ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPER4がついにリリース

早速購入したが、円高のお陰でたったの\4733($60)だった(――購入後しばらくしてから日銀がドル買いの介入を行ったというニュースをやっていたので、この記事を投稿した時点ではもう少し高くなっているかもしれない)。

オーソライズはキーファイル方式。メールで送られてきたコードをコピーし、それを適当な場所にテキストファイルとして保存しておくと、初回起動時に勝手にそれを探してレジストしてくれる。HELP→License and User Agreement→Purchaseからキーファイルの場所を指定してレジストすることもできる。

因みに、デフォルトだとタイトルバーにライセンス契約を結んだユーザーの名前が表示されるのだが、このユーザー名というのが、ライセンス購入時に使用したカードの名義がそのまま用いられてしまうため、例えば自分のように父のデヴィットを借りて購入した場合、真上に父の名が表示されてしまったりする。

↓デフォルトのままだと、ここに名前が表示される
licensed.png

まあ、HELP→License and User Agreement→Purchaseで「Hide registerd name main titlebar」にチェックを入れると非表示にはなるのだが、どうも気持ち悪い。Garritanなどのように、一旦ベンダーのサイトでユーザー登録するタイプのものは、キーファイル発行前にユーザー名を自分の名前に変更して登録し直せば、キーファイルも自分の名前になるのだが…。
-------------------------------------

それはともかくとして――REAPER4のデフォルト・テーマはこんな感じ↓
default.png

見ての通り、トラックやミキサーは幾つかのタイプの中から選択できるようになっている。全体的な見た目に関しても、今までのイナたさは払拭され、かなり洗練されたデザインになってきたように思う。ただ、アイコンはv3やv4αの方が良かったかなあ…(左がv3で右がv4)。
REAPER-icon.png

v4になってどのような機能が新しく追加されたのかはまだよく分かっていないが、見た目で真っ先に興味を引くのは、デュアルパンが追加されたこと(ノブの上で右クリックからデュアルパンモードの選択ができる)。これは結構大きな変更のように思う。まあ実際には余り使う機会は無いかもしれないが。迷子になりそうだし。

さらには、ステレオパンというものも追加された。こちらは初心者にとっても結構実用的かもしれない。例えば、どうも音が横に広がりすぎているように思ったなら、いちいちプラグインを挿さずとも、これで即座にステレオ幅を狭めることができる。また、-100Wにすれば、左右の音の位置を逆転させるようなことまでできてしまう。これは単にパンを振るのとは全く違った効果が得られるので、ミックス時の可能性も広がりそうだ(いちいちノブを右クリックしなくても、File→Project Settings→Pan modeで設定すれば、最初から意中のパン・モードでスタートできる)。

↓左から、デュアルパン、ステレオパン、ステレオバランス/モノパン(デフォルト)。
dual-pan.png

他には、プレイスピードを変えても自動的にピッチをある程度保ってくれる機能がついたのはかなり大きいと思う。この機能が付くことを待っていた人は多そうだ。
preserve-pitch.png

あと、サラウンド環境を持っていない人にとっては余り関係ないが、ReaSurround というサラウンド用のマルチチャンネル・プラグインが追加された。これは映画音楽のようなものを作っている人にとっては大きな福音になるかもしれない。

残念ながら、日本語環境に特有なI/O画面の欠落は直っていなかった。ううむ…。
ketsuraku.png

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 
その他、詳細な変更点は以下の通り(公式ページの「Version 4.0 Changelog」より)。  

MIDI editing:
・Set user-definable scales and chords in the MIDI editor for drawing and editing notes
・Using mouse modifiers, copy/duplicate/paste actions can create pooled (ghosted) in-project MIDI source data
・Editing any pooled MIDI media item affects all media items that share the same pooled data
・Un-pool shared MIDI by gluing the media item or via MIDI source properties dialog
・New MIDI Contents menu for switching MIDI editor between different MIDI media items in the project
・MIDI filter improvements when displaying multiple media items in the same editor
・Many new mouse modifier behaviors to paint notes and chords, edit arpeggios, etc

Mouse modifier customization:
・Customize mouse behavior when using keyboard modifiers in 40 different contexts
・In many contexts, mouse click and mouse drag can be customized separately
・Assign different behaviors to the mouse when over the top or bottom half of a media item
・Assign any action (including custom actions) to mouse click or double-click in most contexts
・Existing/legacy mouse preferences are preserved, but user changes to mousemap settings will override
・Actions to reassign default mouse action for any context

Theme layout support:
・Fully themeable UI, allowing repositioning/removal/addition of UI elements
・Per-track TCP/MCP layout support
・Screensets support saving/restoring layouts
・Old themes use default layouts available in Plugins/default_layouts.txt
・New themes can define their own layouts
・Layouts can be switched via menu, screensets/layouts dialog, or customizable actions

Media Explorer:
・Select a portion of a media file to insert into a project
・Optionally loop and/or stretch the selected portion to fit the destination area and tempo
・Scroll and zoom the media peaks preview
・Control+alt drag the time selection to render a new cropped file to REAPER, the desktop, or a folder
・Control+alt drag the time selection to sampler plugins or other applications that support drag/drop

Project Bay:
・Manage, preview, search, replace project source media, media items, and FX
・Manage media item groups and take comps for the project
・Save/load project bay contents to create working sets of source media/FX for different purposes
・Store sets of edited media items (including fades, stretch, pitch shift, etc) to use in any project
・Media and FX+preset combinations can be stored, inserted, and switched in the project

ReaSurround:
・Multi-channel surround panner with support for any number of input channels and speakers
・Freely position input sources and speakers in 3D space
・Configurable per-channel diffusion (treat input source audio as a shaped area rather than a point)
・Drag track IO button to ReaSurround to add new input sources

Take lanes and comping:
・Take lanes remain aligned by recording pass, creating empty lanes as needed (optional)
・Each recording pass gets its own take lane, even when recording overlaps existing items
・Recording no longer splits existing media items into different numbers of take lanes
・Save/load named comps (sets of takes from multiple media items)
・A/B or cycle through saved comps to audition/compare

Dockers and toolbars:
・Multiple dockers, freely dockable in main window or floatable (up to 16 separate dockers/toolbars)
・Drag tabs from a docker to rearrange tabs, create a new docker in another location, or float windows
・Create, customize, and freely dock or float toolbars for different uses

Envelope editing:
・Support for copying envelope points with the mouse
・Groups of selected points act like contiguous items when moving or copying
・Shift+control+drag on envelope segment (customizable) edits the envelope level within the time selection

Media Item Properties:
・Item/Take Properties dialog stays open while you work elsewhere, follows changes in selected items
・Pitch adjust and playrate fields accept values (such as "1.004") or simple operations (such as "x2")

Multichannel support:
・Allow choosing greater than 2 channels of sequential inputs, monitoring inputs
・Multichannel track meters
・Freely route any number of track channels to other tracks, hardware outputs

Render and batch-convert:
・Support for rendering project tracks and time regions to separate folders and files
・Customizable wildcards provide great flexibility in naming batches of rendered/converted files
・Save render presets for workflow efficiency

Time selection:
・Default copy/cut/glue actions respect time selection if there is one (including leading/trailing space)
・Using mouse modifiers, copy/move behaviors can respect time selection if there is one
・Editing behavior can be customized separately for media items, envelope points, MIDI editing

Track input FX chains:
・FX in the input FX chain only run when record armed, and only affect the signal coming in
・use MIDI or audio input, and can be set to output MIDI or audio independent of the input format

Track pan improvements:
・Track stereo width controls and envelopes
・Configurable track pan modes: balance, stereo pan (L/R + width), dual pan, and classic (3.x) balance

Pitch shift envelopes:
・Each take has its own pitch shift envelope, including customized range and snap settings

Transient detection and dynamic split:
・separate threshold and sensitivity settings, and other options

Video:
・performance improvements, support for sequencing still images

Volume faders:
・new default hardware-emulation fader taper


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/511-426309f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。