ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラグインは必ずしも新しいバージョンの方が良いとは限らない

IKのEQP-1Aをv3.51にアップ・デートしてみたところ、音が極端に変わっていて驚いた。それも悪い方向に。普通に使っている分にはよいのだが、Dry/Wetで何%かだけ混ぜるという使い方をすると、今までと比べてやたらと音が遠くなり、色が付きすぎるようになってしまった。

何故そうなったのか。恐らくそれは、新しいバージョンでレイテンシ問題が大幅に改善されたからではないかと思っている。つまり今まではレイテンシが結構大きかったので、何%かだけを混ぜるという使い方をする際に原音の方が勝り、偶然にもEQP-1Aが元々持っている色が極端に付きすぎないようになっていた。それが皮肉なことに、レイテンシ問題が改善されてしまったことによって、EQP-1Aの色の方が原音より勝るようになってしまった、と。そういうことなんじゃないかと推測している。というわけで、常にwet100%で使用する人にとってはレイテンシの改善は良きことだろうが、今まで何%かだけを混ぜるという使い方に慣れ親しんできた自分は、結局新しいバージョンを入れて直ぐに元のバージョンに戻した。

他にも、これはあくまで印象で断定はできないが、IIEQ Proがv3になってから、REAPER4上でオートメーションを用いた際に(あるいはポイントを増やした際に?)、前以上に早い(CPU消費が軽い)段階で音がブツブツいいだすようになってしまったような気がする。まあオートメーションを沢山増やすと不具合が出てくるというのはREAPERが前から抱えている症状なので、果たしてこれがIIEQ Prov3のせいなのかどうかはハッキリとはしないのだが。ただ、再生中にポイントを弄ると落ちやすくなったというのは実際にあると思う。恐らくこれは、ワンクリックでポイントを作ることができるようになったことの副作用なのではないかと疑っているのだが。なので今は、対処療法としてv3に加えてv2も入れ、バターワース・フィルタを使わない場合は極力古い方を利用するという方法を取った方がよいかもしれないと思っている。

こんな風に、バージョンアップは必ずしも全ての面において良い結果につながるとは限らない。そしてそういう状況に遭遇すると中々厄介だ。何故なら、それ以降は新しいバージョンを使うと問題が生じるが、かと言って古いバージョンを使うと新しいバージョンの利点を利用できなくなる、というジレンマに陥ってしまうからだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/526-2f609255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。