ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困や所得格差問題の矮小化に定評のある世代間格差という対立軸

シルバーデモクラシーに敗れた大阪都構想に、それでも私は希望の灯を見たい

70代以上が「宣戦布告」・・大阪都構想投票結果で感じたこと | 水野文也

大阪の老人強すぎ、大阪都構想は高齢者の反対票で否決へ : 市況かぶ全力2階建

「大阪都構想」で反対多数だったのは70代だけ!?人口が多い一部世代の意見が優先される選挙制度の欠陥が明らかに!

大阪都構想、20代、30代、40代、50代、60代が賛成多数
70歳以上が反対多数 → 結果「反対」


大阪都構想の是非を問う住民投票ではこの手の、既得権益を持つ老人のせいで改革が阻止された、みたいな言説が数多見られた。しかしこの説はどうもおかしい。
------------------------------------------------

大阪市市政 年齢別推計人口

この資料によると大阪市の有権者数は以下の通り。

20代 166,003
30代 191,840
40代 204,443
50代 151,183
60代 174,474
70代 165,746
80代~ 117,549

確かに日本全体でみると老人の方が多いわけで、それによって下の世代が損をするシステムが構築されることはあるだろう。しかしながら大阪市の有権者数に限っては20代~40代は562,286人、50代以上は608,952人と、若年と中年~老年の有権者数は拮抗している。さらに都構想に賛成が多かったとされる20代~60代と反対が多かったとされる70代以降の有権者数を比較すると、887943 vs 283295で比べると前者の方が断然人数が多くなる。にもかかわらずこういう結果が出たわけで、それを老人のせいというのは余りにも無理がある。

そもそも都構想は世代間で特別有利・不利が出るような内容を持ったものでもなければ世代間格差を是正するか否かを争ったものでもない。つまり少なくともこの住民投票は仮に老人の有権者数が圧倒的に多かったとしても元々若者VS老人などという対立軸が生まれるようなものではない。

若年層の投票率が低いのはいつも通りだったが、もし都構想が明らかに「特別若者が不利になるような内容を持ったもの」であれば流石に普段投票に行かない若者達も投票に行ったはずだ。要するに、シルバーデモクラシーなどと言っている者達は一見若者の味方をしているようでいて、実は都構想に反対の意思を投じた若者や投票に行かなかった若者達をバカにしているわけだ。

賛成派の人の中には、今都構想が実施されなければ若者はその分のツケを未来に払わなければならない、一方老人はそれをする必要がないから反対した、都構想に反対した若者達はそれに気付くことができなかっただけだ、みたいなことを言う人もいるだろう。だがそれを言うなら、反対派も同じように都構想を実施することによってさらに大きなツケを未来に払わなければならなくなる、と思って票を投じた人も多いはずだろうからその主張は余り意味は無い。

それはともかく、ここで作り出されたこの対立構造では圧倒的多数を誇る側による少数派への弾圧みたいな話になっているが、普段そのようにシステム的に不利な状況に置かれた者達は、「現実を受け入れろ」だとか「現状に適応できない者は滅ぶべし」などと言ってさらなる追い討ちをかけられることも多い。しかしこの問題で「少数派」にそういう物言いをする人間はまず見られない。

そういうことを鑑みると、実はこういう対立を煽っているような者達こそが普段は別の場所でそういう言葉を使って少数派などシステム的に不利な状況に置かれた者に攻撃を加えているのではないか、という余計な憶測もしてしまう。

そもそも世代間格差は時代の移り変わりを俯瞰的に見るのに役立ちはするものの、それ自体は大した問題とは言えないだろう。問題なのは貧困や所得格差だ。

リーマンショック世代・ロスジェネ世代に希望はあるのか - SYNODOS

過去の日本においては学校を卒業するタイミングで不況を経験した世代は、その後何年にもわたって、ほかの世代に比べて雇用が不安定で年収も低かったことが知られている。

例えば世代間格差と言えばこういう問題もあるが、これが問題なのも世代間に格差があることではなく、そこに貧困や所得格差という問題が生じやすく、一端そうなったら抜け出すのが難しくなるからだろう。

よって、世代間格差というわりとどうでもいいものが問題視されるなら、貧困や所得格差という問題は尚更問題視されなければならないことになる(逆に言えば貧困や所得格差が問題でないとするなら世代間格差は問題としての根拠を失い、尚更どうでもいい問題ということになる)。

しかし今回世代間格差を問題にした人達がそれを問題視しているかといえばそれはちょっと考えにくい。実際、老人と生活保護、或いは貧乏人をセットにして叩いている者も多かった。

大阪都構想、老人と貧乏人の反対のせいで否決された ... - Togetterまとめ

そしてありもしない対立軸が生み出され、一方の派閥によって無駄づかいがなされようとしているかのように煽り立てられる一方、こういう現存する財政の無駄遣いは看過されたりする。

坂東真紅郎
‏@sinkurou

橋下は税金を投入して「生活保護Gメン」なんてものを導入して受給者のプライバシーを縛ってきたんだから(しかも不正受給者なんて全然見つけられなかった)、受給者にはもっと恨まれて当然なんですがね。
https://twitter.com/sinkurou/status/600201947082166272


これが良い例として、世代間格差という対立軸は貧困や所得格差の問題を隠したり矮小化したりするためのツールとして用いられることが非常に多い。

そんなわけで、今回のこのこじつけに限らず、この手の対立が煽り立てられているのを見ればそういう目的があってのことなんだな、くらいに見ておけばよいのではないかと思った。

 ***

因みに例のグラフ、明らかに賛成派の方が面積が大きいと指摘している人がいて、確かにそう見えるので実際にグラフを切り貼りして形を整えてみるとやはり賛成派の面積の方が大きかった(青が賛成、赤が反対)。

tokousou.png

何だこれ、おい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/715-1a06f3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。