ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりご機嫌斜め

REAPERの話題。

DTM magazineのブログでDSK Musicから
DSK Stringsなるプラグインがリリースされた
ということを知って早速ダウンロード。

この開発元は、以前にもDSK Brassという
VSTiにしては珍しい生楽器系の音色を扱った
クオリティの高いプラグインを生み出している
実績もあって期待大だったが、果たして
このDSK Stringsも期待通りの素晴らしい出来。

ストリングスのVSTiは色々試したが、
このプラグインに勝るものを自分は知らない。
というか、フリー※1の生系ストリングスのVSTiで使えそう
なものは今の所このDSK Stringsを於いて他にないと思う。

しかもこのVSTiは、ヴァイオリン、ヴィオラ、
チェロ、コントラバス、といったソロ音色に加え、
ストリングスに関しても其々のセクションごとに
別のプリセットまで用意されている。

とすれば、このプラグインを複数立ち上げてパートごとに
音色を変えて同時に鳴らしてみるとどんな感じの音に
なるだろうか、という思いつきを誰しもがするだろう。

それで、自分もその思いつきを実行に移すべく
REAPER上に複数のDSK Stringsを立ち上げて
鳴らしてみることにした。

しかし、最初は良かったのだが、
そのうちREAPERが強制終了に。

しかも、それ以来REAPERを立ち上げようとしても
即座に強制終了になる症状に見舞われ、
REAPER自体が使えなくなってしまった。
再インストールしても駄目だし。

もしかしてREAPER死んだ?死神なのに。
とかなり焦ったが、どうやらREAPERが起動するたびに
壊れたプロジェクトファイルを読み込もうとしていた
のが原因だったらしく、その壊れたファイルを
捨てたら普通に使えるようになって一安心。

で、その後色々試して分ったのは、
どうもREAPER上に複数のDSK Stringsを立ち上げ
それらを同時に鳴らすようにセッティングして
トランスポートボタン(再生や録音ボタン等)を
触るとそのまま強制終了してしまうらしいということ。

外部シーケンサからmidi信号を送って同時に
鳴らすことだけは出来るが、その信号を記録
しようとして録音ボタンを押すとアウト。

つまり、鳴らすことは出来ても録音する
ことは出来ないということ。

まあ、DSK Stringsは重いので、一度に何台も
同時に鳴らすという使い方は元々実用的では
ないのかもしれないが、せめて二台くらいは
一度に使えると便利なんだが、惜しいなあ…。

※1 DSK Stringsはドネーションウェア。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/90-e09c6d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。