ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「REAPERに関する覚書」の補足

<追記(2010/2/23)>この記事には一部誤った情報が含まれています。この記事では「midi受信用トラック」を作成することがあたかも必須条件であるかのように書かれていますが、実際は態々「midi受信用トラック」を作成せずとも、「RecIn」(トラックのスピーカー・マークの部分)をオンにするだけでVSTを読み込んだトラックにmidi情報は読み込まれ、問題なく演奏されます。この情報の誤りは、コメント欄でのTR氏のご指摘によって判明いたしました。「midi受信トラック(或いは子トラック)」の作成は、一つのVST(特にsfzに読み込ませたセット物のフォントなど)に複数の任意のチャンネルからデータを送って演奏させる場合(その分だけ「受信用トラック/子トラック」を作成する)や、sfz複数起動による爆音の回避にのみ力を発揮します。以前にこの記事をご覧になられた方には、誤った情報で余計な混乱を招かせる結果となってしまったことを、謹んでお詫び申し上げます。尚「子トラック」に関しては、「REAPERのフォルダ機能」をご参照下さい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「REAPERに関する覚書」では、

「例えば、三つのVSTiを同時に
シーケンサ側から演奏させるには、
シーケンサからmidi信号を受信する為のトラックと
VSTiを演奏する為のトラックを合わせて、
その倍の六つのトラックが必要になるということです。」

と書きましたが、もっとスマートな方法が見つかりました。
「MIDI Channel Filter」というVSTを使う方法です。

◎MIDI Channel Filter 
入手先→http://www.niallmoody.com/ndcplugs/ndcmidi.htm

midif20070422.jpg

使い方は簡単。

先ず、midi受信用トラックを作って
「MIDI Input」を「All Channels」に設定。
後は、それぞれのVSTi演奏用トラックにこのVSTをセットし、
受信したいチャンネル数を入力するだけです。

勿論、VSTi演奏用トラックの数だけこのVSTをセット
しなければならなくなるので、その分だけ重くはなりますが、
その負荷は微々たるものなので気にすることもないでしょう。

まあ、こんなことはDAWに明るい賢明な人達なら
とっくに気付いていただろうけど。

自分もあの記事を書いた時に、midiフィルターの役割を
果たすVSTがあればもっとスマートに事が運ぶかも…、
ということはなんとなく気付いていました。
ただ、あの時はそんな有るか無いかも分らないものを
探す気分ではなかったので、結局それを探索するという
具体的な行為にまでは至りませんでした。
物凄く気分に左右される奴なんで。

ただ、今ちょうどREAPERで
例によって短い曲を作っているのですが、
その際にトラックがガンガン増えていい加減鬱陶しく
なってきたので、midiフィルターの役割を持つVSTを
探してみると、意外なほど簡単に見つかりました。

こんなことならさっさと探していりゃ良かったのに。

まあ、今迄は一度に沢山のVSTiを使用する曲を
作る機会がなかったので、その必要性自体
余り感じていなかったということもあるのですが。

それから、覚書では
「channel1でしか動作しないVSTiがあるので注意」
と書きましたが、同じ開発元から配布されている
「MIDI Channeliser」を使えば、他のチャンネルを
強引に任意のチャンネルに変更することが出来るので
この問題も解決してしまいます。

というわけで、このVSTも「MIDI Channel Filter」と
併せて使用することをお勧めします。

以上、補足でした。
 
 ***

ところで、タグを含む文字にリンクを張ろうとしても
上手くいかないという症状が出るんだけど、
これは不具合なのかそれともそういう仕様なのか、
一体どちらなんだろう。

個人的には、タグを含む文字でも自分で任意のリンクを
張ることが出来る方が良いと思うんだけど…。
 

関連記事:REAPERのフォルダ機能

コメント

思ったんですが

Dominoから鳴らしつつ編集というだけなら、

DominoのOUTとREAPERのINをMIDI Yokeに設定

REAPERのVSTiを読み込ませたトラックのMIDI inをDOMINOの鳴らさせたいトラックに対応させる

Rec INとモニターをONにする

で出来ると思うんですが、どうでしょうか?
それともこのやり方だとREAPER側のBPMに同期したりとかするんですか?
自分でもあんまり自信ないです、ぜんぜん見当違いな事を言ってたらすいません。

TRさんへ

全くご指摘通りです。ずっと勘違いしていたようです。しかしご指摘を受けてみますと、自分でも何故このことに気づかなかったのか不思議です。全く思い込みとは恐ろしいものです。

>それともこのやり方だとREAPER側のBPMに同期したりとかするんですか?

同期において特別メリットはないと思いますが、ただ、midi受信トラックを挟むと、sfzを複数起動させることによって起こる爆音を回避できたりするんですよね。また、セット物のサウンドフォントを使う際にも、この方法は有効です。私はVSTiよりもサウンドフォントを使用することの方が多く、それが余計にこの勘違いに気づくことを遠のけていたということもあるかもしれません。

なんにせよ、情報のご提供大変ありがとうございました。誤った情報を何年も放置してきたことを考えると、今は大変恥ずかしい思いで一杯です。記事には誤りを正す注意書き文を付け加えさせていただきます。

なるほど・・サウンドフォントだと受信トラックとかをやった方が便利なんですね。
僕はまだちょっとメロトロンのVSTを触ったりしてるだけのレベルなので、躊躇してましたが・・書いてよかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/60-94760084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。