ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義を駆動させるための錯覚格差×怠惰な努力解釈

格差社会って - はてな匿名ダイアリー - はてラボ

よく言うけど、何も努力してない人と努力して自分のポジションを勝ち取った人が同じ地位になきゃいけないっておかしくないですかね。

結果を努力で計測するためには、まずその努力という共通項を導き出すために、全ての人間が同じ能力と同じ環境を持ち合わせて生まれくるという状況を作り出さなければならない。しかしそれだけではまだ努力解釈の妥当性が担保されるには不十分だ。それに加え、全ての者が同じ努力をした時、それらが全て同じ地位を獲得できる可能性が用意されていなければならない。つまり競合や制限という要素が完全に排除されていなければならない。即ちユートピアだ。

よく努力解釈と平等思想は相反するベクトルのものであるかのように考えられ勝ちだが、実際のところ努力解釈とはこのような究極の平等に依存しなければ成り立たないものなのだ。
------------------------------------------------------

しかし当たり前だがそんなユートピアは存在しない。だからこそこの世の不公平を正し、少しでもより努力が結果に反映されるような、或いは皆に同じ努力をさせるようなユートピア社会を作ろうとしたのが共産主義だった。

一方自由市場が生み出す、工夫(努力)して上手くやりさえすれば誰でも地位を向上させるチャンスはあるはず、というようなユートピア的錯覚に牽引されて力を獲得してきたのが資本主義だ。そのような錯覚が人々に活動のための動機を与え、それによって経済が活性化することで自ずと生活もよくなっていくだろうと期待されたわけだ。

だが実際は金持ちの子は金持ち、貧乏人の子は貧乏人、医者の子は医者、政治家の子は政治家、芸能人の子は芸能人、サラリーマンの子はサラリーマン、非正規の子は非正規というように、まるで中世のような地位の固定化が顕著になってきている。そういう状況がある以上、努力すれば地位が向上するはずだなどという甘い考え(資本主義を駆動させるユートピア的錯覚)を抱くのは難しいだろう。

それだけではない。例えば非正規で車の部品の製造に携わっていたとする。しかしそこで幾ら努力して部品を早く上手く作ったところで、それによって給料が上がるわけではない。むしろ一個辺りの単価がどんどん下がっていくだけでしかない。それ以前に、そもそも車が売れなければ幾ら作っても無駄なだけだ。もちろんそんな技能を幾ら磨いたところで地位が向上することも一切ない。そこはただひたすら消耗していくだけの場所なのだ。つまり資本主義だと言いながら、そういう場所には資本主義的インセンティブが一切ない。

かといってそういう場所にいる人間が他でもっとましなポジションを獲得できるという希望を抱けるような状況でもないだろう。

つまり所得だけでなく、資本主義のメカニズムそのものにも格差が生じている。資本主義を駆動させるための――努力すれば地位も向上するはずというような――錯覚を多くの者が抱けなくなってきている。それが問題となって表われてきているわけだ。そしてそれは資本主義を回すエンジンの欠陥問題なのだから、資本主義的立場を取るならば尚更真摯に向き合わなければならない。

その問題を「個人の努力の問題」に矮小化してしまうのは余りにも無思慮だろう。そもそも結果を努力で測れないことは少しでも努力について考えれば直ぐに分かるはずのことだ。つまり努力解釈的観点から見ると、努力解釈が存在できるのは考える努力をしない者がいるおかげであると言える。

もちろん実際は、努力解釈の欠陥について考えをめぐらす必要が全くない人生を送って来た人間がある程度いるからこそそういう説が存在し続けているだけの話なのだが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/708-83bbe054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。