ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sleepy-Time RecordsのM/S対応VUメーター「STEREO CHANNEL」

このVUメーターはGUIが綺麗で見やすくてよいと思う。しかも、「OPERATION」の上の切り替えスイッチによって、左右のメーターをL/RからM/S表示に切り替えることも出来る。

sleepy_time_sc1.png

デフォルトでは0VU=-18dBFSだが、「NOMINAL LEVEL」項目で0VU=-24~-6dBFSの範囲で変更が可能。

入手は以下から。
StereoChannel - Stereo Gain Staging/Balance VST- Cockos Confederated Forums
---------------------------------

このプラグインは他にも、Left/Right/Mid/Sideごとのミュート機能、左右のチャンネルの位相反転と入れ替え、L/R、M/Sごとの音量バランス・コントロール機能など、様々な機能を備えていて、ただのVUメーターの範疇を超えている。他にも、「CENTER X-OVER」ノブでは指定した帯域――0~500Hzの指定が可能――以下のSide成分をなだらかに削り、モノラル化することができる。

応用としては、同じ素材を読み込ませた二つのトラックを用意し、其々にこのプラグインを立ち上げ、一方でSideをミュートし、もう一方でMidをミュートすれば、M/S分離処理をすることも可能。

またこのプラグインには、GUIから直接操作することは出来ないが、GUIを非表示にすることで設定が可能な項目もある。

sleepy_time_sc2.png

「Yellow/Red LED Level」では、黄色LEDや赤色LEDが点灯する音量レベル、「Yellow/Red LED Hold」ではその点灯を維持する時間を設定することができる。「Phase Correlation Timing」では、GUIの下の「STEREO CHANNEL」ロゴの右にある位相相関メーターのバーの振れる速度を設定することができる。他にも「Balance Law」「Balance Compensation」といった項目があるが、これはどうも挙動が不安定な感じなので、余り触らない方がよいかもしれない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/584-809ee69f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。