ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「立派な社会人」への登竜門×整合性に囚われるほど死に近づく

【速報】 ついに女子のホンネがばらされる!! - Togetter

好きという感情なしで体の関係になる男を理解できないのと同様、別に好きでもない、けど嫌いでもない男と平然と付き合っていける女性の心理は理解できない。
Takuice 2011/10/26 23:07:31

男性の浮気を痛烈に批判しつつも、しっかり男をいくつかキープしている女はずるいよ。。
Takuice 2011/10/26 23:09:52

可愛い子ぶってる女の9割9分は全員意図的。っていう中学のときに、妹にいわれた事は的確だと最近気づき始めている(気づきたくない)。
Takuice 2011/10/26 23:18:21


はてなブックマーク - 【速報】 ついに女子のホンネがばらされる!! - Togetter

はてブではこのまとめは随分と評判が悪いようだが、実際就活では男女問わずここでカリカチュアライズされた≪女≫を演じることが求められ、一種の競技としてそれを競い合うことになる。企業という名の≪男≫の前で。だから就活は気持ち悪い。

「男が何を考えてるかわからない。。」っていう女性は、別に男が何を考えてるか知りたいわけではなく、どうやってコントロールするか方法を考えているだけ。だってさ。。
Takuice 2011/10/26 23:38:43

で、そこで勝ち抜いて立派な≪女≫になった人間は、「近頃の若者(ゆとり)が何を考えてるかわからない。。」とばかり言っているわけだが、実際にはその者を「どうやってコントロールするか方法を考えているだけ。」でしかないという。

女は演技が上手い。って言っている男ほど、どこまでが女の演技なのかわかってない。彼女らの頭の回転は、そういうレベルではない。サッカー選手がピッチ上で、頭で考えず瞬時に的確なパスを出すほど鋭い。(しかも、すべて自動)Takuice 2011/10/26 23:28:44

そして「頭で考えず瞬時に的確なパスを出す」能力がなく、≪女≫であることの競争に敗れた人間は自分みたいになる。

つまり、「立派な社会人」であることを善きことであるとするなら、当然そのための登竜門となっている≪女≫であることの競い合いもまた善きことであるということになるはずだ。ところがここでは、「ずるい」「理解できない」に象徴されるように、それが恰も悪であるかのような前提で話が進められているように見える(この説に対する怒りもまた、ここで示された≪女≫像が悪しきものであるという前提を持っているが故のものだろう)。ではここにいる人達が「立派な社会人」に問題を見出しているのかといえば、そうでもないだろう。そこら辺の整合性のなさがどうも気になる。

まあこれは、「善良な市民」であるためには「立派な社会人」であるだけでは駄目で、それと同時に二重思考もまたしっかりと身につけていなければならない、ということなんだろうけど。いや、皮肉でもなんでもなくて。

 ▼整合性に囚われるほど死に近づく

慣習には不合理がつきものだし、どのような社会システム、社会運動も常に大儀や内容に大きな欠陥を抱えながら存在している。故に整合性に囚われる者は枠組み側から、自らに仇名す者、或いはその可能性を持つ者としてみなされることになる(つまり「善良な市民」ではなくなる)。となれば当然、その者がその環境で地位を維持し続けることは難しくなるだろう。

また、外面的には上手く装っていても、整合性に囚われ始めるとそもそも当人の内部におけるシステムの動きが円滑さを失うことになるので、どのみち状態を持続するのは難しくなる。いや、実際には持続性に問題が出てきたからこそ整合性のなさに目が行くようになるだけなのだろうが。

何にせよ、整合性に囚われれば囚われるほど、それだけ死に近づくことになるのは間違いないだろう。「命あっての物種」で言い表されるように、持続が失われれば持続ゆえに存在するそれの整合性の問題自体もまた消滅してしまう。故に整合性の優先順位は常に持続の後に来る。

世の中、そんなバカな!と思うことは多いが、実はそれもまた持続の秘訣だったりするわけだ。そもそも整合性の問題を突き詰めて考えると、人間社会の再生産自体を否定しなければならなくなるわけだし(人間社会で正当性の根拠とされることの多い自由意志による自己決定や、それを前提とする契約概念、道徳論理などは全て欺瞞。むしろそれを踏みにじることでしか人間社会は持続できないし、また再生産することもできない)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/538-d877027e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。