ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び鳴らしてみました

ここ何日か、DTM以外のことを書きたいと
思っていたんだけど、何も書けなかったので
結局それ系の話題。

最初に「EQUINOX GRAND PIANOS」を
ダウンロードして鳴らしてみた時は、
「これはもしかして、ネット上にはこんなお宝のような
フォントが他にもごろごろしているのかもしれない」
と期待したのですが、その後色々なフォントを試してみた結果、
結局驚く程のものは無かったというのが正直な感想。
(期待が大きすぎたという事もあるけど)

そんな中で、このフォントはちょっと印象に残りました。

Papelmedia Ahh-Choir1

choir20070512.mp3
流石にヤマハのフリー音源やMSGSとは段違いの質感です。

ただ、結構なCPUパワーを必要とするので、
これ単独で使用するのなら問題ないですが、
他のものと一緒に使用する時はちょっと
気を使わなければいけないかも。

あと、このフォントは多人数による音色と
ソロの音色をかぶせているようなのですが、
音程によってソロの音色の方が目立ってしまう
場合があるのが少し気になりました。
まあ、大した問題ではないですが。

曲としては、前のものが余りに普通過ぎたので、
ちょっとひねくれた方向に持っていこうとしたのですが、
なんだか訳が分らなくなってきたので、
結局素直な方向に戻しました。
といっても、最初と最後で調(と言ってもいいのかこれは?)が
違っていたりするのですが。


それから「EQUINOX GRAND PIANOS」についてですが、
やはり音にちょっと違和感を感じてしまいます。

前にその違和感を「音が近過ぎる」と書きましたが、
音が近いというよりは、逆位相っぽい音に聴こえると
言った方がいいかもしれません。

スピーカー位相チェック」というページで
同相と逆相の音を聴き比べすることが出来るのですが、
ちょうどこの逆相の音に近い違和感を感じてしまいます。

スピーカで聴いている限りはそれ程違和感はないのですが、
ヘッドホンで聴くと結構気になるんですよね。

最初に音を聴いた時から逆位相っぽい音だな、
とは感じていたのですが、他のピアノのフォントにも
似たような傾向があったので、こんなものなのかなと
気にしないようにしていました。

自分がDTM音源のモノラルな音色に
慣れすぎているということもあったし。

でも、やっぱり気になってしまう。

ただ、今の所これ以上に良いピアノのフォントは
無さそうだし、VSTエフェクトの処理で何とか
その違和感を取り除くことが出来ればいいんだけど…、
う~ん、いまいちその方法が分らない。

エフェクトのこと全然知らないしなあ。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/67-7e8c3ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。