ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPER:ドッカーについて

REAPERにはドッカーという機能があり、それを使って自由に画面をレイアウトすることが可能になっている。

docker01d.png

自分が確認できた限り、上の画像のようにドッカーは9分割することができた。上の画像では、左上・左中・左下(①②③)、上(④)、下(⑤⑥)、そして右上・右中・右下(⑦⑧⑨)という配置になっているが、モニタが大きければ、さらにもっと分割することができるかもしれない。分割されたドッカーには其々一つのドックが収納可能であり、そのドックにはまた複数のウィンドウやツールバーを収納することができる。ドックに収納されたウィンドウはタブで表示される。

docker03.png

注意すべきは、冒頭の画面では複数の収納場所が表示されているが、これはあくまでドッカーの分割であり、実際には通常のノーマル・ドッカー(③以外)とツールバー・ドッカー(③)の二つしかないということ。つまり冒頭の例で言うと、③以外は全て同一のドッカーとみなされるため、"Alt+D"でドッカーを非表示にすると、③以外が全て非表示になる(バージョンv4.26での動作)。

もちろん、ドッカー自体ではなくウィンドウを非表示にすれば、其々の番号を個別に表示・非表示にすることもできる。例えば上の画面の例では、パフォーマンス・メーターを非表示にすれば⑥が消える。画像では分かり難いが、②⑤⑨などのように一つのドックに複数のウィンドウが収納されている場合は、一つのウィンドウを閉じるとドックに収納されている他のウィンドウに表示が切り替わる。
--------------------------------------------------


▼ドックの配置

ドックの配置方法は二つある。

  • 一つは右クリックから開くコンテキストメニューから配置を指定する方法。

    docker02.png

    docker04.png

    "Attach Docker to main window"---> チェックを入れると、ドックがフローティング状態からドッカーへの収納状態へと切り替わる。収納場所はその下の項目の"Attach docker position"で指定する。

    "Compact docker when small and single tab"---> チェックを入れると、ドックの大きさが小さく、尚且つドックに収納されたウィンドウが一つだけの時、ウィンドウ・タブが非表示になる。

    "Show tab close button"---> ウィンドウ・タブの右横にある×ボタンを表示させるか否かの選択。

    "Set opacity"---> フローティング・ウィンドウ時にドックを半透明にするための項目。透明度の度合いは25%から75%の範囲で設定できる。100%にすると通常の表示となる。"Opaque when active"にチェックを入れると、ドックが非アクティブ時は半透明で、アクティブ時は通常の表示、というような挙動にすることができる。

    ↓Opacityを50%に設定してみたところ
    docker05.png

    "Hide dock"---> ドックを非表示。

    "Close all window in dock"---> ドックに収納された全てのウィンドウを閉じる。

  • 二つ目はドラッグ&ドロップで配置をする方法。

    コンテキストメニューが開く場所をクリックし、ドラッグして収納可能な場所に持っていくと、メイン画面の縁が青色に変わるので、それを確認してドロップ。また、画面中央の方へドラッグ&ドロップするとドックをフローティング状態にすることもできる。

    docker06z.gif

    ▼ウィンドウ&ツールバーの配置

    ウィンドウをドックに収納したい場合は、ウィンドウを開き、余白部分を右クリックするとコンテキストメニューが開くので、そこで"Dock ○○○ in Docker"にチェックを入れる(下の画面はトラック・グルーピング・マトリックス・ウィンドウ)。逆にフローティング状態に戻したい場合はチェックを外す。
    docker09.png

    ドックに納められたウィンドウやツールバーは、「ドラッグ&ドロップで配置をする方法」で書いたのと同じように、ウィンドウ・タブをドラッグ&ドロップすることで其々の場所に配置することができる。"Compact docker when small and single tab"にチェックを入れていると、タブが非表示になってドラッグ&ドロップができなくなる場合があるので注意。

    ツールバーに関しては、ドラッグ&ドロップで可能な収納場所以外に、メイン画面の上の部分やメイン・ツールバー部分にも配置場所が用意されている。この場所には、タブやツールバーの余白部分を右クリックして開くコンテキストメニューの"At top of main window""At main toolbar"を選択することで配置することができる。またここで"In Toolbar Docker"にチェックを入れると、そのツールバーはツールバー・ドッカーに収納される。"Floting"にチェックを入れるとそのツールバーをフローティング・ウィンドウにすることができる。
    docker07.png

    docker08c.png

    "Switch toolbar"項目では、現在のツールバーを他のツールバーへと切り替えることができる。"Open toolbar"項目では、他のツールバーを開くことができる。同じドックに収納されているツールバーを開いた場合はそのタブへと表示が切り替わる。下の画面で複数のツールバーにチェックが付いているのは、画面のトップやメイン・ツールバーなど、他の場所に収納された複数のツールバーが同時に開いていることを意味している。
    toolbar_mod10.png

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/608-9f65e059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。