ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDMF IIEQ Proがv3.1にアップデート

アップデート内容は以下の通り。

- new Bessel and Legendre filters
- better handling of the controls
- improved internal accuracy
- some minor bug fixing

v3の既存ユーザーは無料でアップデートできる。尚、今回から「license.txt」をUIにドロップしてオーソライズする方式に切り替わった。

今回の目玉はベッセルとルジャンドルという二種のフィルタ(共にHP/LP/BP/BStop)が追加されたことだろう。

最新アナログ基礎用語集 - アクティブ・フィルタ - TI

上記ページによるとIIEQ Proに搭載されている其々のフィルタの特性は

▼バターワース・フィルタ
長所「通過帯域にリップルがない」
短所「ロールオフ特性が緩やか」

▼ベッセル・フィルタ
長所「グループ・ディレイの周波数応答が広帯域に渡って平坦」
短所「ロールオフ特性が緩やか」

▼ルジャンドル・フィルタ
長所「ロールオフ特性が極めて急峻」
短所「通過帯域内の減衰量が大きくなる」

とのこと。

以下、新しく追加されたフィルタや他のEQとの比較について。
------------------------------------------------------

ルジャンドル・ハイパスとPro-Q2のハイパスを比べてみたが、切れ味という点ではPro-Qのそれを上回っている。

IIEQproIII_1.png

ノッチに関してはPro-Q2ほど細くは出来ないが、やはりこの角度の鋭さは中々おもしろい。

以下はPro-Q2のノッチの幅をルジャンドル・バンドストップの限界と同じくらいに広げてみたところ
IIEQproIII_3.png 

また、ハイパスのカーブの変化は其々以下のような感じになっている。

★IIEQ Pro ルジャンドル
IIEQproIII_Legend_201504151528246d2.gif

★Pro-Q2
IIEQproIII_pro-q_201504151528259d7.gif

★IIEQ Pro ベッセル
IIEQproIII_Bessel_20150415152823ec3.gif

 ***

それと、これまでIIEQ Proのブーストは音がぼやけていまいちと言ってきたが、今回聞き比べてみるとアナログ・ピークに関しては必ずしもそうではないことが分かった。せっかくなので、元の音源の2700Hzを6.5dBブーストしたものをそれぞれ以下のようなQにして比べてみた。

IIEQproIII_2.png

元の音源






IIEQ Pro アナログ・ピーク






IIEQ Pro デジタル・ピーク






Pro-Q2 ナチュラル・フェーズ






tranquilizer(デモ・バージョン) タイプA






IIEQ Pro バターワース






題材が悪かったのか比べ方が悪かったのか、違いはちょっと分かりにくいかもしれない。

印象を少し述べておくと、IIEQ Proのアナログ・ピークはPro-Q2やtranquilizerよりもブーストした帯域がより部分的に目立っているように感じた。そのせいか他の二つに比べて左右の広がりに乏しい。このことはこの音源だけを聞いていればマイナス要素かもしれないが、ミックス段階の定位の住み分けではプラスに働くだろう。個人的にはマスターには合わなさそうだが個別トラックで積極的に音作りする際に力を発揮しそうに思った。

デジタル・ピークの印象は既に述べた通り。Pro-Q2はちょっとヌルっとした感じ。tranquilizerは音が硬く輪郭がハッキリしやすい。Z軸上に形成される音の凸凹が均され面で強調されるような感じだが、それでいて音がボヤけるわけでもない独特の音の変わり方。バターワースはベタっとした音になりやすく、やはりブーストには向いていないように感じた。 

何にせよこれが$49なら悪くない。他にもこれを挿した任意の二つのトラックの帯域のかぶりを簡単に確認することが出来る機能や、一つの画面でトラックに挿された全てのEQを操作できる機能もあるし。改めて見直した。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/711-c7ab62cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。