ポジティブ・アレルギー

物事を顧みず、ひたすら自身にとって都合の良い部分だけを見て突き進まなければならない、ポジティブ社会への拒絶反応

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽生えの足音

自分にしては珍しくポジティブな
気分になった時に作った曲。

mebae_re.mp3(1分49秒)

どうもまた憎悪に取り付かれ、
その溢れ出るダークオーラで大気を震わせそうな
勢いになってきたのでポジティブな曲でも
アップしてその中和を試みてみる。


多分、一般的な感覚の持ち主は自身の中で
普段から「ポジティブ>ネガティブ」という
構図がある程度成立しているのだと思う。

だから、精神を病むことなく
生活を維持し続けることが出来る。

でも自分の場合、昔からそのバランスがずっと
「ネガティブ>>>>>>>>>>>>ポジティブ」
というような状態で固定され続けている。

それ故、その時点よりも状況が好転する
という想像を一切することが出来ない。
全ての選択にもれなく最悪の結果が
プレゼントされるように感じる。

だから、何かに挑戦する時も
すべて失敗の為の挑戦でしかない。

それによって、「ほら、やっぱり駄目だったでしょ?」
という認識を獲得して自身を納得させる為の作業でしかない。

でも、4年に一度くらいはこの曲を作った時の
ようなポジティブな気分になることがある。
それが状況を好転させる唯一のチャンスだ。

ただ、それも一週間くらいで直ぐ元に戻ってしまうのだが。

恐らく、ジョン・アンダーソンなんかは
ちょうど自分と間逆の感覚の持ち主なんだろうなあ。

自分もジョン・アンダーソンみたいに
ポジティブになって妖精を目撃してみたい※1ものだ。

※1 「Progressive Music Cast」
「Yes/インタビューこぼれ話 #1 by Tak」参照。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://positiveallergy.blog50.fc2.com/tb.php/95-218f4d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

後正面

Author:後正面
ひきこもりという役割を引き受け
ざるを得なかった一人として
人間について考えてみる。
でも、本当はただの断末魔ブログ。

働けど無職。
-------------------------
※コメントは記事の内容(主題)に関するもののみ受け付けています。また、明らかに政治活動的な性質を持つ内容のコメントはお控え下さい(そういった性質を持つ発言は、それを許容するような姿勢を持つ一部のブログを除いて、自分のブログで行うものだというのが私の基本的な考え方です)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。