ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一億二千万の一神教

放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本 - Togetter

これは「皮肉だと分かっていない」が故の反応だということになっているようだが、むしろ「皮肉の核心部分だけを受け取った」からこその反応と考えた方が妥当なのではないか。

皮肉は誰かに何らかの内容を伝えるために存在しているのではない。(罵倒ほど直接的ではないにせよ)それは言葉に悪意を乗せて誰かにぶつけることを目的として存在している(内容を伝えることが主なら皮肉る必要はない。むしろ対立を煽り、場が荒れ易くなる皮肉は邪魔なだけ)。要するにこれは、不特定多数に向けて悪意を投げつけたら不特定多数から悪意が返って来た、というただそれだけの話だろう。ただ、思わぬ場所にいる人達がそれが持つ悪意だけを、つまり皮肉の持つ核心部分だけを受け取ってしまい、予想外の方角からそれに罵倒で応えてきたと。
----------------------------------------

 ▼「正しい感覚」を持たぬ者は叩き潰されて当然、という風潮

それよりも自分が問題だと思ったのは、「放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本」を皮肉であることに気付かなかった人間が、それだけの理由で見世物にされ、バカにされ、こきおろされていることだ。

彼らがこきおろされているのは皮肉に罵倒でもって応えたからではない。というのも、罵倒でもって応えたのはここに掲載されているうちの3人だけで、後の7人は単にセリフを額面通りに受け取っただけに過ぎないからだ。実際にコメントを見ても、いきなり見ず知らずの人間に罵りにかかることを問題視するよりも、「皮肉だと分からない」という部分に焦点を当てて対象をこきおろしているものの方が圧倒的に多い。

こーゆーツイートやめてほしい。 RT @rinkoro0503: 放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本
mememechama 2011/09/19 21:33:24

(゜o゜)差別しなくてもいいと思うよ、放射性物質を恐れるのは正しいけど。 QT @rinkoro0503: 放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本
nonchat 2011/09/19 21:56:04

さらに言えば、この二人はこのツイートだけを見る限り、皮肉だと気付いていながら敢えてこういったコメントをしていた可能性もある。後者などは、見方によっては皮肉に皮肉で応えたという可能性すら考えられる。しかしここに掲載されているということは、皮肉が通じない(皮肉に素直に付き合ってくれない)人間として晒されているということだろう。

つまり、このまとめで掲載された者達は、「いきなり見ず知らずの人間を罵りにかかる人間」としてピックアップされたわけでなく、皮肉であると気付かない人間、或いは皮肉というノリに素直に乗ってくれない人間という枠組みでピックアップされ、晒し者にされている。そしてそこでは、「放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本」が皮肉であると分かる「正常な感覚」を持つ人間と、それが皮肉であると分からない、或いはそのノリに素直に乗ってくれない「異常な感覚」を持つ人間という選別が行われた後、前者による後者へのリンチが行われている。

要するに、少なくともここに掲載された7人は、単に趨勢から外れる感覚の持ち主だというそれだけで晒し者にされ、こき下ろされている。

もちろん、全ての人間が自ら積極的にそのリンチに参加しているわけではない。しかしながら問題なのは、これだけの人数がいてそのリンチに苦言を呈する人間が殆どいなかったということだ。差別への問題提起に端を発して生まれたこのような場でそういった状況が作り出されるというのは、それこそ皮肉な結果というしかない。

 ▼一億二千万の一神教

【初音ミク】放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本

放射能が怖かったりボランティアに行かなかったり福島の野菜を買わなければそれだけで差別をしたことになるらしいが、その一方で単に感覚が趨勢からずれているというそれだけの理由で行われるリンチは全く問題にされない。

このアンバランスさがどこから来るのかと言えば、それは結局のところ差別という概念がどのようなものであり、何故それがいけないことなのか、というような理念や原理が社会的合意として外部に蓄積されていないからだろう。故に、私が差別だと思うものが差別であり、そう思わないものは差別ではない、というような感覚原理主義に陥らざるを得ない。

そして何故そういった蓄積が行われないかと言えば、それはこのまとめや日々行われるメシウマ祭りを見ても分かる通り、日本人というのはお互いにお互いを隙あらば叩き潰してやろうと目論み合うような信頼の置けない敵の集合体だからだろう。故に、社会的合意は一切できず、外部への蓄積も為されず、ただその時々の感覚的趨勢によって右往左往することになる。実際ここで主に話題になっているのも、どのような感覚が正常か、ということだ。

日本人の中には一神教を信仰していないことを誇りにしている者も多い。だが実際には、日本は多神教国家というより、むしろ自分の感覚に真理を見出す一神教徒の集合体であると見た方が妥当なのではないか(「八百万の神」は、真理である自分の感覚が神と思えば何でも神、というだけのことだろう)。しかし同じ感覚を持つ者は誰一人としていない。それ故必然的に、常にその感覚が生み出す真理と真理がぶつかり合うことになる。

 ***

要するに、外部に蓄積された教義やその解釈、ロジックを理由として争うか、自分の感覚が生み出す真理を理由として争うかの違いがあるだけで、日本人もまた一神教徒であることには変わらないのではないかと。そして感覚が生み出す排他的真理の競合により、利害や理念や思想の対立以前に、ただ少し趨勢から外れる感覚の持ち主だというただそれだけのことで見世物小屋に放り込まれ、民衆から石が投げつけられたりする。それだけの排他性を持っているわけだ、日本社会は。

日本における議論が皮肉や罵倒やレッテル貼りに終始することが多いのも、結局のところ、ロジックよりも感覚的趨勢の方に重点が置かれているが故のものなのではないか。「頑張ろう日本」にしても、元々「(私の感覚が想起する真理としての)日本のために役立てよ、そうでない奴は非国民とみなす」くらいの意味でしかないだろう。「日本」が空っぽの器――個々人が好きなように中身を思い描くことができる――であるが故に、そこまでは総論として社会的合意が出来るという。

何にせよ、多神教国家である日本は寛容、などというセリフは白々しいことこの上ない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/527-7064d5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。