ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生時は問題ないのに、書き出すと音割れする問題

REAPER上で普通に再生している時は問題ないのに、書き出すと音割れしている、ということがあるとしたら、その原因はこれかもしれない。
---------------------------------

下の画像は、REAPERでサイドチェインを行ったりする場合にに用いるParameter Modulation画面(有料版にのみ付属)。見ると分かるが、入力が0dBを超えている。



こういう状態でwavに書き出すと、再生時には問題がなくとも、書き出し後のファイルで音割れが起こってしまう(再生時に音割れが起こらないのは、Track mixing bit depthがデフォルトだと64bit floatだから?)。こういった現象は、他にもJSプラグインを挿した場合などにも起こり易い。もちろん、他のプラグインでも内部で0dBを超えてしまえば同じことが起こるだろう。

ミキサー上では0dBを超えていなくても起ってしまうということ、そして再生時には問題がない、というのがこの現象の特徴で、それがちょっとした罠になってしまっている。

例えば、何も考えずにアイテムをノーマライズし、EQを挿してブーストし、さらにその後にJSプラグインを挿したりすると、そこで0dBを超えてしまう可能性が出てくる。コンプなどでメイクアップした後にプラグインを挿す場合などにも注意が必要だ。

対策としては以下のようなものが考えられる。

  • 安易にノーマライズしない。もしノーマライズした場合、もしくは元々アイテムの音量が大きい場合は、アイテム・ヴォリュームである程度入力ゲインを下げる。


  • コンプでリダクションした際に行うメイクアップ・ゲインは、(FreeGなどを使って)出来る限りスロットの最後の方で行う。

  • JSプラグインやモジュレーション機能を使う場合は、必ず入/出力が0dBを超えていないか確認する。

これらに気をつけていれば、この罠を避けることができるだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/550-77c0c9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。