs-at_span.png

▼100Hz-boost&atten
100bs-at_span.png

ここでもう一度、100Hzのブーストとアッテネートを見てみる。
▼100Hz-boost
100bs_span.png

▼100Hz-atten
100at_span.png

これを見る限り、ブーストしながらアッテネートすると、其々ブーストによって持ち上げられた一番上の方の帯域を中心として、その周辺が減衰されているように見える。こういった機能は元々どのような用途を想定して用意されたものかはよく分からない。だが一例としては、キックやベースをもっと強調したいが、ヴォーカルの帯域までは強調したくない、といった場合などには結構役に立つように思う。

 ***

 <高域のブースト>

せっかくだから、高域のブーストがバンド幅をいじることによってどのように変わるかも見てみる。
5kbs-bw0.png

▼5KHz-boost-BW0
5kbs-bw0_span.png

▼5KHz-boost-BW10
5kbs-bw10_span.png

BANDWIDTHは低域・高域共有で、アッテネートには影響を及ぼさない。個人的には其々別々にバンド幅を調節できた方が良いと思うのだが、それが出来ないのは恐らく実機に準じてのものなのだろう。

因みにこのプラグインもまた、挿しただけで音が少し変わるタイプ。

▼挿す前
span.png

▼挿した後
insert.png

いまいち分かりづらいかもしれないが、EQP-1Aを挿すと10KHz以上がかすかに持ち上げられ、それと同時に100Hzあたりが少し持ち上げられ、さらに超低音が少し削られる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/499-b9fa77e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。