ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「嫌なら見るな」=「気に入らないことがあっても黙っていろ」

土田晃之「竹山ロックンロール」 - ライブドアニュース - Livedoor

同番組は視聴者から「若手男性芸人が裸で抱き合ったりわいせつな行為を繰り返していた。深夜番組とはいえ限度を超えている」などの苦情を受けていた。

また、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会、汐見稔幸委員長も同番組について「放送基準に背馳すると思われる内容を含んでおり、特に性的に刺激の強いシーンが目立つものであった」などと言及していた。そんな同番組だが現在は放送を終了している。

土田は、事の発端である視聴者の苦情について「何なんですかね、チャンネル変えられないんですかね、この人んちね」「1局じゃないんでね、テレビ。別にお金を取って放送やってるわけじゃないし」と厳しく批難した。

さらに土田は「あなたの家の手元には、リモコンってものがあるでしょ」と次第に低いトーンの声で語り、最後はマジギレ口調で「変えりゃあいいんだよね、気に食わないんなら」と言い放った。


「嫌なら見るな」論法は一定の説得力を持ち、多くの人々から支持されている。しかしこの論法には大きな問題がある。

例えばこの場合「嫌なら見るな」を実践するなら、土田氏は視聴者の苦情やBPOの言及に対して文句を言わず知らないふりをしていなければならなかった。しかし彼はそれができなかった。土田氏の「嫌なら見るな」論法に乗っかった者達もまたそれは同じだ。

もちろん、芸能人にとって視聴者の苦情やBPOの言及は見なくても自身に影響を与えてくるものであり、だから何か言わずにいられないということもあるだろう。しかしそれは視聴者にとってのテレビもまた同じことである。テレビであれネットであれ公共性を持つ媒体は環境の一部であり、その環境は人々の生活に影響を及ぼす可能性を持っている。よってこの場合、どちらか一方だけが特別視されるべきではない。

要するに「嫌なら見るな」に賛同する者も、対象の姿を見てそれに不快感を感じて文句を言っているわけだから、「嫌なら見るな」を全く実践できていない。このように、「嫌なら見るな」論法はそれを用いて他人を批判する時、それ自体が批判対象と同じ性質を持つ行為になるという大きな矛盾を抱えている。

そのことを加味して考えると、「嫌なら見るな」が持つ実質的意味とは、結局のところ「気に入らないことがあっても黙っていろ」という一方的要求でしかない。

テレビでの例に戻ると、例え深夜とはいえテレビは公共の場なのだから、何をやってもいいということにはならない。だからどこまでがオッケーでどこまでが駄目なのかという線引きをしていかなければならない。しかしそれは議論を闘わせて決めていく(変えていく)べきであり、何の論拠も挙げずレトリックだけで一方を黙らすようなやり方で決定すべきではない。少なくとも民主主義的ルールに則って考えるならば。

これは反規制側と規制側双方に言えることである。

例えばこの場合、番組への抗議に抗議したい人達は、公共の電波の上で「若手男性芸人が裸で抱き合ったりわいせつな行為を繰り返」すような表現を用いることの必要性、そのような表現を排斥すべきでない理由を述べればよかったわけだ。逆にこのような表現を問題視した側も、それの何が問題なのかちゃんと理由を挙げて批判すべきだろう。そして双方の主張を闘わせればよい。

しかし実際は「嫌なら見るな」と同じような単なる一方的要求としての「ならぬものはならぬ」で規制されていくことも多いだろう。反規制派はむしろそこを突くべきなのではないか。これまでの流れから見て、「嫌なら見るな」=「気に入らないことがあっても黙っていろ」≒「気に入らないからそれをするな」=「ならぬものはならぬ」なら規制派の方が一枚上手だろうから。

 ***

自己防衛として「嫌だから見ない」のはありだし、「嫌なものをわざわざ見て疲弊するのはやめたほうがいいよ」とアドバイスするのもありだろう(――そちらの選択をしたらしたでまた「現実逃避だ」と言ってケチを付けてくる者がいたりするのだが)。だが何の論拠も挙げずただ「嫌なら見るな」というレトリックだけで相手を黙らせようとするのは余りにも虫がよさすぎる。そしてそれを向けられた側がそのような要求に従う故もない。

もちろん、中には本当にどうでもいいことでケチをつけてくる厄介な人もいるし、それに苛立つこともあるだろう。だが民主主義の性質上、それを未然に防ぐことはできない。共産主義にユートピアがないのと同じように、民主主義にもまた自分の嫌いなものと接せずに済むユートピアなどないのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/701-e5b3d0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。