ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMの気になる商品

お馴染み、All About「DTM・デジタルレコーディング」
「SONAR Home Studio 6」を紹介する記事が掲載されています。

記事によると、
「SONAR HOME STUDIO 4」から強化された点として
・フリーズ機能
・VST/VSTiにネイティブ対応
・Sonitus:fx EQを全トラックに装備
・ソフトシンセとしてTTS-1が付属(「4」はVSC)
・Project5に搭載されている幾つかのプラグインが付属
等が挙げられています。
(但し、機能比較をみるとDreamStationが付属しなくなる
などマイナス要素もある)

そして、実売価格は15,000円。これは安い。

TTS-1(=HyperCanvas)を単独で買っても、20,000円近く
(現在のサウンドハウス価格で18,800円)しますから、
それだけみてもかなりお買い得なんじゃないでしょうか。
HyperCanvasを単独で買った人はさぞかし
悔しい思いをしていることでしょう。

そして、気になるのは「SONAR Home Studio 6 XL」
(実売20,000円前後)の方。

こちらにはさらに「Boost 11 Peak Limiter」という
プラグインとD-Pro LEなるプレイバックサンプラーが付属し、
その専用ライブラリとして「Garritan Pocket Orchestra」
がついてくるということなのですが…。

「Garritan Pocket Orchestra」(よくGPOと略される)
といえば、三万円程度で販売されている
オーケストラ音源の入門的な位置づけの商品。

まさか、それがそのまま使えるという訳はないと
思うのですが、これは本家の抜粋版なのでしょうか。
それとも、マルチティンバー的な使い方が出来ないとか?
いまいちその辺りがはっきりしない。

まあ、どちらにせよこれはかなりお買い得な
商品であることは間違いないでしょう。


一方、以前に気になると書いたSonicCellの方は
実売価格75,000円程度ということで、
ああやっぱりそれくらいするか、という感じ。

拡張の値段もプラスして考えれば
必ずしも安いとは言えない値段。
高いとも言えないけど。
それに、拡張スロットが2というのが微妙なところ。

まあ、インターフェイスにもなっているので、
これ一台で完結したいという人には良いのかも。

ただ、プラグインとして使えるという話だったが、
例えば、トラックごとにばらしてDAWに出力して
一度に録音したり、それぞれに別のVSTを使ったりする
なんてことは無理なんだろうな。

一度ソフトシンセに慣れてしまうと、
そういうソフトシンセでは当たり前だったことが
出来なくなるのはかなりストレスになりそう。
もし、そういうことが出来るのなら
(勿論、内蔵音源の出来にもよるけど)
かなり良い商品ということになると思うが。


まあ私は、火の鳥「未来編」のマサトのように
ただDTM界の動向をじっと見守るだけですけどね。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/78-e15d69e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。