ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REAPER:スナップショット(SWS)

SWS/S&M Extensionのスナップショット機能について。この機能を使うためには、予めSWSエクステンションを入れておく必要がある。ここで使用したバージョンはv2.3.0。

スナップショットとは、DAW上のパラメータの状態を保存し、後からその状態を呼び出す機能。これによって、異なったセッティングを施した幾つかの状態をワンクリックで切り替え、其々の音を比較したりすることができる。

スナップショット画面を開くためには、上部メニューの「Extension」欄にある「Snapshots」をクリックする(「Extension」は拡張を入れている場合にのみ表示される)。
Snapshots_01.png

ツールバーにボタンを仕込んでおくと直ぐに開くことができるので便利。
Snapshots_04.png

↓以下は実際に保存した二つのスナップショットを切り替えてみたところ。
Snapshots_02b.gif

ただし、スナップショットでは全てのパラメータを記憶させることができるわけではない。記憶させることができるのは、トラックの表示・非表示、選択、パン、ヴォリューム、ミュート/ソロ、センド/レシーブ関係、オートメーション、さらにはFXチェインやプラグインのセッティング、ルーティングなど。アイテムの編集などに関しては保存されない。トラック関連でも、位相反転や録音セッティングまでは保存できない。

またタブの切り替えなど、レイアウトに関しても基本的に保存されない。ただし、FXウィンドウの表示に関しては保存される。つまりFXウィンドウを閉じていても、それを開いたまま保存したスナップショットを読み込むと、そのFXウィンドウが自動的に立ち上がる。一方、非表示に関しては保存されないようで、あるFXウィンドウを開いたまま、そのあるFXウィンドウを閉じた状態で保存したスナップショットを読み込んでも、そのウィンドウ閉じない。

尚、スナップショットの切り替えは、特にプロジェクトが重くなってきたりすると落ちる可能性が高まってくるので、比較する前には念のため保存しておくことをお勧めする。

以下はその詳細に関して。
-------------------------------------------------------

 ▼スナップショットの作成

  • 「New」ボタン
    Snapshots_07.png

    新しいスナップショットを追加。後述する「Prompt for Name」にチェックが入っていた場合はスナップショット名を入力するための窓が開くので、そこで適当な名前を付けてOKを押す(バグなのか、「Cancel」や「X」ボタンを押しても何故か追加されてしまう)。チェックが入っていない場合は、「Mix(番号)」という適当な名前でスナップショットが追加される。

    一度作成したスナップショットは、Altを押しながらクリックで削除することができる。また、Ctrlを押しながらクリックすると、選択されたスナップショットが現在の状態で上書きされる。

 ▼フィルター

Snapshots_08.png

  • Full Track Mix
    全てのパラメータを記憶させる。但し、後述する「Custom」欄で「Vis」や「Selection」にチェックが入っていなかった場合、TCP/MCPの表示・非表示、トラックの選択状態は保存されない。それらにチェックが入っていない状態で保存したスナップショットを読み込んでも、TCP/MCPの表示・非表示やトラックの選択は現在のままの状態が引き継がれる。例えば、TCP/MCPを表示させたまま保存したスナップショットを読み込んでも、読み込む際にTCP/MCPが非表示になっていれば、それらは非表示のままになる。

  • Current Visibility
    TCPやMCPの表示・非表示のみを記憶させる。
    Snapshots_03.gif
    TCP/MCPの表示・非表示の切り替えは、「View -> Track Manager」の「TCP/MCP」欄で行える。尚、この項目にチェックを入れて作成したスナップショットは、「Vis(番号)」という名前が付けられる。

  • Custom
    意中のパラメータだけを選んで保存する。「Vis」はTCP/MCPの表示・非表示、「Selection」はトラックの選択に関する項目。

 ▼その他オプション

Snapshots_09.png

  • Filter on Recall
    「Custom」で選択したパラメータの状態のみを復元させる。選択されていないパラメータは現在のまま保持される。

  • Save Sel Tracks Only
    選択したトラックの状態のみを保存する。

  • Recall Sel Tracks Only
    選択したトラックの状態のみを思い出させる。

  • Show Snapshots for Selected Tracks Only
    トラックを選択した際、そのトラックに関するスナップショットのみを表示させる。

  • Prompt for Name
    スナップショットを追加する際、名前を付けるための窓を開く。
    Snapshots_05.png

  • Hide New Tracks on Vis Recall
    「Vis」でTCP/MCPの表示・非表示の状態を含めて保存したスナップショットを読み込む際、そのスナップショットを保存した後に追加された新しいトラックを自動的に非表示にする。

  • Hide Options
    画面右側のオプション画面を隠す。

 ▼エラー

削除したトラックをスナップショットで呼び出そうとするとエラーになる。
Snapshots_06.png


 ***

プラグインやFXチェインの比較にはCtrl+Bというショートカットも便利。これを使えば、選択した複数のプラグインのオン・オフを同時に反転させることができる。

Snapshots_00.gif

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/640-a3f2deb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。